医療薬剤学大講座
  Biomedical Pharmaceutics
Gifu Pharmaceutical University  
薬物動態学研究室
 Pharmaceutics
 
トップページご挨拶 研究室紹介 研究業績 メンバー
卒業生就職先 ギャラリー お問い合わせ アクセス Access

       
  研究費採択一覧
   
2018.07.11  研究室の4年生(阿部睦樹(代表)、五島 蒼、佐橋春香、服部友香、松宮英美里、田外秀俊)が、『ネットワーク大学コンソーシアム岐阜 学生による地域課題解決提案事業:薬学生による健全な老いに向けた高齢者への認知症啓蒙活動(代表 杉浦春雄 教授)』に採択されました。 

  
2018.07.10  北市教授が、『JSTグラント:日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)』に採択されました。10月末に中国から学生を招聘する予定です。  

2018.04.01 北市教授が『平成30年度 文部科学省科学研究費補助金:合成カンナビノイドを含む違法薬物及びその代謝物の尿中排泄挙動に関する研究(基盤C一般)』に採択されました。 

2018.04.01 曽田助教が『平成30年度 文部科学省科学研究費補助金:術後悪心嘔吐を予防するための新規リスク評価法と個別化対策法の確立(若手B)』に採択されました。 

2018.04.01 北市教授が『平成30年度 厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス政策研究事業):危険ドラッグ及び関連代謝物の有害作用解析と乱用実態把握に関する研究(H30-医薬一般-004)(代表研究者:国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部 依存性薬物研究室長 舩田正彦)』に採択されました。 

2017.08.15 北市教授と曽田助教が、日本医療研究開発機構(AMED) 2017(平成29)年度 臨床研究・治験推進研究事業『難治性リンパ管異常に対するシロリムス療法確立のための研究班(研究開発代表者 岐阜大学医学部附属病院 小児科 講師 小関 道夫)』の研究協力者になりました。

2017.08.01  北市教授が『平成29年度 大同生命厚生事業団 地域保健福祉研究助成:官学連携による誘導化GC/MSを用いた合成カンナビノイド代謝物の高感度分析(代表研究者:岐阜県保健環境研究所 生活科学部 部長 伊藤哲朗)』に採択されました。

2017.07.04  北市教授が『平成29年度 岐阜大学-岐阜薬科大学臨床研究推進支援経費:シロリムス測定系の確立と難治性血管・リンパ管疾患患者における血中濃度評価(代表研究者:岐阜大学医学部附属病院小児科併任講師 小関道夫)』に採択されました。

2017.06.01  北市教授が連携研究者になっている『味噌乳酸菌(殺菌)の各種薬剤の代謝及び吸収に対する影響に関する基礎研究(イチビキ株式会社)』が平成29年度 新あいち創造研究開発補助金に採択されました。

2017.05.01 曽田助教が『平成29年度 科学技術人材育成費補助事業 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)連携型共同研究プロジェクト:持続硬膜外フェンタニルの鎮痛効果および忍容性に関する研究―薬物動態・薬物感受性関連遺伝子多型解析および薬物血中濃度測定を用いた解析―(代表研究者:岐阜大学医学部附属病院 麻酔科疼痛治療科 講師 杉山陽子)』に採択されました。  

2017.04.01 北市教授が『平成29年度 文部科学省科学研究費補助金:合成カンナビノイドを含む違法薬物及びその代謝物の尿中排泄挙動に関する研究(基盤C一般)』に採択されました。 

2017.04.01 曽田助教が『平成29年度 文部科学省科学研究費補助金:術後悪心嘔吐を予防するための新規リスク評価法と個別化対策法の確立(若手B)』に採択されました。 

2017.04.01 北市教授が『平成29年度 厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス政策研究事業):危険ドラッグおよび関連代謝産物の有害性予測法の確立と乱用実態把握に関する研究(H27-医薬A-一般-002)(代表研究者:国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部 依存性薬物研究室長 舩田正彦)』に採択されました。 

2016.09.23 北市教授が『平成28年度 一般財団法人 越山科学技術振興財団研究助成金 : 岐阜県産農産品、特に麻、の商品化を志向した含有成分の安定性、有効性の評価に関する研究』に採択されました。 

2016.06.30  北市教授が『平成28年度 岐阜大学-岐阜薬科大学 臨床研究推進支援経費:オピオイドによる疼痛制御と脳移行制御型トランスポーターの関連に関する研究(共同研究者:岐阜大学医学部附属病院 麻酔・疼痛制御学分野 講師 杉山陽子)』に採択されました。 

2016.04.28
曽田助教が『平成28年度 科学技術人材育成費補助事業 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)連携型共同研究プロジェクト頚部椎間関節痛に対する脊髄神経後枝内側枝高周波熱凝固術が全身性サイトカインに及ぼす影響(共同研究者:岐阜大学医学部附属病院 麻酔科疼痛治療科 准教授 田辺久美子』に採択されました。 

2016.04.01 北市教授が『平成28年度 厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス政策研究事業):危険ドラッグおよび関連代謝産物の有害性予測法の確立と乱用実態把握に関する研究(H27-医薬A-一般-002)(代表研究者:国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部 依存性薬物研究室長 舩田正彦)』に採択されました。 

2015.11.05
曽田助教が『平成27年度 科学技術人材育成費補助事業 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)連携型共同研究プロジェクト術後嘔気嘔吐 (PONV) におけるオピオイド鎮痛薬の関与に関する研究―薬物血中濃度測定と遺伝子多型解析を用いた要因解析―(共同研究者:岐阜大学医学部附属病院 麻酔科疼痛治療科 講師 杉山陽子)』に採択されました。 

2015.07.08 北市教授が『平成27年度 岐阜大学-岐阜薬科大学 臨床研究推進支援経費:腎移植患者におけるタクロリムス投与量適正化を指向した遺伝子多型解析(代表研究者:岐阜大学医学部附属病院 泌尿器科臨床 講師 土屋朋大)』に採択されました。 

2015.07.08  北市教授が『平成27年度 岐阜大学-岐阜薬科大学 臨床研究推進支援経費:術前の少量フェンタニル投与に対する反応がOPRM1遺伝子多型と関連して術後嘔気嘔吐(PONV)発生の予測となり得るか(代表研究者:岐阜大学医学部附属病院 麻酔・疼痛制御学分野 講師 杉山陽子)』に採択されました。 

2015.07.08  曽田助教が『平成27年度 岐阜大学-岐阜薬科大学 臨床研究推進支援経費:男子淋菌性尿道炎に対するazithromycin SRの細菌学的効果を予測するpharmacokinetics-pharmacodynamics(PK-PD)パラメータの検討』に採択されました。 

2015.04.20 北市教授が『平成27年度 厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス政策研究事業):危険ドラッグおよび関連代謝産物の有害性予測法の確立と乱用実態把握に関する研究(H27-医薬A-一般-002)(代表研究者:国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部 依存性薬物研究室長 舩田正彦)』に採択されました。




Copyright © 2015 Laboratory of Pharmaceutics, Gifu Pharmaceutical University all rights reserved.