医療薬剤学大講座
  Biomedical Pharmaceutics
Gifu Pharmaceutical University  
薬物動態学研究室
 Pharmaceutics
 
トップページご挨拶 研究室紹介 研究業績 メンバー
卒業生就職先 ギャラリー お問い合わせ アクセス Access

 ギャラリー
2018 2017 2016 2015 2014

  2018年度
   
●2018.10.18-20
薬大祭が行われました!今年は天候に恵まれ球技大会も晴れプロで開催。
ソフトボール・テニス・バスケ・バレーと全種目がんばりました。
 
 
6年・M2のみなさんでパチリ↑
   
   今年の薬物動態学研究室はどて丼を作りました。
前日からの仕込みもばっちりで味のしみたとても美味しいどて丼が出来ました!

↓ダンス部・軽音部所属メンバーのショー☆
忙しい研究の合間に練習がんばっていたんですね。とってもかっこよかったです!
   


●2018.10.15
10月より6名の3年生が薬物動態学研究室に配属となりました!
早速先輩指導のもと、実験器具の操作やデータ解析方法について学んでいます。
これから一緒にがんばっていきましょう!よろしくお願いします。
 


●2018.9.14・19 
『ネットワーク大学コンソーシアム岐阜 学生による地域課題解決提案事業:薬学生による健全な老いに向けた高齢者への認知症啓蒙活動(代表 杉浦春雄 教授)』の活動で、4年生の阿部さん、五島さん、佐橋さん、服部さん、松宮さん、田外さんが岐阜県本巣市にある真正すこやかセンターでの健康つくり(介護予防)教室で発表を行いました。 


 ●2018.9.10-17 
5年生の朝間さんと池原さんが岐阜薬科大学国際交流事業の派遣学生に選抜され、アメリカのフロリダ大学での研修に参加しました。 


大学対抗のアメフト観戦
スケールの大きさにびっくり☆

武富先生、横山先生引率のもと、7名の学生が研修に参加しました。楽しい食事のひと時。
   


 ●2018.8.6-7  
岐阜薬科大学オープンキャンパスが開催されました。施設見学や在学生との懇談、薬学研究体験が開催され、多くの高校生・保護者の方に来校して頂きました。薬物動態学研究室では「医薬品を作ってみよう」のテーマで、日焼けの炎症を抑えるカラミンローション作りを体験してもらいました。参加した高校生の皆さんはとても真剣に取り組んでくれました。この中から一緒に研究できる仲間が出てきてくれたら嬉しいです!まずは受験勉強がんばって下さい!
   


 ●2018.7.29-8.4
5年生の小川さんが 7月29日~8月4日の1週間、奥穂高岳夏山診療所の活動に参加しました。
 
 
小川さんは昨年に引き続き2回目の参加となります。4年時に参加した昨年は、自分の力量不足にに不甲斐なさを感じたこともあったようですが、今年はその思いを胸に、再チャレンジ。
今年の5月から約3ヶ月の薬学実習を経験したこともあり、現場で出来ること、わかることが増えて嬉しかったとのこと。チャレンジできるのは若者の特権、自ら課題を発見して行動する姿は見習いたいものです。

また、このような活動に岐阜薬科大学学生に参加の機会を与え、温かくチームとして迎えてくださる岐阜大学医学系研究科・医学部の皆様にも感謝申し上げます。    


 ●2018.8.2-3 
研究室旅行@浜松
1日目は浜名湖でBBQとバナナボートに乗ってアクティブに過ごした後、舘山寺温泉へ。
2日目はエアーパーク・竜ヶ岩洞鍾乳洞で涼んだのち、ぶどう狩りも楽しみました。
もちろんうなぎも食べましたよ♪
 
 
とにかく暑かった! でもBBQとっても美味しかったです!
 
水鉄砲で遊んでいるのは?!

空飛ぶ絨毯ならぬ、水に浮くカーペット?!水の中、気持ちよさそうです。

未来へ羽ばたく若者達! 
  
     


 ●2018.7.5 
院生会主催のボーリング大会が行われ、我が研究室は見事団体3位!他にも飛び賞で素敵な景品をゲットできました!
   
   


 ●2018.7.1-5
The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018)が京都で行われ、共同研究をしている岐阜市民病院薬剤部の堀晃代先生がポスター発表をしました。
 


 ●2018.6.30
第64回日本薬学会東海支部総会・大会(名古屋)が行われ、薬物動態学研究室からはM1の首村さん、薬学科6年の山本さんが発表しました。両名とも学生優秀発表賞に選出され、賞状を授与されました。
   
 


 ●2018.6.16-19
ウィーンで開催された国際学会The 31st CINP World Congress(第31回国際神経精神薬理学会議)に北市教授と曽田助教が参加しました。
 

The prediction of the occurrence of postoperative nausea and vomiting using pharmacokinetic/pharmacodynamic factors in Japanese patients administered fentanyl.
について曽田助教がポスター発表をしました。 


 開催期間中には日本神経精神薬理学会(JSNP)の主催のイベント「AsianNight」が開催され、アジア圏を中心に世界中から多くの研究者が集い交流を深めました。 
 
   
   
 
優秀発表賞を受賞された皆さん
 
Asian Nightのスタッフで終了後の一枚
 幹事の北市教授はじめご尽力頂いた皆さま、お疲れさまでした。
 
 ●2018.6.07 
鹿児島大学病院 薬剤部 薬剤部長・
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 薬物動態制御学分野 教授の武田泰生先生をお招きし、日本薬学会東海支部特別講演会を開催しました。「薬剤師教育と病院薬剤業務」についてご講演頂き、学生も熱心に耳を傾けていました。 
 
 


●2018.5.27-28
第35回日本TDM学会・学術大会 5.26-27 (福岡)が開催され、研究生の戸石(片桐)七海さんと曽田助教が発表をしました。曽田助教はシンポジウム「 TDMの可能性を拡げよう!-臨床業務と研究活動への展開-」で座長を務めました。 
 


●2018.5.20 
岐阜薬科大学市民公開講座が開催され、
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 食農ビジネス推進センター センター長 山本(前田)万里 先生が「食品、特に農産物の機能性とその活用」について講演されました。


講師  山本 先生


北市教授が座長を務めました。


●2018.5.9  
五月祭が開催され、動態からは2チームエントリー。5年生が全員実習中のためメンバー不足の中、4年生中心に力を発揮してくれて2回戦まで突破できました!秋はもっと上を狙えそうな予感。今年のチームカラーはイエロー!軽音部も盛り上がってました~。
 
   
   


●2018.4.27
スターティングコンパが開催されました!今年はいつもと違って4回生は既に昨年配属されているので、緊張感というよりは、和気あいあいと楽しいひと時を過ごしました。チームワークはばっちり!今年度のみなさんの頑張りを期待しています!!
 


 ●2018.4.16 
薬学科5年 朝間友香さん、M1首村菜月さんが第8回岐阜薬科大学 村山記念奨学生に選考され、顕彰されました。
おめでとうございます。

※村山記念奨学制度とは、学生の更なる学習・研究意欲の向上、活力の醸成、もって本学のより一層の活性化を図るため、学業成績優秀者を顕彰する本学独自の奨学金制度です。なお、この制度は、東京純薬工業株式会社前会長、村山 元 様(本学前身の岐阜薬学専門学校第2回卒業生)のご寄付により平成23年度に創設されたものです。




Copyright © 2015 Laboratory of Pharmaceutics, Gifu Pharmaceutical University all rights reserved.