ライン

研究概要

ライン

環境配慮型の有機合成反応の開発と医薬品・環境科学的応用

 

 近年の有機合成化学では,効率的でグリーンな合成法の開発が望まれています。

しかし既存の製造プロセスには,化学量論的(大量の)反応剤が必要であったり,無機塩類を多量に副生するなど原子効率的問題を有する反応が多いのが
現状です。

 合成プロセスを環境に優しい「グリーン」なものにするためには効率の高い新しい選択的触媒あるいは触媒反応の開発が重要です。

触媒は溶媒に溶けて作用する「均一系触媒」と溶媒に溶けない「不均一系触媒」に分けられますが,特に不均一系触媒は反応混合液からの分離が容易で
(濾過するだけで除くことが出来ます),再利用できるため環境負荷の低いプロセスを創ることが出来ます。

 薬品化学研究室では, 新しい不均一系の機能性触媒を開発するとともに, 既存の不均一系触媒が持っている未知の機能を新たに開拓すべく研究を行っています。

 

Pd/C(en) Pd/Fib Pd/PEI Pd/C[Ph2S]
Pd/C(en) Pd/Fib Pd/PEI Pd/[Ph2S]

 

その成果の一部として、官能基選択的接触還元触媒である

  • Pd/C-ジフェニルスルフィド触媒(Pd/C[Ph2S])

  • Os/C触媒

の開発に成功し,試薬として市販されています。

また,「既存の不均一系触媒の新規機能性開拓」の例として,

等の開発に成功しています。

 

1. (a) 官能基選択的接触還元法と環境汚染物質(PCB等)の無毒化への応用
  (b) 環境負荷低減型新規有機合成法への応用と医薬品化学的適用

 

2. 医薬品の代謝研究及び残留動物薬や農薬の定量のために重要な新規「重水素(D)標識化法」の開発

 

3. グリーン・プロセス化学を指向した効率的新規合成法の開発と医薬品化学的応用

 

各研究の詳細については下記をクリックして下さい。

 

TOP

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.

design テンプレート