ライン

INFORMATION(一覧)

ライン
2019

2019/5/7

D3の倉稜弥君が日本薬学会第139年会学生優秀発表賞を受賞しました。

2019年3月20〜23日に日本薬学会第139年会が千葉にて開催され、D3の倉稜弥君が日本薬学会第139年会学生優秀発表賞(ポスター発表の部)を受賞しました。 本賞は日本薬学会第139年会において特に優秀なポスター発表を行った学生に贈られています。

演題は「ジオール類のPt/C触媒的酸素酸化反応を利用したラクトン合成」で類似反応では従来有機溶媒が必須であったが、緩和な酸化剤である酸素雰囲気下水中で進行するため、環境負荷低減型の反応として高く評価されました。

2019/4/15

論文が1報掲載されました。

Microwave-mediated site-selective heating of spherical-carbon-bead-supported platinum for the continuous, efficient catalytic dehydrogenative aromatization of saturated cyclic hydrocarbons
Tomohiro Ichikawa, Tomohiro Matsuo, Takumu Tachikawa, Tsuyoshi Yamada,Takeo Yoshimura, Masatoshi Yoshimura, Yukio Takagi, Yoshinari Sawama, Jun–ichi Sugiyama, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki
ACS Sustain. Chem. Eng. 7 (3),  3052–3061 (2019).
DOI: 10.1021/acssuschemeng.8b04655
ACSSCE
ACSSCE

2019/4/12

D3の安川直樹君の論文がSynfactsに掲載されました。

Synthesis of Pyrroles from 3,6-Dihydro-2H-1,2-oxazines on Cu/C Contributor(s): Yasuhiro Uozumi, Shiguang Pan

Synfacts 2019; 15(01): 0074

DOI: 10.1055/s-0037-1611158

元の論文はこちら

Copper-catalyzed pyrrole synthesis from 3,6-dihydro-1,2-oxazines
Naoki Yasukawa, Marina Kuwata, Takuya Imai, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki, Yoshinari Sawama
Green Chem., 20, 4409-4413 (2018)
DOI:10.1039/C8GC01373J
GC2018-2

 

 

D4の川尻貴大君のCoverPictureが掲載されました。

(クリックで拡大します)

JOC

論文はこちら

Chemoselective Nucleophilic Functionalizations of Aromatic Aldehydes and Acetals via Pyridinium Salt Intermediates
Takahiro Kawajiri, Maho Kato, Hiroki Nakata, Ryota Goto, Shin-yo Aibara, Reiya Ohta, Hiromichi Fujioka, Hironao Sajiki* and Yoshinari Sawama*
J.Org.Chem., 84, 3853-3870(2019)

DOI: 10.1021/acs.joc.8b02965

JOC2019

2019/4/3

平成20年度まで当研究室の講師を務めておられた前川智弘 先生 が平成31年4月1日付で近畿大学薬学部 教授に昇任されました。

まことにおめでとうございます。

2019/4/2

市川智大くんが博士号を授与されました。

D2の朴貴煥君が2018年度笹川科学研究奨励賞の内定を受けました。

市川智大君と中野晃宏君が平成30年度岐阜薬科大学学生表彰を受けました。

おめでとうございます。

2019/3/6

B6の阪一穂くんが2019年度笹川科学研究助成の内定を受けました。

研究題目

「異種金属協調触媒系による2-プロパノールを水素源とした還元反応の開発」

 

2/14のプレスリリース内容について、中日新聞に記事が掲載されました。

中日新聞Web(2019年3月1日)

「低電力で水素製造、実験成功 岐阜薬科大研究グループ」

https://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20190301/
CK2019030102000019.html

中日新聞190301中日新聞2019年3月1日掲載

 

2017年度薬品化学研究室MVS(Most Valuable Student)は市川智大くんでした。

おめでとうございます。

市川

2019/2/19

2019年2月14日に安価で安全に水素を連続製造する技術を確立したとして、プレスリリースを行いました。

プレスリリース資料

プレスリリース参考資料(ダイジェスト版)

プレスリリース参考資料(完全版)

 

また、岐阜新聞(2/15 30面)、毎日新聞(2/17 23面)に掲載されました。(画像をクリックするとPDFをご覧いただけます。)

岐阜新聞190215

岐阜新聞 2019年2月15日(金)30面掲載

https://www.gifu-np.co.jp/news/20190215/20190215-114304.html

毎日新聞190217毎日新聞2019年2月17日23面掲載

https://mainichi.jp/articles/20190217/ddl/k21/040/094000c

 

2019/2/14に平成30年度有機合成化学奨励賞の表彰式が行われ、澤間善成准教授が平成30年度有機合成化学奨励賞を受賞しました。

澤間先生平成30年度有機合成化学奨励賞

2019/1/22

Chem. Rec.誌の「Special Issue: Flow/Microwave Chemistry」特集号(1/2019)にPersonal Review論文が1報掲載され、Cover Picture に採用されました。

CRcoverpicture

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1002/tcr.201980101

Chem. Rec.誌の「Special Issue: Flow/Microwave Chemistry」特集号(1/2019)

Editorial Flow/Microwave Chemistry Hironao Sajiki

 

Continuous‐Flow Suzuki‐Miyaura and Mizoroki‐Heck Reactions under Microwave Heating Conditions

Yasunari Monguchi,* Tomohiro Ichikawa, Tsuyoshi Yamada, Yoshinari Sawama and Hironao Sajiki*

The Chemical Record (Personal Accounts by Leading Experts, Guest Ed. by Hironao Sajiki) , 19, 3-14 (2019)  Open Access

dot-yHilighted in Hot Topic: C-C Coupling

(Wiley Online Library: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/toc/10.1002/(ISSN)1867-3899.hottopic-c-c-coupling)

CR2018

 

TOP

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.

design テンプレート