ライン

INFORMATION(一覧)

ライン
2013

2013/11/25

B6の根津萌子さんが「第44回中部化学関係学協会支部連合大会有機化学一般発表
  優秀賞」を受賞しました。

 

陰イオン交換樹脂担持型パラジウム触媒:官能基選択的接触還元への応用

○根津萌子・前嶋寿英・澤間善成・門口泰也・佐治木弘尚

 

netsu

2013/10/30

総説が1報掲載されました。

不均一系白金族触媒的C–H活性化に基づく重水素標識化法の開発
佐治木弘尚
薬学雑誌(総説),133 (11), 1177-1193 (2013)

2013/10/28

論文が1報掲載されました。

Iron-Catalyzed Ring-Opening Azidation and Allylation of O-Heterocycles
Sawama, Yoshinari; Shibata, Kyoshiro; Sawama, Yuka; Takubo, Masato; Monguchi, Yasunari; Krause, Norbert; Sajiki, Hironao
Org. Lett., 15, 5282-5285 (2013)
DOI: 10.1021/ol402511r
ol5282

2013/10/23

論文が1報掲載されました。

Mechanism Study of Copper-mediated One-pot Reductive Amination of Aryl Halides Using Trimethylsilyl Azide
Maejima, Toshihide; Ueda, Moriatsu; Nakano, Jun; Sawama, Yoshinari; Monguchi, Yasunari; Sajiki, Hironao
J. Org. Chem., 78, 8980-8985 (2013)
DOI: 10.1021/jo401474k
Selected as a Featured Article

JOC8980

 

2013/11/2-3に行われる第44回中部化学関係学協会支部連合秋季大会にて3件発表を行います。

ベンジルTMSエーテルを基質とした室温下でのFriedel–Craftsベンジル化反応

○宍戸裕子・澤間善成・川尻貴大・後藤諒太・門口泰也・佐治木弘尚

 

接触水素化反応の新機軸―フロー式反応への展開―

○服部倫弘・坪根綾・澤間善成・門口泰也・佐治木弘尚

 

陰イオン交換樹脂担持型パラジウム触媒:官能基選択的接触還元への応用

○根津萌子・前嶋寿英・澤間善成・門口泰也・佐治木弘尚

 

2013/11/5-6に行われる第39回反応と合成の進歩シンポジウムにて2件発表を行います。

球状成形活性炭担持型パラジウムを触媒とした官能基選択的接触還元反応の開発

1 兵庫医大,2 岐阜薬大,3 阪大・電顕センター)

○江嵜啓祥1,服部倫弘2,坪根綾2,三林聡子1,坂田孝夫3,澤間善成2,門口泰也2, 保田英洋3,野坂和人1,佐治木弘尚2

 

水酸基保護体の直接的官能基変換法の開発

(岐阜薬大)

○澤間善成,宍戸裕子,後藤諒太,永田沙織,門口泰也,佐治木弘尚

 

2013/11/6-7に行われる第104回有機合成シンポジウムにて佐治木教授の第104回有機合成シンポジウム2012年度有機合成化学協会・企業冠賞【日産化学・有機合成新反応/手法賞】受賞講演及び発表を1件行います。

 

「不均一系触媒を鍵とする効率的触媒反応の開発」

佐治木弘尚

 

水素と酸素を常温・常圧・定量的に過酸化水素に変換する触媒的方法の開発

(岐阜薬大)

○井田孝、前嶋寿英、蜷」考由、澤間善成、門口泰也、笹井泰志、近藤伸一、 佐治木弘尚

2013/10/8

学位授与式が行われ、渡邉澄さん(日本ゼオン株式会社)が博士(薬学)を授与されました。

 

2013/9/23-26に行われた10th International Symposium on Carbanion Chemistry (ISCC-10) にて1件発表を行いました。

Palladium on Carbon-Catalyzed Arylation of Haloarenes Using Triarylbismuths

Yasunari Monguchi*, Tomohiro Hattori, Yasuhiro Miyamoto, Takayoshi Yanase, Yoshinari Sawama, and Hironao Sajiki*

 

2013/8/30

当研究室の発明が1件特許されました。

炭素−炭素結合の生成方法

特願2008-308920 (平成20年12月3日)
特開2010-132588(平成22年6月17日)

特許第5262642号(平成25年5月10日)

2013/8/28

2013/9/8-13に行われる The 24th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress (24th ISHC-Congress)にて2件発表を行います。

O-18

Lewis Acid-Catalyzed Ring-Opening Functionalizations of 1,4-Epoxy-1,4-dihydronaphthalenes.
Yoshinari Sawama,* Yuta Ogata, Yasunari Monguchi and Hironao Sajiki

 

P-013

Generation of ortho-Naphthoquinone Methides from 1,4-Epoxy-1,4-dihydronaphthalenes and Their Annulation with Allyl Silanes.

Yuko Shishido,* Yoshinari Sawama, Ryota Goto,Yasunari Monguchi and Hironao Sajiki

2013/8/26

総説を1件掲載しました。

「重水素標識化反応〜『炭素ー水素』結合を『炭素ー重水素』結合に変換する〜」
佐治木弘尚
化学と教育, 61(8),404-407 (2013)

2013/8/22

総説を1件掲載しました。

「パラジウム炭素を触媒とした檜山クロスカップリング反応」
蜷」考由, 澤間善成, 門口泰也, 佐治木弘尚
岐阜薬科大学紀要, 62, 57-67 (2013)

2013/8/8

論文が2報掲載されました。

  1. Platinum on Carbon-Catalyzed H-D Exchange Reaction of Aromatic Nuclei Due to Isopropyl Alcohol-Mediated Self-Activation of Platinum Metal in deuterium oxide
    Yoshinari Sawama, Tsuyoshi Yamada, Yuki Yabe, Kosuke Morita, Kyoshiro Shibata, Masahiro Shigetsura, Yasunari Monguchi and Hironao Sajiki
    Adv. Synth. Catal., 355, 1529-1534 (2013)
    DOI: 10.1002/adsc.201201102
    GA
  2. Easily-Controlled Chemoselective Hydrogenation Using Palladium on Boron Nitride
    Yuki Yabe, Yoshinari Sawama, Tsuyoshi Yamada, Saori Nagata, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki
    Chem. Cat. Chem., 5, 2360-2366 (2013)
    DOI: 10.1002/cctc.201300035
    GA

2013/5/22

2013/5/28-29 石油学会第56回年会(第62回研究発表会)にて1件発表を行います。

脂肪族炭化水素ならびに芳香環の効率的多重重水素標識化法の開発
(岐阜薬科大) ○澤間善成,山田 強,柴田恭司朗,門口泰也,佐治木弘尚

 

2013/5/18-19に行われた第3回有機分子構築法夏の勉強会にて1件発表を行いました。

水を媒体とした酸化・還元反応の開発 
佐治木弘尚

 

5/8に行われた五月祭でソフトボール優勝しました。

2013/4/2

佐治木弘尚教授が平成25年度日本薬学会学術貢献賞(1A部門)を受賞されました。

 

高橋徹君、前嶋寿英君、矢部雄貴君が博士(薬学)の学位を取得しました。

論文題目 

高橋 徹 「創薬・プロセス化学を指向した不均一系パラジウム触媒的新規酸化・還元反応の開発」

前嶋寿英「アジド化合物をアミノ源とした芳香族第一級アミン類の一段階合成法」

矢部雄貴「窒化ホウ素担持型不均一系パラジウム触媒の開発と有機合成化学的応用」

 

論文が1報掲載されました。

Chemoselective Hydrogenation Reaction of Unsaturated Bonds in the Presence of an o-Nitrobenzenesulfonyl Group
Akinori Kawanishi, Chiyako Miyamoto, Yuki Yabe, Makoto Inai, Tomohiro Asakawa, Yoshitaka Hamashima, Hironao Sajiki, and Toshiyuki Kan
Org. Lett., 15(6), 1306-1309 (2013)
OL1306

2013/3/22

当研究室の服部倫弘君(B6/博士後期課程進学予定)が平成25年度笹川科学研究助成に採択されました。

 

  研究課題:

  「実用化を指向した効率的フロー式接触還元及びクロスカップリング反応の開発」

2013/2/20

佐治木弘尚教授が2012年度(第4回)有機合成化学協会 日産化学・有機合成新反応/手法賞を受賞しました。

2013/2/12

論文が1報掲載されました。

Lewis Acid-Catalyzed Ring-Opening Functionalizations of 1,4-Epoxy-1,4-dihydronaphthalenes.
Yoshinari Sawama, Yuta Ogata, Koichi Kawamoto, Hiroyuki Satake, Kyoshiro Shibata, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki, Yasuyuki Kita
Adv. Synth. Catal., 355, 517-528 (2013)
2013adv.synth.catal.,517

2013/1/31

論文が1報掲載されました。

Solvent-free Huisgen Cyclization Using Heterogeneous Copper Catalysts Supported on Chelate Resin
Yasunari Monguchi, Kei Nozaki, Toshihide Maejima, Yutaka Shimoda, Yoshinari Sawama, Yoshiaki Kitamura, Yukio Kitade, Hironao Sajiki
Green Chem., 15, 490-495 (2013)

green.chem.490

2013/1/30

論文が1報掲載されました。

Efficient Generation of ortho-Naphthoquinone Methides from 1,4- Epoxy-1,4-dihydronaphthalenes and Their Annulation with Allyl Silanes.
Yoshinari Sawama, Yuko Shishido, Takayoshi Yanase, Koichi Kawamoto, Ryota Goto, Yasunari Monguchi, Yasuyuki Kita, Hironao Sajiki
Angew. Chem. Int. Ed, 52, 1515-1519 (2013)

angew.chem.int.ed.1515

 

当研究室の発明が1件特許されました。

官能基選択的水素化触媒及び官能基選択的水素化方法

特願2005-349313(平成17年12月2日) 
特許公開2007-152199 

特許第5105296号(平成24年10月12日)

2013/1/16

論文が1報掲載されました。

Site-selective Deuterated-Alkene Synthesis Using Palladium on Boron Nitride
Yuki Yabe, Yoshinari Sawama, Yasunari Monguchi, and Hironao Sajiki
Chem. Eur. J., 19, 484-488 (2013)
chem.eur.j484

2013/1/8

2012/12/10に学位授与式が行われ、石原慎師さんと高橋大輔さんが博士号を授与されました。

詳しくはこちらをご覧下さい。(ホーム>研究室について> 博士(薬学)取得者

 

TOP

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.

design テンプレート