ライン

INFORMATION(一覧)

ライン
2011

2011/12/12

論文が1報掲載されました。

Selective N-Alkylationof Amines Using Nitriles under Hydrogenation Conditions: Facile Synthesis of Secondaryand Tertiary Amine.
Takashi Ikawa, Yuki Fujita,Tomoteru Mizusaki, Sae Betsuin, Haruki Takamatsu, Tomohiro Maegawa, Yasunari Monguchi and Hironao Sajiki
Org. Biomol. Chem. , 10, 293-304 (2012).
2012OBC293

2011/12/7

D3の蜷」考由君の論文がSynfactsに紹介されました。

SYNFACTS 2011, 1374.
Pd/C-Catalyzed Hiyama Cross-Coupling

 

(掲載論文はこちら)

Pd/C-catalyzed and water-mediated Hiyama cross-coupling reaction using an electron-deficient phosphine ligand.
Yanase, T.; Mori, S.; Monguchi, Y.; Sajiki, H.
Chem. Lett., 40, 910-912 (2011).

2011/11/21

D3の蜷」考由君が第42回中部化学関係協会支部連合大会特別討論会 有機化学一般発表優秀賞を受賞しました。

 

2011/11/29-12/2に行われる8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium [AIMECS11]にて1件発表を行います。

Regio- and Stereoselective Deuteration of Sugars Using Ru/C-H2-D2O(-LiOH) System
○Yoshinari Sawama, Hiroki Iwata, Yasunari Monguchi, and Hironao Sajiki

2011/11/11

特許出願が1件国際公開されました。

糖類の重水素化方法
(特願2010-092588)(平成22年4月13日)WO2011/129314A1

2011/10/17

論文が1報掲載されました。

Facile Hydrogenation of Ketones Catalyzed by Platinum on Carbon under Ordinary Pressures and Temperatures.
Yuta Fujiwara, Youhei Iwasaki, Tomohiro Maegawa, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki
ChemCatChem, 3, 1624-1628 (2011).

ccc1624

2011/10/17

論文が1報掲載されました。

Facile Hydrogenation of Ketones Catalyzed by Platinum on Carbon under Ordinary Pressures and Temperatures.
Yuta Fujiwara, Youhei Iwasaki, Tomohiro Maegawa, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki
ChemCatChem, 3, 1624-1628 (2011).

ccc1624

2011/10/6

論文が1報掲載されました。

Palladium on carbon-catalyzed solvent-freeand solid-phase hydrogenation and Suzuki–Miyaura reaction.
Yasunari Monguchi, YukiFujita, Shota Hashimoto, Mariko Ina, Tohru Takahashi, Ryo Ito, Kei Nozaki, TomohiroMaegawa, Hironao Sajiki
Tetrahedron, 8628-8634 (2011).

tetrahedron8628

 

 

2011/09/28

薬品化学研究室のOB、大・修47服部龍司さんが「ファイザー株式会社2011年 Personal Achievement Award」を受賞されました。

おめでとうございます!

 

門口泰也准教授が12/1-2に行われる第6回プロセス化学ラウンジにて招待講演を行います。

講演タイトル: 「合成吸着剤を担体とした機能性白金族触媒の開発研究」

2011/9/27

2011/11/9-10に行われる7th International BASF Boron Conferenceにて、当研究室と共同研究を行っているN.E.Chemcatの吉村さんが1件発表を行います。

 

2011/11/10-11に行われる第100回 有機合成シンポジウムにて1件発表を行います。

窒化ホウ素担持型パラジウム触媒(Pd/BN)の創製と官能基選択的接触還元への応用
○矢部雄貴、山田 強、永田沙織、澤間善成、門口泰也、佐治木弘尚

 

2011/11/23に行われる第21回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会・平成23年度日本薬学会東海支部例会にて1件発表を行います。

キレート樹脂担持型銅触媒を用いた芳香族アジド化合物の合成法
○下田豊、澤間善成、門口泰也、佐冶木弘尚

2011/9/15

2011/10/1-2に行われる第21回日本医療薬学会にて発表を行います。(薬剤学研究室との共同研究)

 

マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析(MALDI-TOF MS)による血清中クロバザムの測定
○川合 麻未1、中村 光浩1、井口 和弘1、臼井 茂之1、門口 泰也2、土屋 照雄1、佐治木 弘尚2、平野 和行1
(1 岐阜薬科大学  薬剤学研究室、2 岐阜薬科大学 薬品化学研究室)

2011/9/7

D3の蜷」君の論文が1報掲載されました。

Pd/C-catalyzed and water-mediated Hiyama cross-coupling reaction using an electron-deficient phosphine ligand.
Yanase, T.; Mori, S.; Monguchi, Y.; Sajiki, H.
Chem. Lett., 40, 910-912 (2011).
chemlett910

2011/9/6

当研究室で発明した「選択的官能基還元性能を有するPd担持型ポリマー触媒」が特許されました。

選択的官能基還元性能を有するPd担持ポリマー触媒

(特願2006-300294)(平成18年11月6日)
特許公開2008-114164(平成20年5月22日)
特許第4800902号(平成23年8月12日)

2011/9/1

第28回有機合成化学セミナー(2011/8/31-9/2)で佐治木教授が招待講演を行いました。

講演タイトル:「不均一系白金族触媒の機能多様性:触媒的C−H活性化反応に基づく重水素標識化法の開発」

2011/8/18

2011/11/5-6に行われる第42回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会にて2件発表を行います。

パラジウム炭素を触媒とするリガンドフリー檜山カップリング反応
○蜷」考由,門口泰也,佐治木弘尚

トリクロロメチル基からgem-ジクロロメチル基へのPt/C触媒的モノ脱塩素化
○今西 崇宏・澤間 善成・門口 泰也・佐治木 弘尚

2011/7/26

2011/8/10-12に行われるThe 2nd International Symposium on Process Chemistry (ISPC2011)にて5件発表を行います。

Ru/C-Catalyzed Regio- and Stereoselective H-D Exchange of Sugar Derivatives.
Hiroki Iwata*, Yuta Fujiwara, Yoshinari Sawama, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki (Gifu Pharmaceutical University, Japan)

 

Semihydrogenation of Alkynes Catalyzed by Pd on Boron nitride-Amine Combination
Yuki Yabe*, Tsuyoshi Yamada, Yoshinari Sawama, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki (Gifu Pharmaceutical University, Japan)

 

Acid-Catalyzed and Ring-Opening Functionalizations of 1,4-Epoxy-1,4-dihydronaphthalenes
Yoshinari Sawama*, Yuta Ogata, Takayoshi Yanase, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki (Gifu Pharmaceutical University, Japan), Norbert Krause (Dortmund University of Technology, Germany), Koichi Kawamoto, Hiroyuki Satake, Yasuyuki Kita (Ritsumeikan University, Japan)

 

Pt/C-catalyzed Chemoselective Defluorination of Aromatic Fluorides.
Yoshinari Sawama, Tsuyoshi Yamada*, Masahiro Shigetsura, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki (Gifu Pharmaceutical University, Japan)

 

Chemoselective Hydrogenation Using Pd on Spherical Carbon
Hiroyoshi Esaki*(Hyogo College of Medicine, Japan), Yoshinari Sawama, Yasunari Monguchi (Gifu Pharmaceutical University, Japan), Kazuto Nosaka (Hyogo College of Medicine, Japan), Hironao Sajiki (Gifu Pharmaceutical University, Japan)

2011/6/22

2011/7/9に行われる第57回日本薬学会東海支部総会・大会にて3件発表を行います。

 

金属捕捉型合成樹脂を用いた銅触媒による無溶媒Huisgen環化反応
○ 野崎慶1,前嶋寿英1,澤間善成1,門口泰也1,佐治木弘尚1(1 岐阜薬大)

パラジウム炭素を触媒とする分子内アミノ化反応:インドール及びインドリンの合成
○丸本貴久1,高松春樹1,澤間善成1,門口泰也1,佐治木弘尚1(1 岐阜薬大)

合成ゼオライト担持型パラジウム触媒の調製と新規官能基選択的接触還元反応
高橋 徹1,○伊藤 良1,澤間善成1,門口泰也1,佐冶木弘尚1(1 岐阜薬大)

2011/6/16

論文が1報掲載されました。

H. Pyridine-N-oxide mediated oxidation of diarylalkynes with palladium on carbon.
Sawama, Y.; Takubo, M.; Mori, S.; Monguchi, Y.; Sajiki,
Eur. J. Org. Chem., 3361–3367 (2011).
Eur.J.Org.Chem3361

 

M1の緒方君とB5の山田君がミシシッピ大学化学科(Prof.Tomioka)でインターンシップを行っています。

2人の研究の様子はこちら(研究室について>体験記>平成23年度

2011/6/14

2011/6/21-23に行われる5th International Conference on Green & Sustainable Chemistryにて1件発表を行います。

 

2011/6/2-3に行われた第11回GSCシンポジウムにて1件発表を行いました。

 

D2の高橋徹君が第4回 GSC Student Travel Grant Awardsを受賞しました。

http://www.gscn.net/awards/Student_Travel_4th.html

 

出願特許が2件公開されました。

芳香族アミン化合物の製造方法 特開2011-016755

カルボニル化合物の製造方法 特開2010-202555

2011/2/8

論文が2報掲載されました。

Halogen-deuterium exchange reaction mediated by tributyltin hydride using THF-d8 as the deuterium source.
Mutsumi, T.; Iwata, H.; Maruhashi, K.; Monguchi, Y.; Sajiki, H.
Tetrahedron, 67, 1158-1165 (2011).
tetrahedron1158

 

Synthesis of deuterium-labelled drugs by hydrogen-deuterium (H–D) exchange using heterogeneous catalysis
Modutlwa, N.; Maegawa, T.; Monguchi, Y.; Sajiki, H.
J. Label. Compd. Pharm.
53, 686-692 (2010)..

 

TOP

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.

design テンプレート