ライン

INFORMATION(一覧)

ライン
2009

2009/12/8

2010/3/28-30に岡山で行われる日本薬学会第130年会で7件発表を行います。

2010/5/2-6にFORT LAUDERDALE,FL,USAで行われるARVO2010で1件発表を行います。

2009/12/3

12/10-11に岐阜で行われる創薬懇話会2009にて3件ポスター発表を行います。

2009/11/30

11/19に和歌山県工業技術センターで佐治木弘尚教授が講演を行いました。

講演タイトル:「不均一系白金族触媒による新しい有機合成法の開発」

2009/11/17

11/5-6に第96回有機合成シンポジウムで1件口頭発表を行いました。

 

11/7-8に第40回中化連秋季大会で2件ポスター発表を行いました。

 

11/10にIKCOC-11で2件ポスター発表を行いました。

 

11/16-17に第35回反応と合成のシンポジウムにて1件ポスター発表を行いました。

 

詳細はこちらをご覧ください。

(研究業績>講演会・学会・シンポ>平成21年度

2009/11/5

論文が1報掲載されました。

詳細はこちらをご覧ください。

(研究業績>論文>2005-2009

Development of molecular sieves-supported palladium catalyst and chemoselective hydrogenation of 
unsaturated bonds in the presence of nitro groups.

Tomohiro Maegawa, Tohru Takahashi, Masatoshi Yoshimura, Hroyoshi Suzuka,
Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki
Adv. Synth. Catal., 351, 2091-2095 (2009)

 

10/30に塩野義製薬株式会社 製薬研究センターにて、
佐治木弘尚教授が講演を行いました。

講演タイトル:「不均一系白金族触媒による新しい有機合成反応手法の開発」

 

10/9に武田薬品工業株式会社にて佐治木弘尚教授が
講演を行いました。

講演タイトル:「不均一系白金族触媒の新機軸−新しい有機合成反応手法と
触媒の開発−」

2009/10/14

門口泰也准教授が 財団法人遠藤斉治朗記念科学技術振興財団
研究助成に選ばれました。

2009/9/29

9/19に名市大宮田研と交流戦を行いました。

詳しくはこちらをご覧ください。

(ギャラリー>2009>名市大交流戦

2009/9/14

論文がSYNFACTSに紹介されました。

Synfacts 2009. 1022

(紹介された論文はこちら)

Efficient and Practical Arene Hydrogenation by Heterogeneous Catalysts under Mild Conditions.
Tomohiro Maegawa, Akira Akashi, Kiitiro Yaguchi, Youhei Iwasaki, Masahiro Shigetsura, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki
Chem. Eur. J, 15, 6953-6963
SYNFACTS 2009, 1022.

2009/9/3

研究室旅行で伊勢志摩に行ってきました(8/31〜9/2)。

詳しくはこちらをご覧ください。

(ギャラリー>2009>研究室旅行

2009/8/19

論文が2報掲載されました。

詳細はこちらをご覧ください。

(研究業績>論文>2005-2009

A simple and efficient oxidation of alcohols with ruthenium on carbon.
Shigeki Mori, Masato Takubo, Kazuya Makida, Takayoshi Yanase, Satoka Aoyagi, Tomohiro Maegawa, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki
Chem. Commun., 5159–5161.

 

Bimetallic Palladium-Platinum on Carbon Catalyzed H-D Exchange Reaction: Synergistic Effect on Multiple Deuterium Incorporation.
Tomohiro Maegawa, Nobuhiro Ito, Keiji Oono, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki
Synthesis, 16, 2674–2678.

2009/8/7 

8/6に佐治木弘尚教授が岐阜県学校薬剤師会関支部合同研修会にて講演を行いました。

講演タイトル:

  "くすり教育講座(薬物乱用防止・薬の飲み方)"

2009/8/6 

7/23に門口泰也准教授がDepartmento de Química Orgánica Facultad de Química Universidad de Santiago de Compostela (Spain) にて講演を行いました。

講演タイトル:

  "New Trends in Heterogeneous Transition-metal Catalysis"

2009/8/5 

当研究室発の発明が特許出願(PCT出願)され、
国際公開されました。
「芳香族ハロゲン化物の脱ハロゲン化方法」

  (長良バイオニクスとの共同出願) 

  詳細はこちらをご覧ください。

  (研究業績>特許

2009/7/28

当研究室で開発した触媒が紹介されました。 (Pd/C(en), Pd/Fib, Pd/PEI, Os/C)

詳細はこちらをご覧ください。 (和光純薬時報OrganicSquare_vol77,No.3 (2009)(pdf.1.45MB)

 

The 15th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS 15)にて研究発表を行いました。(発表件数:1件)

詳細はこちらをご覧ください。 (研究業績>講演会・学会・シンポ>平成21年度

2009/7/23,24

第7回次世代を担う有機化学シンポジウムにて研究発表を行いました (発表件数:1件)

詳細はこちらをご覧ください。 (研究業績>講演会・学会・シンポ>平成21年度

2009/7/16,17

プロセス化学会2009サマーシンポジウムにて研究発表を行いました。 (発表件数:7件)

詳細はこちらをご覧ください。

(研究業績>講演会・学会・シンポ>平成21年度

写真はこちらをご覧ください。

(ギャラリー>2009年度>プロセス化学会2009サマーシンポジウム

2009/7/15

M2の高橋徹君が(財)中部電力基礎技術研究所国際交流援助に選ばれました。

2009/7/11

第55回日本薬学会東海支部総会・大会にて研究発表を行いました。
(発表件数:2件)

  詳細はこちらをご覧ください。

  (研究業績>講演会・学会・シンポ>平成21年度

2009/6/11

第65回有機合成シンポジウムにて研究発表を行いました。
(発表件数:1件)

  詳細はこちらをご覧ください。

  (研究業績>講演会・学会・シンポ>平成21年度

2009/5/7

門口准教授の論文が1報掲載されました。

Iodobenzene Diacetate-Promoted N-N And N-O Bond Formation for Pyrazolo-And Isoxazolopyrimidine Synthesis
Yasunari Monguchi, Kazuyuki Hattori, Tomohiro Maegawa, Kosaku Hirota, and Hironao Sajiki
Heterocycles, 79, 669-680 (2009).

2009/4/22

門口准教授の論文がSYNFACTSに紹介されました。

Synfacts 2009. 459 (紹介された論文はこちら)

A highly active heterogeneous palladium catalyst supported on a synthetic adsorbent,
Monguchi, Y.; Fujita Y.; Endo, K.; Takao, S.; Yoshimura, M.; Takagi, Y.; Maegawa, T.; Sajiki, H. Chem. Eur. J., 15, 834-837 (2009)

Highlighted in SYNFACTS 2009, 459.

2009/4/1

門口泰也先生が准教授になりました。   
安藤隆幸先生が助教として着任しました。

2009/2/18

平成20-21年度NEDOマッチングファンド
(平成20年度大学発事業創出実用化研究開発事業費助成金<低炭素研究開発>)に当研究室の
 「難分解性環境汚染物質の無害化処理技術の開発」が採択されました。

  採択者リストはこちら(NEDOホームページ,採択者リスト)

2009/2/16

門口助教の論文がSYNFACTSに紹介されました

Synfacts 2009, 225.


(紹介された論文はこちら)
Evaluation of aromatic amination catalyzed by palladium on carbon: a practical synthesis of triarylamines,
Yasunari Monguchi, Katsunori Kitamoto, Takashi Ikawa, Tomohiro Maegawa, Hironao Sajiki
Adv. Synth. Catal., 350, 2767-2777 (2008)

 

TOP

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.

design テンプレート