ライン

 

ライン

 岐阜薬科大学 薬品化学研究室へようこそ。

 薬品化学研究室では、プロセス化学、有機合成化学、創薬化学、環境化学への実用的貢献を目標として活発に研究し、60件超の特許を保有しています。特に「安全」、「環境負荷低減」、「コスト」、「反応効率」をキーワードとした「機能性新規触媒の開発研究」は「連続フロー合成への適用」に向けて展開させており、既に12種類の官能基選択的接触還元触媒を実用化しました。

 また、ルイス酸触媒やカチオン種に注目した新しい有機分子構築法の開発と、独自に開発した方法論を応用した全合成研究にも取り組んでいます。

 なお、当研究室独自の触媒的重水素標識法は、重水素標識試薬販売・受託合成事業として実用化されるとともに、残留農薬や医薬品代謝物定量用サロゲート化合物への応用、あるいはヘビードラッグ開発研究へと展開しています。

 さらに水や炭化水素から水素ガスをメカノ反応的に取り出したり、メチルシクロヘキサンやアルコール類などの有機ケミカルハイドライドから、マイクロウェーブエネルギーを利用したフロー連続反応で水素を取り出すなど、次世代エネルギーの創製研究にも携わっており、地球温暖化対策に向けた実用的研究展開にも積極的取り組んでいます。

 また、研究室所属で申請資格のある博士(後期)課程大学院生が、全員「日本学術振興会特別研究員」に採用されるなど、活発な研究・教育活動を展開しています。

 

 こちらも併せてご覧下さい → 岐阜薬科大学 薬品化学研究室紹介ページ
                有機合成化学協会誌, 71, 405 (2013) 巻頭言

 

研究テーマ

「新しい不均一系機能性触媒の開発」

  →詳細はこちら Chem. Pharm. Bull. 65, 2–9 (2017),
          研究概要:pdf岐阜薬科大学紀要, 59, 8-16 (2010)岐阜薬科大学紀要, 57, 45-54 (2008)
          Organic Square
, 22, 2-4 (2008)有機合成化学協会誌, 63, 1218-1231 (2005)
          有機合成化学協会誌, 59, 109-120 (2001) ,固定化触媒のルネッサンス ,フロー接触還元
         当研究室が開発した触媒が富士フイルム和光純薬株式会社から発売されています
         https://labchem-wako.fujifilm.com/jp/category/00074.html
         当研究室との共同研究で開発されたDualPore™メタルスカベンジャーシリカゲル(溶出金属の回収)が
         株式会社エスエジーと佐々木化学薬品株式会社から発売されています
         https://www.sng-inc.co.jp/
         http://www.sasaki-c.co.jp/business/environmental/life_science/ms-silicagel.html

「重水素(D)標識化法の開発」

  →詳細はこちら 研究概要:pdf薬学雑誌(総説),133 (11), 1177-1193 (2013)岐阜薬科大学紀要, 60, 41-50 (2011)
           化学と教育
, 61(8),404-407 (2013)有機合成化学協会誌, 65, 1179-1190 (2007)
           Organic Squere36Organic Squere35 , ChemStation , Chem. Pharm. Bull. (Current Topics), 66, 21-28 (2018)
          中日新聞プラス 重水素標識技術に関連した解説

          4 重水素ってなんだ?:第1話:水素と重水素 〜重い水素の正体

          5 重水素ってなんだ?:第2話:重水素標識化合物は簡単に作れるのか? 〜重水中で生物は生存できるか?〜 

          6 重水素ってなんだ?:第3話:重水素標識化合物の産業的・科学的有効活用法

「既存の不均一系白金属触媒が潜在的に保有する未知の機能性(触媒活性)の開拓」

  →詳細はこちら  Heterocycles,91,239-264(2015) Catalysts,5,18-25(2015) , 岐阜薬科大学紀要, 62, 57-67 (2013) , フロー接触還元

「カチオン種の新規発生法に基づく効率的骨格構築法の開発」

「芳香族塩素化合物からの簡便脱塩素化法を開発してダイオキシン、DDT、PCBの 分解無毒化に応用する」

  →詳細はこちら  Heterocycles,90,186-197(2015)

「次世代エネルギーシステムの構築を指向した新しい反応開発                           

  →詳細はこちら 機械エネルギーで水から水素を製造する次世代エネルギー  読売新聞 平成29年3月15日朝刊30面
          岐阜新聞 2016年12月22日(木)朝刊

          中日新聞プラス 地球温暖化に関連した解説

          1 地球温暖化を考える: 第1話:「米パリ協定離脱」将来の地球環境は大丈夫か?

          2 地球温暖化を考える: 第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源 

          3 地球温暖化を考える:第3話:水から水素を簡単に取り出す!! 次世代エネルギー製造法への挑戦   

          キヤノン財団「リユニオン」

          毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20190217/ddl/k21/040/094000c

          岐阜新聞 https://www.gifu-np.co.jp/news/20190215/20190215-114304.html

インフォメーション

2019/10/11

祝! D3の安川直樹君(現 日本学術振興会特別研究員DC2)が日本学術振興会2020年度特別研究員PDに内定しました。

岐阜薬科大学初の快挙です!

 

2019/10/8

10/1から研究生の姜静さん、10/8から3回生6名が薬品化学研究室に配属になりました。

 

2019/8/7

当研究室の発明が1件特許されました。

「シロキサン化合物の製造方法およびこれに用いる金触媒」

澤間善成 、門口泰也 、佐治木弘尚

エヌ・イーケムキャット株式会社

特願2015-160533 2015年8月17日

特開2017-039648 2017年2月23日

特許第6538476  2019年6月14日 

 

論文が2件掲載されました。

Microwave-Mediated Continuous Hydrogen Abstraction
Reaction from 2-PrOH Catalyzed by Platinum on Carbon Bead

Tomohiro Ichikawa, Tomohiro Matsuo, Takumu Tachikawa, Wataru Teranishi, Tsuyoshi Yamada, Yoshinari Sawama,Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki
Catalysts 2019, 9, 655
DOI: https://doi.org/10.3390/catal9080655
PDF(Open Access!)
https://www.mdpi.com/2073-4344/9/8/655/pdf(PDF)
catalysts

Birch-Type Reduction of Arenes in 2-Propanol Catalyzed
by Zero-Valent Iron and Platinum on Carbon

Yoshinari Sawama, Kazuho Ban,Kazuhiro Akutsu-Suyama, Hiroki Nakata, Misato Mori, Tsuyoshi Yamada, Takahiro Kawajiri, Naoki Yasukawa, Kwihwan Park, Yasunari Monguchi, Yukio Takagi, Masatoshi Yoshimura, and Hironao Sajiki
ACS Omega 20194, 11522-11531
DOI:org/10.1021/acsomega.9b01130
PDF(Open Access!)
https://pubs.acs.org/doi/pdf/10.1021/
acsomega.9b01130?rand=qadbul77
(PDF)
ACS Omega

 

 

2019/7/2

大学院博士課程を平成28年度に修了後3年間、米国 スクリプス研究所 リサーチフェロー(Phil Baran教授)として研究活動を展開していた浅井 彰太 博士が(岐阜薬科大学 薬品化学研究室 客員共同研究員も兼任)、平成31年7月1日より岩手大学 理工学部 化学・生命理工学科 化学コース(是永敏伸 教授)助教として着任されました。

 

山田助教が7/11に「令和元年度有機合成化学協会東海支部 若手研究者のためのセミナー」で支部奨励賞受賞講演をします。

「不均一系触媒を使用した重水素標識法の開発と触媒担体を利用した残留金属の除去法開発」

 

佐治木教授が8/8に「近畿化学協会 フローマイクロ合成研究会 第33回公開講演会」で招待講演をします。

「不均一系機能性触媒を利用したフロー式反応場の構築」

 

佐治木教授が8/30に「明治薬科大学大学院シンポジウム 次世代の創薬を牽引する化学系薬学の発展」で招待講演をします。

「新しい省エネルギー・省スペース・省労力型連続化学変換プロセスの開発」

7/24-26に京都国際会議場で開催される第4回プロセス化学国際シンポジウムでポスター発表を行います。

1P-44
Palladium and Niobic Acid on Carbons-Catalyzed Facile Hydrogenative Deprotection of N-Benzyl Groups
Yuta Yamamoto* 1, Kazuho Ban 1, Yukio Takagi 2, Masatoshi Yoshimura 2, Yoshinari Sawama 1, Hironao Sajiki 11 Laboratory of Organic Chemistry, Gifu Pharmaceutical University, 2 Catalyst Development Center, N. E. Chemcat Corporation)

 

1P-45
Pt/C-catalyzed oxidative annulation of diols to lactones
Ryoya Takakura*, Kazuho Ban, Hironao Sajiki, Yoshinari Sawama ( Gifu Pharmaceutical University)

 

1P-46
Aromatic Aldehyde-Selective Functionalization via Pyridinium Salt Intermediates
Takahiro Kawajiri* 1, Hiromichi Fujioka 2, Hironao Sajiki 1, Yoshinari Sawama 11 Laboratory of Organic Chemistry, Gifu Pharmaceutical University, 2 Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University)

 

2P-02
Heterogeneous Palladium on Titania-Catalyzed Ligand-Free Suzuki–Miyaura Coupling of Aryl Chlorides
Hayato Masuda* 1, Tsuyoshi Yamada 1, Kwihwan Park 1, Takumu Tachikawa 1, Tomohiro Ichikawa 1, Masatoshi Yoshimura 2, Yukio Takagi 2, Yoshinari Sawama 1, Hironao Sajiki 11 Laboratory of Organic Chemistry, Gifu Pharmaceutical University, 2 Catalysts Development Center, N.E.Chemcat Corporation)

 

2P-11
Application of the Palladium-loaded Monolithic Ion Exchange Resin to a Continuous Flow Processing
Shinji Nakamura* 1, Hitoshi Takada 1, Tsuyoshi Yamada 2, Yoshinari Sawama 2, Hironao Sajiki 21 Functional Material Development Department, R&D Center, Organo Co., 2 Laboratory of Organic Chemistry, Gifu Pharmaceutical University)

 

2P-40
Platinum on Carbon Bead-Catalyzed Continuous-Flow Dehydrogenation of 2-Propanol under Microwave-Irradiation
Tomohiro Ichikawa 1, Takumu Tachikawa* 1, Tomohiro Matsuo 1, Wataru Teranisihi 1, Tsuyoshi Yamada 1, Yoshinari Sawama 1, Yasunari Monguchi 2, Hironao Sajiki 1
1 Laboratory of Organic Chemistry, Gifu Pharmaceutical University, 2 Laboratory of Organic Chemistry, Daiichi University of Pharmacy)

 

2P-53
Platinum on carbon-bead-catalyzed energetically efficient, continuous hydrogen production method from methylcyclohexane enhanced by the microwave irradiation
Tomohiro Ichikawa* 1, Tomohiro Matsuo 1, Takumu Tachikawa 1, Tsuyoshi Yamada 1, Takeo Yoshimura 2, Masatoshi Yoshimura 3, Yukio Takagi 3, Yoshinari Sawama 1, Jun-ichi Sugiyama 4, Yasunari Monguchi 1,5, Hironao Sajiki 1
1 Laboratory of Organic Chemistry, Gifu Pharmaceutical University, 2 SAIDA FDS Incorporated, 3 Catalyst Development, N.E.Chemcat Corporation, 4 National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, 5 Laboratory of Organic Chemistry, Daiichi University of Pharmacy)

 

論文が掲載されました。

Polyethyleneimine-modified Polymer as an Efficient Palladium Scavenger and Effective Catalyst Support for a Functional Heterogeneous Palladium Catalyst
Tsuyoshi Yamada, Yutaka Kobayashi, Naoya Ito, Tomohiro Ichikawa, Kwihwan Park, Kouki Kunishima, Shun Ueda, Masahiro Mizuno, Tadashi Adachi, Yoshinari Sawama, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki
ACS Omega 2019, 46, 10243-10251
DOI:https://doi.org/10.1021/acsomega.9b00707
PDF(Open Access!)
https://pubs.acs.org/doi/pdf/10.1021/acsomega.9b00707(PDF)
ACSomega

 

2019/6/19

当研究室OB(大修37回)で大阪大学大学院薬学研究科薬品製造化学分野(赤井周司教授) 准教授の井川貴詞先生が,「生物活性物質の多様性志向型合成に資するベンザイン反応の位置制御」研究で6月2日に2019年度日本薬学会化学系薬学部会賞を受賞されました。

まことにおめでとうございます。

 

2019/6/3

山田 強 助教の令和元年度有機合成化学協会東海支部奨励賞受賞が決定しました。

7月11日(木)に静岡大学浜松キャンパスで開催される有機合成化学協会東海支部 若手研究者のためのセミナーで支部奨励賞記念講演・授賞式が挙行されます。

支部奨励賞受賞講演演題

「不均一系触媒を使用した重水素標識法の開発と触媒担体を利用した残留金属の除去法開発」

 

2019/5/29

当研究室の発明が1件特許されました。

「多孔性セラミック担持パラジウム触媒 」

佐治木弘尚 、門口泰也 、澤間善成 、永江良行

富士フイルム和光純薬株式会社

特願2015-040871 2015年3月3日

特開2015-180494 2015年10月15日

特許第6511864   2019年4月19日 

 

2019/5/28

当研究室OB(大修37回)の小野木照二さんが,本年4月より日本たばこ産業(株)医薬総合研究所 生産技術研究所 所長に就任されました。まことにおめでとうございます。

 

近畿大学薬学部教授 前川智弘先生が久しぶりに研究室にお越しになりました。

maegawa

 

2019/5/24

論文が1報掲載されました。

Acetal Elimination Reaction Accompanied with Regioselective Ring Opening of 1,4-Bisacetal-1,4-epoxy-1,4-dihydronaphthalenes
Yoshinari Sawama, Takahiro Kawajiri, Yuta Yamamoto, Yuko Shishido, Ryota Goto, and Hironao Sajiki
Heterocycles (Special Issue Vol. 99 in honor of Professor Tohru Fukuyama on 70th Birthday ), 2019, 99, 126-133.
DOI: 10.3987/COM-18-S(F)50
PDF(Open Access!)
heterocycles2018-2

 

2019/5/23

論文が2報掲載されました。

H-D Exchange Deuteration of Arenes at Room Temperature
Yoshinari Sawama, Akihiro Nakano, Takumi Matsuda, Takahiro Kawajiri, Tsuyoshi Yamada, and Hironao Sajiki
Org. Process Res. Dev. 2019, 23, 648−653

OPRD

Application of Thiol-Modified Dual-Pore Silica Beads as Practical Scavenger of Leached Palladium Catalyst in C–C Coupling Reaction
Tsuyoshi Yamada, Tomohiro Matsuo, Aya Ogawa, Tomohiro Ichikawa, Yutaka Kobayashi, Hayato Masuda, Riichi Miyamoto, Hongzhi Bai, Kanji Meguro, Yoshinari Sawama, Yasunari Monguchi, and Hironao Sajiki
Org. Process Res. Dev. 2019, 23, 462−469

OPRD

 

OPR&D

OPR&D 日本プロセス化学会特集号

 

2019/5/20

論文が1報掲載されました。

Development of Titanium Dioxide-Supported Pd Catalysts for Ligand-Free Suzuki–Miyaura Coupling of Aryl Chlorides
Tsuyoshi Yamada, Hayato Masuda, Kwihwan Park, Takumu Tachikawa, Naoya Ito, Tomohiro Ichikawa, Masatoshi Yoshimura, Yukio Takagi, Yoshinari Sawama, Yutaka Ohya and Hironao Sajiki,*
Catalysts9(5), 461 (2019)  Open Access!!
https://doi.org/10.3390/catal9050461
catalysts2019

 

 

 

INFORMATION一覧はこちらをご覧ください

 

 

back

 

薬品化学研究室で開発した触媒
Pd/C(Ph2) Pd/C(en) Pd/PEI
10% PD/C(Ph2S)触媒
製品名:SGS-10DR

(左)Pd/C(en)触媒


(中央・右)Pd/Fib

(左)Pd/C(en)触媒     

(左から 5% 5g,

      10% 5g,

      5% 25g)


(右)Pd/PEI

エヌ・イー・ケムキャット株式会社より 市販中

詳しくはこちら
(Adv. Synth. Catal. 350, 406-410 (2008))

和光純薬工業株式会社より 市販中

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol77,No.3 (2009)(pdf.1.45MB)

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol22(2008)(pdf.1.95MB)

 

 

 

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.
〒501-1196 岐阜県岐阜市大学西1-25-4  岐阜薬科大学 薬品化学研究室  TEL:058-230-8100(代表)  FAX:058-230-8105