ライン

 

ライン

 岐阜薬科大学 薬品化学研究室へようこそ。

 薬品化学研究室では、プロセス化学、有機合成化学、創薬化学、環境化学への実用的貢献を目標として活発に研究し、60件超の特許を保有しています。特に「安全」、「環境負荷低減」、「コスト」、「反応効率」をキーワードとした「機能性新規触媒の開発研究」は「連続フロー合成への適用」に向けて展開させており、既に12種類の官能基選択的接触還元触媒を実用化しました。

 また、ルイス酸触媒やカチオン種に注目した新しい有機分子構築法の開発と、独自に開発した方法論を応用した全合成研究にも取り組んでいます。

 なお、当研究室独自の触媒的重水素標識法は、重水素標識試薬販売・受託合成事業として実用化されるとともに、残留農薬や医薬品代謝物定量用サロゲート化合物への応用、あるいはヘビードラッグ開発研究へと展開しています。

 さらに水や炭化水素から水素ガスをメカノ反応的に取り出したり、メチルシクロヘキサンやアルコール類などの有機ケミカルハイドライドから、マイクロウェーブエネルギーを利用したフロー連続反応で水素を取り出すなど、次世代エネルギーの創製研究にも携わっており、地球温暖化対策に向けた実用的研究展開にも積極的取り組んでいます。

 また、研究室所属で申請資格のある博士(後期)課程大学院生が、全員「日本学術振興会特別研究員」に採用されるなど、活発な研究・教育活動を展開しています。

 

 こちらも併せてご覧下さい → 岐阜薬科大学 薬品化学研究室紹介ページ
                有機合成化学協会誌, 71, 405 (2013) 巻頭言

 

研究テーマ

「新しい不均一系機能性触媒の開発」

  →詳細はこちら Chem. Pharm. Bull. 65, 2–9 (2017),
          研究概要:pdf岐阜薬科大学紀要, 59, 8-16 (2010)岐阜薬科大学紀要, 57, 45-54 (2008)
          Organic Square
, 22, 2-4 (2008)有機合成化学協会誌, 63, 1218-1231 (2005)
          有機合成化学協会誌, 59, 109-120 (2001) ,固定化触媒のルネッサンス ,フロー接触還元
         当研究室が開発した触媒が富士フイルム和光純薬株式会社から発売されています
         https://labchem-wako.fujifilm.com/jp/category/00074.html
         当研究室との共同研究で開発されたDualPore™メタルスカベンジャーシリカゲル(溶出金属の回収)が
         株式会社エスエジーと佐々木化学薬品株式会社から発売されています
         https://www.sng-inc.co.jp/
         http://www.sasaki-c.co.jp/business/environmental/life_science/ms-silicagel.html

「重水素(D)標識化法の開発」

  →詳細はこちら 研究概要:pdf薬学雑誌(総説),133 (11), 1177-1193 (2013)岐阜薬科大学紀要, 60, 41-50 (2011)
           化学と教育
, 61(8),404-407 (2013)有機合成化学協会誌, 65, 1179-1190 (2007)
           Organic Squere36Organic Squere35 , ChemStation , Chem. Pharm. Bull. (Current Topics), 66, 21-28 (2018)
          中日新聞プラス 重水素標識技術に関連した解説

          4 重水素ってなんだ?:第1話:水素と重水素 〜重い水素の正体

          5 重水素ってなんだ?:第2話:重水素標識化合物は簡単に作れるのか? 〜重水中で生物は生存できるか?〜 

          6 重水素ってなんだ?:第3話:重水素標識化合物の産業的・科学的有効活用法

「既存の不均一系白金属触媒が潜在的に保有する未知の機能性(触媒活性)の開拓」

  →詳細はこちら  Heterocycles,91,239-264(2015) Catalysts,5,18-25(2015) , 岐阜薬科大学紀要, 62, 57-67 (2013) , フロー接触還元

「カチオン種の新規発生法に基づく効率的骨格構築法の開発」

「芳香族塩素化合物からの簡便脱塩素化法を開発してダイオキシン、DDT、PCBの 分解無毒化に応用する」

  →詳細はこちら  Heterocycles,90,186-197(2015)

「次世代エネルギーシステムの構築を指向した新しい反応開発                           

  →詳細はこちら 機械エネルギーで水から水素を製造する次世代エネルギー  読売新聞 平成29年3月15日朝刊30面
          岐阜新聞 2016年12月22日(木)朝刊

          中日新聞プラス 地球温暖化に関連した解説

          1 地球温暖化を考える: 第1話:「米パリ協定離脱」将来の地球環境は大丈夫か?

          2 地球温暖化を考える: 第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源 

          3 地球温暖化を考える:第3話:水から水素を簡単に取り出す!! 次世代エネルギー製造法への挑戦   

          キヤノン財団「リユニオン」

          毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20190217/ddl/k21/040/094000c

          岐阜新聞 https://www.gifu-np.co.jp/news/20190215/20190215-114304.html

インフォメーション

2019/4/15

論文が1報掲載されました。

Microwave-mediated site-selective heating of spherical-carbon-bead-supported platinum for the continuous, efficient catalytic dehydrogenative aromatization of saturated cyclic hydrocarbons
Tomohiro Ichikawa, Tomohiro Matsuo, Takumu Tachikawa, Tsuyoshi Yamada,Takeo Yoshimura, Masatoshi Yoshimura, Yukio Takagi, Yoshinari Sawama, Jun–ichi Sugiyama, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki
ACS Sustain. Chem. Eng. 7 (3),  3052–3061 (2019).
DOI: 10.1021/acssuschemeng.8b04655
ACSSCE
ACSSCE

2019/4/12

D3の安川直樹君の論文がSynfactsに掲載されました。

Synthesis of Pyrroles from 3,6-Dihydro-2H-1,2-oxazines on Cu/C Contributor(s): Yasuhiro Uozumi, Shiguang Pan

Synfacts 2019; 15(01): 0074

DOI: 10.1055/s-0037-1611158

元の論文はこちら

Copper-catalyzed pyrrole synthesis from 3,6-dihydro-1,2-oxazines
Naoki Yasukawa, Marina Kuwata, Takuya Imai, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki, Yoshinari Sawama
Green Chem., 20, 4409-4413 (2018)
DOI:10.1039/C8GC01373J
GC2018-2

 

 

D4の川尻貴大君のCoverPictureが掲載されました。

(クリックで拡大します)

JOC

論文はこちら

Chemoselective Nucleophilic Functionalizations of Aromatic Aldehydes and Acetals via Pyridinium Salt Intermediates
Takahiro Kawajiri, Maho Kato, Hiroki Nakata, Ryota Goto, Shin-yo Aibara, Reiya Ohta, Hiromichi Fujioka, Hironao Sajiki* and Yoshinari Sawama*
J.Org.Chem., 84, 3853-3870(2019)

DOI: 10.1021/acs.joc.8b02965

JOC2019

 

 

2019/4/3

平成20年度まで当研究室の講師を務めておられた前川智弘 先生 が平成31年4月1日付で近畿大学薬学部 教授に昇任されました。

まことにおめでとうございます。

 

2019/4/2

市川智大くんが博士号を授与されました。

D2の朴貴煥君が2018年度笹川科学研究奨励賞の内定を受けました。

市川智大君と中野晃宏君が平成30年度岐阜薬科大学学生表彰を受けました。

おめでとうございます。

 

2019/3/6

B6の阪一穂くんが2019年度笹川科学研究助成の内定を受けました。

研究題目

「異種金属協調触媒系による2-プロパノールを水素源とした還元反応の開発」

 

2/14のプレスリリース内容について、中日新聞に記事が掲載されました。

中日新聞Web(2019年3月1日)

「低電力で水素製造、実験成功 岐阜薬科大研究グループ」

https://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20190301/
CK2019030102000019.html

中日新聞190301中日新聞2019年3月1日掲載

 

2017年度薬品化学研究室MVS(Most Valuable Student)は市川智大くんでした。

おめでとうございます。

市川

 

2019/2/19

2019年2月14日に安価で安全に水素を連続製造する技術を確立したとして、プレスリリースを行いました。

プレスリリース資料

プレスリリース参考資料(ダイジェスト版)

プレスリリース参考資料(完全版)

 

また、岐阜新聞(2/15 30面)、毎日新聞(2/17 23面)に掲載されました。(画像をクリックするとPDFをご覧いただけます。)

岐阜新聞190215

岐阜新聞 2019年2月15日(金)30面掲載

https://www.gifu-np.co.jp/news/20190215/20190215-114304.html

毎日新聞190217毎日新聞2019年2月17日23面掲載

https://mainichi.jp/articles/20190217/ddl/k21/040/094000c

 

2019/2/14に平成30年度有機合成化学奨励賞の表彰式が行われ、澤間善成准教授が平成30年度有機合成化学奨励賞を受賞しました。

澤間先生平成30年度有機合成化学奨励賞

 

 

2019/1/22

Chem. Rec.誌の「Special Issue: Flow/Microwave Chemistry」特集号(1/2019)にPersonal Review論文が1報掲載され、Cover Picture に採用されました。

CRcoverpicture

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1002/tcr.201980101

Chem. Rec.誌の「Special Issue: Flow/Microwave Chemistry」特集号(1/2019)

Editorial Flow/Microwave Chemistry Hironao Sajiki

 

Continuous‐Flow Suzuki‐Miyaura and Mizoroki‐Heck Reactions under Microwave Heating Conditions

Yasunari Monguchi,* Tomohiro Ichikawa, Tsuyoshi Yamada, Yoshinari Sawama and Hironao Sajiki*

The Chemical Record (Personal Accounts by Leading Experts, Guest Ed. by Hironao Sajiki) , 19, 3-14 (2019)  Open Access

dot-yHilighted in Hot Topic: C-C Coupling

(Wiley Online Library: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/toc/10.1002/(ISSN)1867-3899.hottopic-c-c-coupling)

CR2018

 

2018/12/21

特許が1件認められました。

脱保護方法

特願2015-510137(2014年4月3日)

公開日(2017年2月16日)

特許第6428604号(2018年11月9日)

 

2018/12/11

澤間善成 准教授(薬品化学研究室)が平成30年度有機合成化学奨励賞を受賞しました。

岐阜薬科大学からは初めての受賞でまさに快挙です。

澤間先生は,有機化学者があまり意識することなく使用しているH2を取り巻く現状に興味を持ち, CO2フリーで進行する H2発生法を基盤とした環境調和型実用的有機合成法を開発しました。

これらは,次世代エネルギーの創生や地球温暖化対策としても利用価値が高く、遊星型ボールミルや 減圧反応装置など、有機反応には馴染みのない装置を積極的に取り込み,ユニークな発想に基づ く反応開発を展開した点は見事であるとして、その業績は有機合成化学奨励賞に値するものと認められ 選定されました。

https://www.ssocj.jp/wp-content/uploads/2018/12/Yoshinari_Sawama.pdf

 

INFORMATION一覧はこちらをご覧ください

 

 

back

 

薬品化学研究室で開発した触媒
Pd/C(Ph2) Pd/C(en) Pd/PEI
10% PD/C(Ph2S)触媒
製品名:SGS-10DR

(左)Pd/C(en)触媒


(中央・右)Pd/Fib

(左)Pd/C(en)触媒     

(左から 5% 5g,

      10% 5g,

      5% 25g)


(右)Pd/PEI

エヌ・イー・ケムキャット株式会社より 市販中

詳しくはこちら
(Adv. Synth. Catal. 350, 406-410 (2008))

和光純薬工業株式会社より 市販中

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol77,No.3 (2009)(pdf.1.45MB)

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol22(2008)(pdf.1.95MB)

 

 

 

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.
〒501-1196 岐阜県岐阜市大学西1-25-4  岐阜薬科大学 薬品化学研究室  TEL:058-230-8100(代表)  FAX:058-230-8105