ライン

 

ライン

 岐阜薬科大学 創薬化学大講座 薬品化学研究室へようこそ。

 薬品化学研究室では、有機化学を基盤において、環境に配慮した(環境調和型)新しい反応や 触媒を開発し、

 それらを医薬品化学・プロセス化学・環境科学に応用していく研究を行っています。

 こちらも併せてご覧下さい → 岐阜薬科大学 薬品化学研究室紹介ページ

 

研究テーマ

「新しい不均一系機能性触媒の開発」

  →詳細はこちら 研究概要:pdf岐阜薬科大学紀要, 59, 8-16 (2010)岐阜薬科大学紀要, 57, 45-54 (2008)
          Organic Square
, 22, 2-4 (2008)有機合成化学協会誌, 63, 1218-1231 (2005)
          有機合成化学協会誌, 59, 109-120 (2001) ,固定化触媒のルネッサンス ,フロー接触還元

「重水素(D)標識化法の開発

  →詳細はこちら 研究概要:pdf薬学雑誌(総説),133 (11), 1177-1193 (2013)岐阜薬科大学紀要, 60, 41-50 (2011)
          化学と教育
, 61(8),404-407 (2013)有機合成化学協会誌, 65, 1179-1190 (2007)
          Organic Squere36Organic Squere35 , ChemStation ,  

「既存の不均一系白金属触媒が潜在的に保有する未知の機能性(触媒活性)の開拓」

  →詳細はこちら  Heterocycles,91,239-264(2015) Catalysts,5,18-25(2015) , 岐阜薬科大学紀要, 62, 57-67 (2013) , フロー接触還元

「カチオン種の新規発生法に基づく効率的骨格構築法の開発」

「芳香族塩素化合物からの簡便脱塩素化法を開発してダイオキシン、DDT、PCBの 分解無毒化に応用する」

  →詳細はこちら  Heterocycles,90,186-197(2015)

「次世代エネルギーシステムの構築を指向した新しい反応開発                           

  →詳細はこちら 機械エネルギーで水から水素を製造する次世代エネルギー

 

インフォメーション

2017/6/22new

論文が1報掲載され、Hot Paperとして採択されるとと同時に表紙を飾りました。

CEJ2017

Palladium on carbon should be a conductor, who controls the tempo and rhythm of three reactions with excellent harmony, leading to the simultaneous reactions

 

<論文>Selected as a Hot paper!!

Heterogeneous One-Pot Carbonylation and Mizoroki–Heck Reaction in a Parallel Manner Following the Cleavage of Cinnamaldehyde Derivatives,
T. Hattori, S. Ueda, R. Takakura, Y. Sawama, Y. Monguchi, H. Sajiki, ,
Chem. Eur. J, 23, 8196–8202 (2017)
DOI:10.1002/chem.201606048

CEJ8196

2017/6/20new

中日新聞プラス 達人に訊け! 岐阜薬科大学のあなたの健康に役立つ話 に佐治木弘尚教授の記事が掲載されました。

「地球温暖化を考える 〜第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源〜」

詳細は中日新聞プラスをご覧下さい。

http://chuplus.jp/blog/article/detail.php?comment_id=6610&comment_sub_id=0&category_id=286

 

2017/6/13

中日新聞プラス 達人に訊け! 岐阜薬科大学のあなたの健康に役立つ話 に佐治木弘尚教授の記事が掲載されました。

「地球温暖化を考える 〜第1話:「米パリ協定離脱」将来の地球環境は大丈夫か?〜」

詳細は中日新聞プラスをご覧下さい。

http://chuplus.jp/blog/list.php?category_id=286

 

2017/5/1

論文が1報掲載されました。

Cyclic Ether Synthesis from Diols using Trimethyl Phosphate,
Shota Asai, Maho Kato, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki, Yoshinari Sawama
ChemCommun., 53, 4787-4790 (2017) 
DOI: 10.1039/C7CC01514C 
 CC2017

2017/4/27new

D2の川尻貴大君が平成28年度笹川化学研究奨励賞を受賞しました。

2017年4月21日に笹川科学研究奨励賞受賞研究発表会がANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催され、本学大学院博士課程2年の川尻貴大君(薬品化学研究室)が平成28年度笹川科学研究奨励賞を受賞しました。

本賞は笹川科学研究助成化学系選考委員会において優れた研究行ったと認められた学生に贈られています。

研究題目は「ステンレスボールの衝突エネルギーを利用したメカノケミカル反応」で、水から水素を製造する手法の効率化と新たな展開を見出したことが高く評価されました。

kawajiri  kawajiri

 

D1の安川直樹君が日本薬学会第137年会優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました。

2017年3月24〜27日に日本薬学会第137年会が仙台にて開催され、本学大学院博士課程1年の安川直樹君(薬品化学研究室)が日本薬学会第137年会優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました。

本賞は日本薬学会第137年会おいて特に優秀な口頭発表を行った学生に贈られています。

演題は「シクロヘキサジエン類の触媒的脱水素反応を鍵とするビアリール合成法の開発」で、通常化学当論量以上の酸化剤を必要とする反応をパラジウム触媒的に進行させた環境調和型の手法として高く評価されました。

安川_日本薬学会第137年会優秀発表賞

 

D1の倉稜弥君とD1の安川直樹君が「平成29年度岐阜薬科大学成長支援助成金」に採択されました。

 4/26水)に顕彰式が行われました。

H29チャレンジ助成金

 

2017/4/14

Chem. Eur. J.に投稿した当研究室の研究成果が、Hot Paperとして採択されるとと同時に表紙を飾ることとなりました。

CEJ2017

Palladium on carbon should be a conductor, who controls the tempo and rhythm of three reactions with excellent harmony, leading to the simultaneous reactions

 

<採択された論文>

Heterogeneous One-Pot Carbonylation and Mizoroki–Heck Reaction in a Parallel Manner Following the Cleavage of Cinnamaldehyde Derivatives,
T. Hattori, S. Ueda, R. Takakura, Y. Sawama, Y. Monguchi, H. Sajiki, ,
Chem. Eur. J, inpress
DOI:10.1002/chem.201606048

 

D2の川尻貴大君が平成28年度笹川科学研究奨励賞に内定しました。

 

D1の倉稜弥君、安川直樹君が平成29年度岐阜薬科大学成長支援助成金に採択されました。

 

B5の中野晃宏君が平成29年度岐阜薬科大学村山記念奨学金を受給しました。

 

INFORMATION一覧はこちらをご覧ください

 

 

back

 

薬品化学研究室で開発した触媒
Pd/C(Ph2) Pd/C(en) Pd/PEI
10% PD/C(Ph2S)触媒
製品名:SGS-10DR

(左)Pd/C(en)触媒


(中央・右)Pd/Fib

(左)Pd/C(en)触媒     

(左から 5% 5g,

      10% 5g,

      5% 25g)


(右)Pd/PEI

エヌ・イー・ケムキャット株式会社より 市販中

詳しくはこちら
(Adv. Synth. Catal. 350, 406-410 (2008))

和光純薬工業株式会社より 市販中

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol77,No.3 (2009)(pdf.1.45MB)

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol22(2008)(pdf.1.95MB)

 

 

 

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.
〒501-1196 岐阜県岐阜市大学西1-25-4  岐阜薬科大学 創薬化学大講座 薬品化学研究室  TEL:058-230-8100(代表)  FAX:058-230-8105