ライン

 

ライン

 岐阜薬科大学 創薬化学大講座 薬品化学研究室へようこそ。

 薬品化学研究室では、有機化学を基盤において、環境に配慮した(環境調和型)新しい反応や 触媒を開発し、

 それらを医薬品化学・プロセス化学・環境科学に応用していく研究を行っています。

 こちらも併せてご覧下さい → 岐阜薬科大学 薬品化学研究室紹介ページ

 

研究テーマ

「新しい不均一系機能性触媒の開発」

  →詳細はこちら 研究概要:pdf岐阜薬科大学紀要, 59, 8-16 (2010)岐阜薬科大学紀要, 57, 45-54 (2008)
          Organic Square
, 22, 2-4 (2008)有機合成化学協会誌, 63, 1218-1231 (2005)
          有機合成化学協会誌, 59, 109-120 (2001) ,固定化触媒のルネッサンス ,フロー接触還元

「重水素(D)標識化法の開発

  →詳細はこちら 研究概要:pdf薬学雑誌(総説),133 (11), 1177-1193 (2013)岐阜薬科大学紀要, 60, 41-50 (2011)
          化学と教育
, 61(8),404-407 (2013)有機合成化学協会誌, 65, 1179-1190 (2007)
          Organic Squere36Organic Squere35 , ChemStation ,  

「既存の不均一系白金属触媒が潜在的に保有する未知の機能性(触媒活性)の開拓」

  →詳細はこちら  Heterocycles,91,239-264(2015) Catalysts,5,18-25(2015) , 岐阜薬科大学紀要, 62, 57-67 (2013) , フロー接触還元

「カチオン種の新規発生法に基づく効率的骨格構築法の開発」

「芳香族塩素化合物からの簡便脱塩素化法を開発してダイオキシン、DDT、PCBの 分解無毒化に応用する」

  →詳細はこちら  Heterocycles,90,186-197(2015)

「次世代エネルギーシステムの構築を指向した新しい反応開発

  →詳細はこちら 機械エネルギーで水から水素を製造する次世代エネルギー

 

インフォメーション

2016/7/21new

論文がSynfactsで紹介されました。

Synfacts 2016; 12(07): 0753
DOI: 10.1055/s-0035-1562269
Polymer-Supported Synthesis
Selective Cleavage of Carbon–Carbon Bonds with Palladium/Carbon

Contributor(s): Yasuhiro Uozumi, Shiguang Pan

 

(紹介された論文はこちら)

Switching the cleavage sites in palladium on carbon-catalyzed carbon–carbon bond disconnection
Tomohiro Hattori, Ryoya Takakura, Tomohiro Ichikawa, Yoshinari Sawama, Yasunari Monguchi,* and Hironao Sajiki*
J. Org.Chem, 81, 2737-2743 (2016)
DOI: 10.1021/acs.joc.5b02632
dot-yHighlighted in Synfacts, 12, 753 (2016)
DOI: 10.1055/s-0035-1562269
JOC2016-2

 

2016/7/4new

論文が4報掲載されました。

Additional Nucleophile-Free FeCl3-Catalyzed Green Deprotection of 2,4-Dimethoxyphenylmethyl-Protected Alcohols and Carboxylic acids
Yoshinari Sawama,* Masahiro Masuda, Akie Honda, Hiroki Yokoyama, Kwihwan Park, Naoki Yasukawa, Yasunari Monguchi and
Hironao Sajiki*
Chem. Pharm. Bull. (the Novel Prize memorial issue for Prof. Satoshi Omura),64, 778-784 (2016)
DOI: http://doi.org/10.1248/cpb.c16-00161
chem.pharm.bull2016

 

Palladium-Catalyzed C-H Monoalkoxylation of α,β-Unsaturated Carbonyl Compounds
Monguchi, Yasunari; Kunishima, Kouki; Hattori, Tomohiro; Takahashi, Tohru; Shishido, Yuko; Sawama, Yoshinari; Sajiki, Hironao
ACS Catalysis, 6, 3994-3997 (2016)
DOI: 10.1021/acscatal.6b01084
ACScatalyst

 

Disiloxane Synthesis Based on Silicon-Hydrogen Bond Activation Using Gold and Platinum on Carbon in Water or Heavy Water
Yoshinari Sawama,a* Masahiro Masuda,a Naoki Yasukawa,a Ryosuke Nakatani, a Shumma Nishimura, a Kyoshiro Shibata, a Tsuyoshi Yamada, a Yasunari Monguchi a Hiroyasu Suzuka,b Yukio Takagic and Hironao Sajiki a *
J.Org.Chem., 81, 4190-4195 (2016)
DOI: 10.1021/acs.joc.6b00556
JOC2016

 

Switching the cleavage sites in palladium on carbon-catalyzed carbon–carbon bond disconnection
Tomohiro Hattori, Ryoya Takakura, Tomohiro Ichikawa, Yoshinari Sawama, Yasunari Monguchi,* and Hironao Sajiki*
J. Org.Chem, 81, 2737-2743 (2016)
DOI: 10.1021/acs.joc.5b02632
JOC2016-2

 

2016/6/9

D1の市川智大君と川尻貴大君が「平成28年度岐阜薬科大学成長支援助成金」に採択されました。

 6/8(水)に顕彰式が行われました。

チャレンジ助成金

2016/5/20

2016年6月2~3日に開催される、第5回JACI/GSCシンポジウムにてポスター発表を2件行います。

B-39 第1級アルコールからのPd/C触媒的脱水素反応を利用した水素合成法
◯ 浅井 彰太, 澤間 善成, 森田 康介, 門口 泰也, 佐治木 弘尚

C-85 新規機能性を有する環境調和型パラジウム触媒の開発研究:官能基選択的接触還元反応と芳香族塩素化合物の 鈴木−宮浦反応
◯ 市川 智大, 服部 倫弘, 澤間 善成, 門口 泰也, 佐治木 弘尚

 

2016年6月8〜9日に開催される第109回有機合成シンポジウムにて口頭発表を1件行います。

固体塩基を触媒とした末端アルキンおよびニトロメタンの重水素標識化とその応用
○山田強、鍬田麻里奈、澤間善成、門口泰也、佐治木弘尚

 

2016年7月9日に開催される第62回日本薬学会東海支部 総会・大会にて口頭発表を2件行います。

リン酸トリメチルで活性化した水酸基の脱離を伴う官能基変換法の開発
○浅井 彰太1、澤間 善成1、加藤 万帆1、門口 泰也1、佐治木 弘尚1

ニトリルの不均一系白金族触媒的接触還元と反応機構に関する研究
門口泰也,○水野将弘, 市川智大, 藤田有希, 高橋徹, 村上絵里, 重面匡宏, 服部倫弘, 前川智弘, 澤間善成, 佐治木弘尚

 

2016/3/18

岡田倫英さんが博士号(博士(薬学))を取得しました。

 「次亜塩素酸ナトリウム5水和物を用いた酸化反応に関する研究」

2016/3/26-29に開催される日本薬学会第136年会で11件発表を行います。

 詳しくはこちらをご覧下さい。

当研究室の論文がOrganic Chemistry Portalで紹介されました。
Highlighted in Organic Chemistry Portal, March 14 (2016)

(紹介された論文)

Palladium on Carbon-Catalyzed Aqueous Transformation of Primary Alcohols to Carboxylic Acids Based on Dehydrogenation under Mildly Reduced Pressure

Yoshinari Sawama, Kosuke Morita, Shota Asai, Masami Kozawa, Shinsuke Tadokoro, Junichi Nakajima,b Yasunari Monguchi and Hironao Sajiki
Adv. Synth. Catal., 357, 1205-1210 (2015)
DOI: 10.1002/adsc.201401123
Highlighted in Synfacts, 11(7),783 (2015)
Highlighted in Organic Chemistry Portal, March 14 (2016)

ASC,357,1205(2015)

2016/3/14

B6の川尻貴大君が平成28年度笹川科学研究助成学術研究部門一般科学研究に採用されました。

 

薬事日報 2016年3月4日号 8面に薬品化学研究室の最新の成果が紹介されました。

(研究戦略-YAKU学の研究現場から No.104  ”グリーンサステイナブルな 反応開発から水素社会への貢献を目指して”)

 詳しくはこちら(PDF)をご覧下さい。

薬事日報2016年3月4日号

2016/2/26

総説が1報掲載されました

Versatile Oxidation Methods for Organic and Inorganic Substrates Catalyzed by Platinum-Group Metals on Carbons
Yoshinari Sawama,* Shota Asai, Yasunari Monguchi, and Hironao Sajiki*
The Chemical Record (Personal Account), 16, 261-272 (2016)
DOI: 10.1002/tcr.201500217
 CR2015

 

-----アルコールの酸化にもう酸化剤は必要ない-----

Rh/CPd/C触媒存在下に、水中で加熱するだけでアルコールが酸化され、水素ガスが定量的に発生する反応を開発しました。

二級アルコールはケトンに、一級アルコールはカルボン酸に効率良く変換されます。Rh/C、Pd/Cは溶媒(この反応では水)に溶けないので回収・再利用ができます。

これまでのアルコールの酸化で使われていたクロム酸、過酸化水素、過酸、酸素などの酸化剤はもう必要ありません。水とアルコールそして不均一触媒を混ぜるだけで反応が進行します。

RT20151026

INFORMATION一覧はこちらをご覧ください

 

 

back

 

薬品化学研究室で開発した触媒
Pd/C(Ph2) Pd/C(en) Pd/PEI
10% PD/C(Ph2S)触媒
製品名:SGS-10DR

(左)Pd/C(en)触媒


(中央・右)Pd/Fib

(左)Pd/C(en)触媒     

(左から 5% 5g,

      10% 5g,

      5% 25g)


(右)Pd/PEI

エヌ・イー・ケムキャット株式会社より 市販中

詳しくはこちら
(Adv. Synth. Catal. 350, 406-410 (2008))

和光純薬工業株式会社より 市販中

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol77,No.3 (2009)(pdf.1.45MB)

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol22(2008)(pdf.1.95MB)

 

 

 

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.
〒501-1196 岐阜県岐阜市大学西1-25-4  岐阜薬科大学 創薬化学大講座 薬品化学研究室  TEL:058-230-8100(代表)  FAX:058-230-8105