ライン

 

ライン

 岐阜薬科大学 創薬化学大講座 薬品化学研究室へようこそ。

 薬品化学研究室では、有機化学を基盤において、環境に配慮した(環境調和型)新しい反応や 触媒を開発し、

 それらを医薬品化学・プロセス化学・環境科学に応用していく研究を行っています。

 こちらも併せてご覧下さい → 岐阜薬科大学 薬品化学研究室紹介ページ

 

研究テーマ

「新しい不均一系機能性触媒の開発」

  →詳細はこちら 研究概要:pdf岐阜薬科大学紀要, 59, 8-16 (2010)岐阜薬科大学紀要, 57, 45-54 (2008)
          Organic Square
, 22, 2-4 (2008)有機合成化学協会誌, 63, 1218-1231 (2005)
          有機合成化学協会誌, 59, 109-120 (2001) ,固定化触媒のルネッサンス ,フロー接触還元

「重水素(D)標識化法の開発

  →詳細はこちら 研究概要:pdf薬学雑誌(総説),133 (11), 1177-1193 (2013)岐阜薬科大学紀要, 60, 41-50 (2011)
          化学と教育
, 61(8),404-407 (2013)有機合成化学協会誌, 65, 1179-1190 (2007)
          Organic Squere36Organic Squere35 , ChemStation ,  

「既存の不均一系白金属触媒が潜在的に保有する未知の機能性(触媒活性)の開拓」

  →詳細はこちら  Heterocycles,91,239-264(2015) Catalysts,5,18-25(2015) , 岐阜薬科大学紀要, 62, 57-67 (2013) , フロー接触還元

「カチオン種の新規発生法に基づく効率的骨格構築法の開発」

「芳香族塩素化合物からの簡便脱塩素化法を開発してダイオキシン、DDT、PCBの 分解無毒化に応用する」

  →詳細はこちら  Heterocycles,90,186-197(2015)

「次世代エネルギーシステムの構築を指向した新しい反応開発                           

  →詳細はこちら 機械エネルギーで水から水素を製造する次世代エネルギー

 

インフォメーション

2017/2/3new

当研究室修士課程2年の安川直樹君のHeterocycles Award受賞記事がHeterocycles誌Webサイトへ掲載されました。

https://www.heterocycles.jp/newlibrary/heterocycles_award

 

2017/1/26

論文が1報掲載されました。new

Phosphate-Mediated Enyne Synthesis from Allenols
Shota Asai, Maho Kato, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki* and Yoshinari Sawama*
ChemistrySelect, 2, 876-878 (2017)
DOI: 10.1002/slct.201601789
ChemistrySelect

 

2017/1/17new

当研究室からAdvanced Synthesis & Catalysis誌に投稿した論文が「Very Important Publication(VIP)」として選抜され、Front Cover Picture (DOI: 10.1002/adsc.201600577)を飾りました。

     ASC_coverpic

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/adsc.201601185/fullより転載)

Site-selective Iron(III) Chloride-Catalyzed Arylation of 4-Aryl-4-methoxy-2,5-cyclohexadienones for Synthesis of Poly-arylated Phenols
Yoshinari Sawama,*a Masahiro Masuda,a Ryosuke Nakatani,a Hiroki Yokoyama,a Yasunari Monguchi,a Toshifumi Dohi,b Yasuyuki Kita,b and Hironao Sajikia*
(a Gifu Pharmaceutical University,b College of Pharmaceutical Sciences, Ritsumeikan University)
Adv. Synth. Catal., 358, 3683–3687 (2016)
ASC

 

論文が2報掲載されました。

Amphipathic monolith-supported palladium catalysts for chemoselective hydrogenation and cross-coupling reactions
Yasunari Monguchi,* Fumika Wakayama, Shun Ueda, Ryo Ito, Hitoshi Takada, Hiroshi Inoue, Akira Nakamura, Yoshinari Sawama
and Hironao Sajiki*
RSC Adv. 7, 1833-1840 (2017)
DOI: 10.1039/C6RA24769E  Open Access!!

RSC

 

Palladium on Carbon-Catalyzed Chemoselective Oxygen Oxidation of Aromatic Acetals
Naoki Yasukawa, Shota Asai, Maho Kato, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki* and Yoshinari Sawama*
Org. Lett., 18, 5604-5607 (2016)
OL2016

 

 

2017/1/5

総説が1報掲載されました。

Recent Development of Palladium-supported Catalysts for Chemoselective Hydrogenation
Yasunari Monguchi,* Tomohiro Ichikawa, Hironao Sajiki*
Chem. Pharm. Bull. (Current Topics), 65, 2-9 (2017)
Open Access!!
chem.pharm.bull_account

 

2016/12/27

「水から水素、容易に分離 岐阜薬科大教授ら燃料電池利用に期待」として、薬品化学研究室の研究が岐阜新聞2016年12月22日(木)朝刊30面で紹介されました。

 詳しくはPDF(岐阜新聞社2016年12月22日(木)掲載)

 もしくは岐阜新聞Web版(https://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20161222/201612220847_28667.shtml)

 をご覧下さい。

岐阜新聞社2016年12月22日掲載

(岐阜新聞社2016年12月22日掲載)

 

ボールミル隊

(研究メンバー:岐阜新聞社報道部 古家政徳氏撮影)

 

2016年11月14日〜16日に日本化学会秋季事業 第6回CSJ化学フェスタ2016がタワーホール船堀にて開催され、博士課程1年の川尻貴大君が優秀ポスター発表賞を受賞しました。

 

発表タイトル

芳香族アルデヒドを基質とした官能基選択的求核種導入反応と応用
○川尻貴大、後藤諒太、門口泰也、藤岡弘道、佐治木弘尚、澤間善成

川尻CSJ優秀発表賞

 

2016/11/18

D4の浅井彰太君が平成29年度上原記念生命科学財団リサーチフェローシップに内定し、学位取得後、米国スクリプス研究所上原記念生命科学財団リサーチフェロー(Phil Baran教授)として内定しました。

D3の山田強君が学位取得後、独国ハイデルベルグ大学 DC・PD研究員(A. Stephen K. Hashmi教授)として内定しました。

 

2016/11/10

M2の安川直樹君が化学ポータルサイトChem-Stationスポットライトリサーチ「ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒」で紹介されました。

詳しくは

Chem-Station(http://www.chem-station.com/blog/2016/11/sajiki.html)をご覧下さい。

Chem-Station

 

 

2016/11/1

2016年10月30日に日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2016が長良川国際会議場にて開催され、博士課程1年の川尻貴大君(薬品化学研究室)がベストプレゼン賞を受賞しました。

 

発表タイトル

アルデヒド由来シリルエノラートを用いた芳香族アルデヒド選択的求核種導入反応の開発
○川尻貴大、門口泰也、藤岡弘道、佐治木弘尚、澤間善成

 

161030PSJ

 

2016/10/19

論文が2報掲載されました。

  1. Mild and Direct Multiple Deuterium-Labeling of Saturated Fatty Acids
    Tsuyoshi Yamada, Kwihwan Park, Naoki Yasukawa, Kosuke Morita, Yasunari Monguchi, Yoshinari Sawama* and Hironao Sajiki*
    Adv. Synth.Catal., 358,3277-3282 (2016)
    DOI 10.1002/adsc.201600363
    ASC2016
  2. Palladium on carbon-catalyzed C–H amination for synthesis of carbazoles and its mechanistic study
    Yasunari Monguchi,* Hiroki Okami, Tomohiro Ichikawa, Kei Nozaki, Toshihide Maejima, Yasunori Oumi, Yoshinari Sawama, and Hironao Sajiki*
    Adv. Synth. Catal., 358,3145-3151 (2016)
    DOI 10.1002/adsc.201600299
    ASC2016_2

2016/10/17

大学院博士課程1年 川尻貴大 君が平成29年度日本学術振興会
特別研究員(DC1)として選考されました。

2016/9/28

第46回複素環化学討論会でM2の安川直樹君がHeterocycles賞
(学生講演賞)を受賞しました。

発表タイトル

1O-11パラジウム炭素触媒とした芳香族環状アセタール の酸素酸化反応
(岐阜薬大)
澤間善成、○安川直樹、浅井彰太、加藤万帆、門口泰也、佐治木弘尚

Heterocycles賞_安川直樹

 

-----アルコールの酸化にもう酸化剤は必要ない-----

Rh/CPd/C触媒存在下に、水中で加熱するだけでアルコールが酸化され、水素ガスが定量的に発生する反応を開発しました。

二級アルコールはケトンに、一級アルコールはカルボン酸に効率良く変換されます。Rh/C、Pd/Cは溶媒(この反応では水)に溶けないので回収・再利用ができます。

これまでのアルコールの酸化で使われていたクロム酸、過酸化水素、過酸、酸素などの酸化剤はもう必要ありません。水とアルコールそして不均一触媒を混ぜるだけで反応が進行します。

RT20151026

INFORMATION一覧はこちらをご覧ください

 

 

back

 

薬品化学研究室で開発した触媒
Pd/C(Ph2) Pd/C(en) Pd/PEI
10% PD/C(Ph2S)触媒
製品名:SGS-10DR

(左)Pd/C(en)触媒


(中央・右)Pd/Fib

(左)Pd/C(en)触媒     

(左から 5% 5g,

      10% 5g,

      5% 25g)


(右)Pd/PEI

エヌ・イー・ケムキャット株式会社より 市販中

詳しくはこちら
(Adv. Synth. Catal. 350, 406-410 (2008))

和光純薬工業株式会社より 市販中

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol77,No.3 (2009)(pdf.1.45MB)

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol22(2008)(pdf.1.95MB)

 

 

 

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.
〒501-1196 岐阜県岐阜市大学西1-25-4  岐阜薬科大学 創薬化学大講座 薬品化学研究室  TEL:058-230-8100(代表)  FAX:058-230-8105