ライン

 

ライン

 岐阜薬科大学 創薬化学大講座 薬品化学研究室へようこそ。

 薬品化学研究室では、プロセス化学、有機合成化学、創薬化学、環境化学への実用的貢献を目標として活発に研究し、60件超の特許を保有しています。特に「安全」、「環境負荷低減」、「コスト」、「反応効率」をキーワードとした「機能性新規触媒の開発研究」は「連続フロー合成への適用」に向けて展開させており、既に12種類の官能基選択的接触還元触媒を実用化しました。

 また、ルイス酸触媒やカチオン種に注目した新しい有機分子構築法の開発と、独自に開発した方法論を応用した全合成研究にも取り組んでいます。

 なお、当研究室独自の触媒的重水素標識法は、重水素標識試薬販売・受託合成事業として実用化されるとともに、残留農薬や医薬品代謝物定量用サロゲート化合物への応用、あるいはヘビードラッグ開発研究へと展開しています。

 さらに水や炭化水素から水素ガスをメカノ反応的に取り出したり、メチルシクロヘキサンやアルコール類などの有機ケミカルハイドライドから、マイクロウェーブエネルギーを利用したフロー連続反応で水素を取り出すなど、次世代エネルギーの創製研究にも携わっており、地球温暖化対策に向けた実用的研究展開にも積極的取り組んでいます。

 また、研究室所属で申請資格のある博士(後期)課程大学院生が、全員「日本学術振興会特別研究員」に採用されるなど、活発な研究・教育活動を展開しています。

 

 こちらも併せてご覧下さい → 岐阜薬科大学 薬品化学研究室紹介ページ
                有機合成化学協会誌, 71, 405 (2013) 巻頭言

 

研究テーマ

「新しい不均一系機能性触媒の開発」

  →詳細はこちら Chem. Pharm. Bull. 65, 2–9 (2017),
          研究概要:pdf岐阜薬科大学紀要, 59, 8-16 (2010)岐阜薬科大学紀要, 57, 45-54 (2008)
          Organic Square
, 22, 2-4 (2008)有機合成化学協会誌, 63, 1218-1231 (2005)
          有機合成化学協会誌, 59, 109-120 (2001) ,固定化触媒のルネッサンス ,フロー接触還元

「重水素(D)標識化法の開発」

  →詳細はこちら 研究概要:pdf薬学雑誌(総説),133 (11), 1177-1193 (2013)岐阜薬科大学紀要, 60, 41-50 (2011)
           化学と教育
, 61(8),404-407 (2013)有機合成化学協会誌, 65, 1179-1190 (2007)
           Organic Squere36Organic Squere35 , ChemStation , Chem. Pharm. Bull. (Current Topics), 66, 21-28 (2018)
          中日新聞プラス 重水素標識技術に関連した解説

          4 重水素ってなんだ?:第1話:水素と重水素 〜重い水素の正体

          5 重水素ってなんだ?:第2話:重水素標識化合物は簡単に作れるのか? 〜重水中で生物は生存できるか?〜 

          6 重水素ってなんだ?:第3話:重水素標識化合物の産業的・科学的有効活用法

「既存の不均一系白金属触媒が潜在的に保有する未知の機能性(触媒活性)の開拓」

  →詳細はこちら  Heterocycles,91,239-264(2015) Catalysts,5,18-25(2015) , 岐阜薬科大学紀要, 62, 57-67 (2013) , フロー接触還元

「カチオン種の新規発生法に基づく効率的骨格構築法の開発」

「芳香族塩素化合物からの簡便脱塩素化法を開発してダイオキシン、DDT、PCBの 分解無毒化に応用する」

  →詳細はこちら  Heterocycles,90,186-197(2015)

「次世代エネルギーシステムの構築を指向した新しい反応開発                           

  →詳細はこちら 機械エネルギーで水から水素を製造する次世代エネルギー  読売新聞 平成29年3月15日朝刊30面
          岐阜新聞 2016年12月22日(木)朝刊

          中日新聞プラス 地球温暖化に関連した解説

          1 地球温暖化を考える: 第1話:「米パリ協定離脱」将来の地球環境は大丈夫か?

          2 地球温暖化を考える: 第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源 

          3 地球温暖化を考える:第3話:水から水素を簡単に取り出す!! 次世代エネルギー製造法への挑戦   

          キヤノン財団「リユニオン」

インフォメーション

2018/10/12new

D1の朴貴煥君が日本学術振興会2019年度特別研究員DC-1に内定しました。

 

論文が1報掲載され,inside cover picture に採用されました。

Copper-catalyzed pyrrole synthesis from 3,6-dihydro-1,2-oxazines

Naoki Yasukawa, Marina Kuwata, Takuya Imai, Yasunari Monguchi, Hironao Sajiki, Yoshinari Sawama

Green Chem.,20, 4409-4413 (2018).

GC2018-2

ICP

 

 

2018/10/1

kawajiri

Shenvi研で研究を開始して1か月が経ちました。 残り半分しかないと考えると本当にあっという間の留学だと実感いたします。

研究に関しては、満足いかない部分もあるものの目的の反応がいくつか進行して、大変ほっとしているところです。

少し心に余裕ができましたので、浅井先輩(Baran研/ポスドク)と記念撮影をしました。 残り少ない留学生活ですが、悔いのないように過ごして参ります。

kawajiri

 

2018/9/27

9/25に蟹江隆史君の学位授与式(学士・薬科学)と足立正さんと吉村昌寿さんの学位授与式(博士・薬科学)がありました。

おめでとうございます。

 

2018/9/7

朴

J-PARCのCROSSにインターンシップに来てから、3日になりました。初日はガイダンスや書類の手続きなどで一日を終えましたが、2日目からは実際に実験に移りました。

インターンシップを開始する前に事前に必要な試薬や器具を用意して頂いてもらいましたが、いかに自分がこれまでに薬品化学という整った環境下で研究していたかを痛感しました。有機合成をする人が他にほとんどいないので、器具は使いたい放題ですが、思っていたより器具の種類が少なく、代用できるもので対応しています(例えばカラム管がないので、分液ロートでカラムします)。しかし、試薬の管理や廃液の処理などは徹底されており、研究室でも同様にできたら良いなと思うこともあります。またJ-PARC自体が非常に広く、まだ見学には行っていませんが、ビームラインがある施設まで車で移動するなど、非日常的な毎日に驚きを隠せません。

CROSSの方々もフレンドリーな方が多く、お茶会や昼休みのソフトボールの練習にも参加しました。スイッチのオンオフがしっかりされている方が多く、見習わなければと思っています。2週間という短い期間ですが、しっかり結果を残せるように計画的に毎日を過ごそうと頑張っています。

9/5/2018 朴貴煥

プラッテ                 ドラフト

朴cross朴cross

ソフトボールの様子

朴cross

 

2018/9/3

kawajiri

こちらは現在、日曜日の夜です。 明日はLabor dayだそうで祝日のようです。 研究を開始して1週間がたちましたがわからないことが多く慌ただしく過ごしております。 なかなか余裕がなく、連絡が遅くなり申し訳ございませんでした。

Shenvi先生からは全合成のプロジェクトを任され、院生の学生と一緒に進めることとなりました。 Shenvi研には日本人がいないので完全に英語でコミュニケーションをとっております。 皆の理解もあり、思っていたよりは聞いたり話したりできております。 しかし、ガラス器具などの実験機器が不足しており、非常に不便を感じます。 薬品化学研究室の恵まれた環境を再認識いたしました。

2か月という短い期間ですのでなかなか難しいことは承知していますが、何とか爪痕を残してやろうと精力的に実験をしております。 まだポジティブなデータは得られておりませんが、精一杯努力します。 また、少し余裕ができましたら写真などを撮って、他の学生と留学体験を共有できるようにいたします。 また連絡させていただきます。 何卒よろしくお願いいたします。

2018年9月3日(月) 13:31 Takahiro Kawajiri

2018/8/24

D1の朴貴煥君の論文がSynfactsにハイライトされました。

SYNFACTS 201814, 988

(紹介された論文)

Direct Deuteration of Acrylic and Methacrylic Acid Derivatives Catalyzed by Platinum on Carbon in Deuterium Oxide
Kwihwan Park, Takumi Matsuda, Tsuyoshi Yamada, Yasunari Monguchi, Yuka Sawama, Naoki Doi, Yasushi Sasai, Shin-ichi Kondo, Yoshinari Sawama,* Hironao Sajiki*
Adv.Synth.Catal, 360, 2303-2307 (2018)
https://doi.org/10.1002/adsc.201800170
dot-yHighlighted in SYNFACTS 201814, 988
ASC2018

2018/8/20

11/17(土)に富山大学の先生方の野球チーム「ファーマッツ(津田ジャパン)」をお招きして、と岐阜薬科大学三田洞キャンパスグランドで交流戦を行います。

富山大学 ファーマッツ(津田ジャパン) vs. 岐阜薬科大学 薬品化学プラスα 

12:30試合開始予定 於:岐阜薬科大学 三田洞キャンパス グランド

16:30〜懇親会 於:岐阜薬科大学 三田洞キャンパス 食堂

 

大学院博士後期課程2年の安川直樹君が平成30年10月1日〜平成31年3月31日の6ヶ月間、独国Mülheim an der RuhrのMax-Planck-Institut für Kohlenforschung、Benjamin List教授の下で日本学術振興会特別研究員としての研究に従事します。

 

佐治木教授が10/2に「第11回セイミ会」で招待講演します。

「不均一系白金族触媒による簡便有機合成法の開発」

 

佐治木教授が9/20(木)に中国・杭州の「浙江大学 薬学院」で招待講演します。

「Development of Direct Deuteration Methods Mediated by C-H Activation 」

 

佐治木教授が9/17(月)に中国・南京の「中国薬科大学」で招待講演します。

「Platinum Group Metal Catalyzed Post-synthetic Direct H-D Exchange Reaction as a Practical Deuterium Labeling Method 」

 

大学院博士課程1年の朴貴煥 君が平成30年9月3日〜17日の2週間、茨城県東海村の大強度陽子加速器施設(J-PARC)でインターンシップ研究をさせていただきます。

研究テーマ「アクリル酸およびメタクリル酸類の重水素標識反応におけるスケールアップ検討」

 

大学院博士課程3年の川尻貴大君が平成30年8月27日〜10月27日の2ヶ月間、米国La JollaのThe Scripps Research Institute、Ryan A. Shenvi教授の下で日本学術振興会特別研究員としての研究に従事します。

 

大学院博士後期課程3年の市川智大君、大学院博士課程3年の川尻貴大君、大学院博士後期課程2年の安川直樹君の3名が平成30年8月19日〜8月23日に、米国Bostonで開催される256th ACS National Meeting & Expoで、それぞれ20分の口頭発表をします。

演題:

市川智大「Anion exchange resin supported-palladium catalyst for chemoselective hydrogenation and Suzuki-Miyaura reaction using aryl chlorides」    

川尻貴大「Chemoselective Functionalization of Aromatic Aldehyde via Pyridinium Salt Intermediate」

安川直樹「Pd/C-catalyzed aromatization of alicyclic substrates in water」

 

佐治木教授が分担編集と分担執筆、澤間准教授が分担執筆をしているSpringer Nature社の書籍「New Horizons of Process Chemistry−Scalable Reactions and Technologies−」のダウンロード数が2018年8月12日現在で8,147件に到達し、Springer社の化学領域の書籍の中で優れた成果を上げていることが評価されました。

nhpc

 

佐治木教授が、日本学術振興会より、書面審査における有意義な審査意見を付した専門委員として、平成29年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)の表彰を受けました。

 

2018年7月23日(月)版の化学工業日報7ページ全面に、日本プロセス化学会2018サマーシンポジウムの特集記事と佐治木 日本プロセス化学会会長のインタビュー記事が掲載されました。

 

日本化学会の機関誌「化学と工業」7月号で日本プロセス化学会2018サマーシンポジウムの詳細な紹介と佐治木 日本プロセス化学会会長のコメントが掲載されました。

Gallery 日本プロセス化学会2018サマーシンポジウム, 化学と工業, 2018,71,570−571(PDF)

 

INFORMATION一覧はこちらをご覧ください

 

 

back

 

薬品化学研究室で開発した触媒
Pd/C(Ph2) Pd/C(en) Pd/PEI
10% PD/C(Ph2S)触媒
製品名:SGS-10DR

(左)Pd/C(en)触媒


(中央・右)Pd/Fib

(左)Pd/C(en)触媒     

(左から 5% 5g,

      10% 5g,

      5% 25g)


(右)Pd/PEI

エヌ・イー・ケムキャット株式会社より 市販中

詳しくはこちら
(Adv. Synth. Catal. 350, 406-410 (2008))

和光純薬工業株式会社より 市販中

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol77,No.3 (2009)(pdf.1.45MB)

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol22(2008)(pdf.1.95MB)

 

 

 

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.
〒501-1196 岐阜県岐阜市大学西1-25-4  岐阜薬科大学 創薬化学大講座 薬品化学研究室  TEL:058-230-8100(代表)  FAX:058-230-8105