ホーム  研究  メンバー  業績  賞・研究費  イベント  アルバムHome.htmlResearch.htmlMember.htmlPrizeGrant.htmlEvent.htmlAlbum/Album.htmlshapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1shapeimage_1_link_2shapeimage_1_link_3shapeimage_1_link_4shapeimage_1_link_5shapeimage_1_link_6
 
Publications
1.論文

Ⅰ.著書(邦文)
平岩雅男、保住 功「先天代謝異常症候群」(第2版・下)プロサポシン欠損症 p.503-507 日本臨床 2012年12月20日

保住 功「今日の神経疾患 治療指針」(第2版)副甲状腺機能亢進症 p.1020-1023 医学書院 2013年3月15日

保住 功「今日の診断指針」(第7版)Wilson病 医学書院 印刷中


Ⅱ.総説(英文)
Hozumi I. Roles and Therapeutic Potential of Metallothioneins in Neurodegenerative Diseases. Curr Pharm Biotechnol 14: 408-413, 2013.

Omura T, Kaneko M, Okuma Y, Matsubara K, and Nomura Y. Endoplasmic reticulum stress and Parkinson's disease: the role of HRD1 in averting apoptosis in neurodegenerative disease. Oxid Med Cell Longev 2013: 239854 (7 pages), 2013.


Ⅲ.総説(邦文)
保住 功.進むFahr病の病態解明.医学のあゆみ. 243: 323-324, 2012.

金子雅幸.小胞体ストレス応答機構の分子薬理学的研究: 神経変性疾患の予防・治療をめざして.薬学雑誌. 132: 1437-1442, 2012.

金子雅幸.変性タンパク質を分解除去する酵素の発見.ファルマシア. 49: 121-125, 2013.

金子雅幸.ヒトユビキチンリガーゼHRD1低下によるアルツハイマー病発症機構の解析.薬学研究の進歩. 29: 55-58, 2013.


Ⅳ.原著(英文)
(I. Hozumi)
Sakurai T, Kimura A, Yamada M, Koumura A, Hayashi Y, Tanaka Y, Hozumi I, and Inuzuka T. Identification of antibodies as biological markers in serum from multiple sclerosis patients by immunoproteomic approach. J Neuroimmunol 233: 175-180, 2011.

Hozumi I, Hasegawa T, Honda A, Ozawa K, Hayashi Y, Hashimoto K, Yamada M, Koumura A, Sakurai T, Kimura A, Tanaka Y, Satoh M, and Inuzuka T. Patterns of levels of biological metals in CSF differ among neurodegenerative diseases. J Neurol Sci 303: 95-99, 2011.

Koumura A, Hamanaka J, Kawasaki K, Tsuruma K, Shimazawa M, Hozumi I, Inuzuka T, and Hara H. Fasudil and ozagrel in combination show neuroprotective effects on cerebral infarction after murine middle cerebral artery occlusion. J Pharmacol Exp Ther 338: 337-344, 2011.

Hashimoto K, Hayashi Y, Watabe K, Inuzuka T, and Hozumi I. Metallothionein-III prevents neuronal death and prolongs life span in amyotrophic lateral sclerosis model mice. Neuroscience 189: 293-298, 2011.

Tanaka Y, Yoshikura N, Harada N, Yamada M, Koumura A, Sakurai T, Hayashi Y, Kimura A, Hozumi I, Moriwaki H, and Inuzuka T. Neuromyelitis optica in Japanese sisters. Intern Med 50: 2829-2832, 2011.

Tanaka Y, Hayashi Y, Kato J, Yamada M, Koumura A, Sakurai T, Kimura A, Hozumi I, Hatano Y, Hirose Y, Takami T, Nakamura H, Kasahara S, Tsurumi H, Moriwaki H, and Inuzuka T. Diffuse skeletal muscles uptake of [18F] fluorodeoxyglucose on positron emission tomography in primary muscle peripheral T-cell lymphoma. Intern Med 50: 2021-2024, 2011.

Kimura A, Sakurai T, Yamada M, Koumura A, Hayashi Y, Tanaka Y, Hozumi I, Ohtaki H, Chousa M, Takemura M, Seishima M, and Inuzuka T. Antibodies against the tom40 subunit of the translocase of the outer mitochondrial membrane complex and cognitive impairment in Alzheimer's disease. J Alzheimers Dis 29: 373-377, 2012.

Kimura A, Sakurai T, Yamada M, Koumura A, Hayashi Y, Tanaka Y, Hozumi I, Takemura M, Seishima M, and Inuzuka T. Elevated anti-heat shock protein 60 antibody titer is related to white matter hyperintensities. J Stroke Cerebrovasc Dis 21: 305-309, 2012.

Tanaka Y, Kato T, Nishida H, Yamada M, Koumura A, Sakurai T, Hayashi Y, Kimura A, Hozumi I, Araki H, Murase M, Nagaki M, Moriwaki H, and Inuzuka T. Is there delayed gastric emptying in patients with multiple system atrophy? An analysis using the (13)C-acetate breath test. J Neurol 259: 1448-1452, 2012.

Tanaka H, Shimazawa M, Kimura M, Takata M, Tsuruma K, Yamada M, Takahashi H, Hozumi I, Niwa J, Iguchi Y, Nikawa T, Sobue G, Inuzuka T, and Hara H. The potential of GPNMB as novel neuroprotective factor in amyotrophic lateral sclerosis. Sci Rep 2: 573, 2012.

Kimura A, Sakurai T, Yamada M, Koumura A, Hayashi Y, Tanaka Y, Hozumi I, Ohtaki H, Chousa M, Takemura M, Seishima M, and Inuzuka T. Anti-endothelial cell antibodies in patients with cerebral small vessel disease. Curr Neurovasc Res 9: 296-301, 2012.

Tanaka Y, Yoshikura N, Harada N, Yamada M, Koumura A, Sakurai T, Hayashi Y, Kimura A, Hozumi I, and Inuzuka T. Late-onset patients with sporadic amyotrophic lateral sclerosis in Japan have a higher progression rate of ALSFRS-R at the time of diagnosis. Intern Med 51: 579-584, 2012.

Takagi M, Ozawa K, Yasuda H, Douke M, Hashimoto K, Hayashi Y, Inuzuka T, and Hozumi I. Decreased bioelements content in the hair of patients with Fahr's disease (idiopathic bilateral calcification in the brain). Biol Trace Elem Res 151: 9-13, 2013.

Tanaka Y, Kato T, Nishida H, Yamada M, Koumura A, Sakurai T, Hayashi Y, Kimura A, Hozumi I, Araki H, Murase M, Nagaki M, Moriwaki H, and Inuzuka T. Is there a difference in gastric emptying between myotonic dystrophy type 1 patients with and without gastrointestinal symptoms? J Neurol 260: 1611-1616, 2013.

Yamada M, Asano T, Okamoto K, Hayashi Y, Kanematsu M, Hoshi H, Akaiwa Y, Shimohata T, Nishizawa M, Inuzuka T, and Hozumi I. High frequency of calcification in basal ganglia on brain computed tomography images in Japanese older adults. Geriatr Gerontol Int 13: 706-710, 2013.

Tanaka H, Shimazawa M, Takata M, Kaneko H, Tsuruma K, Ikeda T, Warita H, Aoki M, Yamada M, Takahashi H, Hozumi I, Minatsu H, Inuzuka T, and Hara H. ITIH4 and Gpx3 are potential biomarkers for amyotrophic lateral sclerosis. J Neurol 260: 1782-1797, 2013.

Kamiya T, Machiura M, Makino J, Hara H, Hozumi I, and Adachi T. Epigenetic regulation of extracellular-superoxide dismutase in human monocytes. Free Radic Biol Med 61C: 197-205, 2013.

Tanaka Y, Yamada M, Koumura A, Sakurai T, Hayashi Y, Kimura A, Hozumi I, and Inuzuka T. Cardiac sympathetic function in the patients with amyotrophic lateral sclerosis: analysis using cardiac [(123)I] MIBG scintigraphy. J Neurol 260: 2380-2386, 2013.

Inden M, Iriyama M, Takagi M, Kaneko M, and Hozumi I. Localization of type-III sodium-dependent phosphate transporter 2 in the mouse brain. Brain Res 1531: 75-83, 2013.

Yamada M, Tanaka M, Takagi M, Kobayashi S, Taguch, Takashima S, Tanaka K, Touge T, Hatsuta H, Murayama S, Hayashi Y, Kaneko M, Ishiura H, Mitsui J, Atsuta N, Sobue G, Shimozawa N, Inuzuka T, Tsuji S, and Hozumi I. Evaluation of SLC20A2 mutations that cause idiopathic basal ganglia calcification in Japan. Neurology, in press.


(M. Inden)
Inden M, Takata K, Nishimura K, Kitamura Y, Ashihara E, Yoshimoto K, Ariga H, Honmou O, and Shimohama S. Therapeutic effects of human mesenchymal and hematopoietic stem cells on rotenone-treated parkinsonian mice. J Neurosci Res 91: 62-72, 2013.

Inden M, Iriyama M, Takagi M, Kaneko M, and Hozumi I. Localization of type-III sodium-dependent phosphate transporter 2 in the mouse brain. Brain Res 1531: 75-83, 2013.


Ⅴ.原著(邦文)
林 祐一、山田 恵、香村彰宏、吉倉延亮、原田斉子、木村暁夫、田中優司、保住 功、犬塚 貴.終末期の筋萎縮性側索硬化症に対する呼吸苦緩和への取り組み.岐阜県内科医会雑誌. 25: 85-89, 2012.
原田斉子、冨田 稔、木村暁夫、香村彰宏、林 祐一、保住 功、兼村信宏、森脇久隆、祖父江 元、犬塚 貴.悪性リンパ腫の寛解導入後にneurolymphomatosisをきたした2例.日内会誌. 101: 157-160, 2012.

寺町ひとみ、舘 知也、堀内 正、保住 功、杉山 正、土屋照雄.6年制における統合型カリキュラムによるアドバンストPBL授業の構築とその評価.医療薬学. 38:392-400, 2012.

堀田みゆき、保住 功.希少神経難病ファール病3例の患者と家族のインタビューから得られたもの.臨床看護. 38: 1907-1912, 2012.

山田 恵、田中優司、木村暁夫、香村彰宏、林 祐一、保住 功、小池春樹、祖父江 元、犬塚 貴.変形性脊椎症を有する高齢者に発症したnonsystemic vasculitic neuropathyの一例.日老医誌. 50: 400-403, 2013.

石塚達夫、福沢嘉孝、田中章景、𡌛村信介、堀川幸男、松林宏行、保住 功.第16回東海支部専門医部会教育セミナーまとめ 内科疾患における遺伝子異常.日本内科学会雑誌. 102: 1001-1009, 2013.


Ⅵ.報告書
保住 功:ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症)の分子病態の研究:厚生労働科学研究費難治性疾患克服研究事業 平成22年度総括・分担研究報告書:1-15 (平成23年5月)

保住 功:特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症の遺伝子変異の同定: 厚生労働科学研究費難治性疾患克服研究事業 ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症)の診断方法の確立と治療法の開発 平成23年度総括・分担研究報告書:1-5 (平成24年5月)

下澤伸行、林 祐一、山田 恵、高木麻里、保住 功:特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症の遺伝子変異の同定: 厚生労働科学研究費難治性疾患克服研究事業 ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症)の診断方法の確立と治療法の開発 平成23年度総括・分担研究報告書:7-8 (平成24年5月)

犬塚 貴、橋本和宜、木村暁夫、保住 功:特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症患者の髄液を用いた二次元電気泳動法による疾患特異的マーカーの検出: 厚生労働科学研究費難治性疾患克服研究事業 ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症)の診断方法の確立と治療法の開発 平成23年度総括・分担研究報告書:13-15 (平成24年5月)

林 祐一、保住 功、犬塚 貴:運動療法によるβアミロイド凝集抑制効果の分子メカニズムの解明と認知症予防法への応用. 三井住友海上福祉財団 2010年度研究助成研究結果報告書. 127-129 (平成24年7月)

保住 功、犬塚 貴、辻 省次:ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症)の診断法の確立と治療法の開発に関する研究: 厚生労働科学研究費難治性疾患克服研究事業 ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症)の分子病態の解明、ならびに診断法の確立と治療法の開発に関する研究 平成24年度総括・分担研究報告書:1-4 (平成25年3月)

犬塚 貴、山田 恵、林 祐一、小林清樹、田口芳治、峠 哲男、高木麻里、金子雅幸、保住 功:日本の症例におけるSLC20A2の検索:厚生労働科学研究費難治性疾患克服研究事業 ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症)の分子病態の解明、ならびに診断法の確立と治療法の開発に関する研究 平成24年度総括・分担研究報告書:5-6 (平成25年3月)

保住 功、位田雅俊、入山真先、高木麻里、金子雅幸:SLC20A2がcodeするPIT-2の局在・機能解析:厚生労働科学研究費難治性疾患克服研究事業 ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症)の分子病態の解明、ならびに診断法の確立と治療法の開発に関する研究 平成24年度総括・分担研究報告書:9-10 (平成25年3月)

保住 功:ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症)の診断法の確立と治療法の開発に関する研究: 厚生労働科学研究費難治性疾患克服研究事業 ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症)の分子病態の解明、ならびに診断法の確立と治療法の開発に関する研究 平成22〜24年度総合研究報告書:15-19 (平成25年3月)


Ⅶ.その他
金子雅幸:研究戦略YAKU学 —研究現場から臨床へ— 小胞体のタンパク質分解と神経変性疾患:薬事日報11204, p8 (2012年)


2.発表

Ⅰ.国際学会
AAN 63rd Annual Meeting of American Academy of Neurology (2011/4/12, Honolulu)
Is there a delayed gastric emptying of untreated patients with multiple system atrophy? An analysis using the 13C-acetate breath test.
Tanaka Y, Kato T, Nishida H, Yamada M, Koumura A, Sakurai T, Hayashi Y, Kimura A, Araki H, Nagaki M, Moriwaki H, Inuzuka T.

AAN 63rd Annual Meeting of American Academy of Neurology (2011/4/12, Honolulu)
The neuroprotective effects by the combination of fasudil and ozagrel on cerebral infarction after murine middle cerebral artery occlusion.
Koumura A, Hamanaka J, Tsurma K, Shimazawa M, Hozumi I, Inuzuka T, Hara H.

AAN 63rd Annual Meeting of American Academy of Neurology (2011/4/13, Honolulu)
Anti-Endothelial Cell Antibodies in the Elderly with Extended White Matter Hyperintensity.
Kimura A, Sakurai T, Yamada A, Koumura Y, Hayashi Y, Tanaka Y, Hozumi I, Ohtaki H, Chousa M, Takemura M, Seishima M, Inuzuka T.

The 64th Annual Meeting of American Academy of Neurology (2012/4/25, New Orleans)
Anti-endothelial cell antibodies in patients with Alzheimer disease.
Kimura A, Sakurai T, Yamada M, Koumura A, Hayashi Y, Tanaka Y, Hozumi I, Otaki H, Chousa M, Inuzuka T.

The 64th Annual Meeting of American Academy of Neurology (2012/4/25, New Orleans)
Is there a difference in gastric emptying between myotonic dystrophy patients with and without gastrointestinal symptoms? An analysis using the 13C-acetate breath test.
Tanaka Y, Kato T, Nishida H, Yamada M, Koumura A, Sakurai T, Kimura A, Hozumi I, Moriwaki H, Inuzuka T.


Ⅱ.シンポジウム・ワークショップ
第22回日本微量元素学会 (2011/7/2、京都)
シンポジウム ニューロメタル最前線 神経変性疾患におけるメタルの役割と代謝
保住 功

岐阜健康長寿・創薬推進機構 第5回異分野交流研究会 (2012/11/22、岐阜)
神経難病治療への新たな挑戦 -次世代シーケンサー、iPS細胞を活用して-
保住 功

生体機能と創薬シンポジウム2013 (2013/8/30、福岡)
シンポジウム 神経変性疾患の病態解明と治療戦略開拓の最前線 アミロイド前駆体タンパク質APP代謝とユビキチンリガーゼ
金子雅幸、大熊康修、野村靖幸

メタルバイオサイエンス研究会2013(2013/9/27、静岡)
メタロチオネインの結合タンパク質
金子雅幸、位田雅俊、保住 功


Ⅲ.国内学会(総会・学術大会)
(保住)
第52回日本神経学会学術大会 (2011/5/18、名古屋)
新規自己抗体による多発性硬化症の血清学的診断マーカーの検索
櫻井岳郎、木村暁夫、原田斉子、吉倉延亮、山田 恵、香村彰宏、林 祐一、田中優司、保住 功、犬塚 貴

第52回日本神経学会学術大会 (2011/5/18、名古屋)
マウス局所脳虚血に対するオザグレル及びファスジル併用療法の効果.
香村彰宏、浜中順也、鶴間一博、嶋澤雅光、保住 功、犬塚 貴、原 英彰

第52回日本神経学会学術大会 (2011/5/18、名古屋)
頭部CTによる脳内石灰化の臨床的検討
山田 恵、浅野隆彦、林 祐一、兼松雅之、星 博昭、犬塚 貴、保住 功

第52回日本神経学会学術大会 (2011/5/18、名古屋)
選択的lgG3欠乏症に伴う無菌性髄膜脳炎の臨床的特徴
林 祐一、山田 恵、吉倉延亮、原田斉子、香村彰宏、桜井岳郎、木村暁夫、田中優司、保住 功、犬塚 貴

第52回日本神経学会学術大会(2011/5/19、名古屋)
筋強直性ジストロフィーにおける上部消化管機能の検討.
田中優司、吉倉延亮、原田斉子、山田 恵、香村彰宏、櫻井岳郎、林 祐一、
木村暁夫、保住 功、犬塚 貴

第52回日本神経学会学術大会 (2011/5/20、名古屋)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)剖検脊髄組織含有重金属の検索
保住 功、柿田明美、長谷川達也、本田晶子、佐藤雅彦、高橋 均、犬塚 貴

第52回日本神経学会学術大会(2011/5/20、名古屋)
プロテオーム解析を用いた大脳白質病変に関連する抗血管内皮細胞抗体の同定
木村暁夫、櫻井岳郎、山田 恵、香村彰宏、林 祐一、田中優司、保住 功、犬塚 貴

第53回日本老年医学会学術集会 (2011/6/17、東京)
75歳以上高齢入院患者に対する多職種処方レビューシステムによる処方削減効果
林 祐一、山田 恵、香村彰宏、木村暁夫、田中優司、保住 功、犬塚 貴

第23回日本神経免疫学会学術集会 (2011/9/15、東京)
多発性筋炎患者における抗MYBPC2抗体および抗PK M1/M2抗体の同定と特異性の検討
木村暁夫、櫻井岳郎、吉倉延亮、山田 恵、林 祐一、田中優司、保住 功、
大瀧博文、帖佐光洋、犬塚 貴

第29回日本神経治療学会総会 (2011/11/18、福井)
頻回の呼吸停止をきたし、単純血漿交換が著効したstiff-person症候群の1例
吉倉延亮、林 祐一、山田 恵、原田斉子、香村彰宏、木村暁夫、田中優司、保住 功、犬塚 貴

第31回日本精神科診断学会 (2011/11/19、松本)
家族性に脳内石灰化を示したFahr病の1例
小林清樹、内海久美子、館農 勝、森井秀俊、安村修一、保住 功、林 祐一、齋藤利和

メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011(2011/12/8、名古屋)
Metallothionein-IIIによる筋萎縮性側索硬化症モデルマウスの運動神経細胞保護効果および寿命延長効果
橋本和宜、林 祐一、渡部和彦、犬塚 貴、保住 功

第53回日本神経学会学術大会 (2012/5/25、東京)
トレッドミル運動負荷によるマウス海馬におけるSt8Sia1の発現抑制
林 祐一、橋本和宜、山田 恵、保住 功、犬塚 貴

第108回日本精神神経学会学術総会 (2012/5/26、札幌)
家族性に脳内石灰化を示したFahr病の1例
小林清樹、内海久美子、館農 勝、森井秀俊、安村修一、保住 功、林 祐一、齋藤利和

第27回日本老年精神医学会 (2012/6/22, さいたま)
家族性に脳内石灰化を示したFahr病の1例
小林清樹、内海久美子、館農 勝、森井秀俊、安村修一、保住 功、林 祐一、齋藤利和

Neuro2013 (2013/6/20、京都)
ユビキチンリガーゼDorfinがアミロイド前駆体タンパク質輸送を介したアミロイドβ産生に関与する可能性
金子雅幸、山森正嗣、保住 功、野村靖幸、大熊康修

Neuro2013 (2013/6/22、京都)
ファール病と関連したリン酸トランスポーターPiT2のマウス脳内の局在に関する検討
位田雅俊、入山真先、高木麻里、金子雅幸、保住 功

次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2013 (2013/8/31、熊本)
ユビキチンリガーゼRNF19BおよびDorfinの複合体形成の可能性
野口尚樹、金子雅幸、山森正嗣、保住 功、大熊康修、野村靖幸

メタルバイオサイエンス研究会2013(2013/9/27、静岡)
メタロチオネイン-Ⅲ結合タンパク質の同定
小野博与志、金子雅幸、位田雅俊、夏目 徹、堀川幸男、保住 功

メタルバイオサイエンス研究会2013(2013/9/27、静岡)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者脊髄における亜鉛トランスポーターZnTの発現量低下
池上沙織、金子雅幸、野口貴生、位田雅俊、柿田明美、豊島靖子、山田光則、高橋 均、保住 功

メタルバイオサイエンス研究会2013(2013/9/27、静岡)
家族性の特発性基底核石灰化症(ファール病)に関連した変異SLC20A2におけるリン酸トランスポート活性の検討
関根信一郎、位田雅俊、金子雅幸、竹谷 豊、保住 功

メタルバイオサイエンス研究会2013(2013/9/27、静岡)
特発性基底核石灰化症(ファール病)と関連したリン酸トランスポーターPiT-2のマウス脳内における局在の検討
入山真先、位田雅俊、金子雅幸、保住 功

(位田)
日本薬学会第133年会 (2013/3/29、横浜)
急性ドパミン神経障害に対するDJ-1結合化合物の効果
北村佳久、位田雅俊、高田和幸、芦原英司、吉本寛司、有賀寛芳

日本薬学会第133年会 (2013/3/29、横浜)
慢性ロテノン投与マウスにおける低分子化合物の神経保護効果
位田雅俊、北村佳久、高田和幸、芦原英司、吉本寛司、有賀寛芳

第86回日本薬理学会年会(2013/3/22、福岡)
ロテノン誘発黒室障害モデルにおけるDJ-1結合化合物の神経保護作用
位田雅俊、北村佳久、高田和幸、芦原英司、吉本寛司、有賀寛芳

第86回日本薬理学会年会(2013/3/22、福岡)
パーキンソン病モデルラットおけるDJ-1結合化合物の神経保護効果
北村佳久、位田雅俊、高田和幸、芦原英司、吉本寛司、有賀寛芳

日本膜学会第35年会(2013/5/20、東京)
神経細胞における細胞骨格関連タンパク質エズリンの機能解析
松本洋亮、位田雅俊、田村淳、月田早智子、浅野真司

Neuro2013 (2013/6/22、京都)
パーキンソン病モデルマウスにおけるヒト間葉系および造血幹細胞の移植効果
北村佳久、位田雅俊、高田和幸、芦原英司、下濱 俊

メタルバイオサイエンス研究会2013(2013/9/27、静岡)
メタロチオネイン-Ⅲ結合タンパク質の同定
小野博与志、金子雅幸、位田雅俊、夏目 徹、堀川幸男、保住 功

メタルバイオサイエンス研究会2013(2013/9/27、静岡)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者脊髄における亜鉛トランスポーターZnTの発現量低下
池上沙織、金子雅幸、野口貴生、位田雅俊、柿田明美、豊島靖子、山田光則、高橋 均、保住 功

メタルバイオサイエンス研究会2013(2013/9/27、静岡)
家族性の特発性基底核石灰化症(ファール病)に関連した変異SLC20A2におけるリン酸トランスポート活性の検討
関根信一郎、位田雅俊、金子雅幸、竹谷 豊、保住 功

メタルバイオサイエンス研究会2013(2013/9/27、静岡)
特発性基底核石灰化症(ファール病)と関連したリン酸トランスポーターPiT-2のマウス脳内における局在の検討
入山真先、位田雅俊、金子雅幸、保住 功


Ⅳ.国内学会(地方会)
(保住)
第213回日本内科学会東海地方会 (2011/2/19、津)
透析導入後に両側大脳基底核病変を来たした糖尿病性尿毒症症候群の1例
岩崎 任、林 祐一、原田斉子、吉倉延亮、山田 恵、香村彰宏、木村暁夫、田中優司、保住 功、犬塚 貴

第129回日本神経学会東海北陸地方会 (2011/3/12、名古屋)
アキレス腱短縮を初発としたmyofibrillar myopathyの1例
原田斉子、香村彰宏、木村暁夫、吉倉延亮、山田 恵、田中優司、保住 功、犬塚 貴

第57回日本薬学会東海支部総会大会 (2011/7/9、名古屋) 
特発性両側性脳内石灰化症における毛髪中ミネラル量の解析
高木麻里、橋本和宜、道家光子、林 祐一、保住 功

第130回日本神経学会東海北陸地方会 (2011/10/29、富山)
FUS/TLS遺伝子R522G変異を認めた、若年性ALSの1例
香村彰宏、木村暁夫、櫻井岳郎、林 祐一、田中優司、保住 功、犬塚 貴

第59回日本薬学会東海支部総会大会 (2013/7/6、名古屋)
ALS患者の脊髄における亜鉛トランスポーターZnT3の発現量低下
野口貴生、金子雅幸、池上沙織、位田雅俊、柿田朋美、豊島靖子、高橋均、保住 功


(位田)
第60回生化学会近畿支部例会(2013/5/18、大阪)
神経細胞の形態形成におけるエズリンの機能解析
松本洋亮、位田雅俊、田村淳、月田早智子、浅野真司

第59回日本薬学会東海支部総会大会 (2013/7/6、名古屋)
ALS患者の脊髄における亜鉛トランスポーターZnT3の発現量低下
野口貴生、金子雅幸、池上沙織、位田雅俊、柿田朋美、豊島靖子、高橋均、保住 功


Ⅴ.研究会・懇話会・集談会など
第22回岐阜神経内科懇話会 (2011/1/20、岐阜)
維持透析中にパーキンソニズムを呈した55歳女性
原田斉子、林 祐一、岩崎 任、吉倉延亮、山田 恵、香村彰宏、木村暁夫、田中優司、保住 功、犬塚 貴

第22回岐阜神経内科懇話会 (2011/1/20、岐阜)
頻回に呼吸停止を来たしたStiff-person症候群の一例(前回提示例の経過)
吉倉延亮、林 祐一、原田斉子、山田 恵、香村彰宏、木村暁夫、田中優司、保住 功、犬塚 貴

第19回東海メタロチオネイン研究会 (2011/6/25、名古屋) 
平成23年度度岐阜薬科大薬物治療研究室におけるMT&メタルバイオ研究の研究戦略
保住 功、橋本和宜、道家光子、林 祐一、山田 恵、野口尚樹、野口貴生、高木麻里

第7回小胞体ストレス研究会(2012/11/9、広島)
ユビキチンリガーゼHRD1とアルツハイマー病
金子雅幸

第8回小胞体ストレス研究会(2013/10/26、金沢)
Aβ産生機構に関与するユビキチンリガーゼの同定
金子雅幸

Ⅵ.班会議
平成22年度厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業
重症難病患者の地域医療体制の構築に関する研究班(2011/1/11、東京)
岐阜県における難病患者のコミュニケーション支援の現状と課題
犬塚 貴、田中優司、林 祐一、木村暁夫、保住 功、堀田みゆき

平成22年度厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業
重症難病患者の地域医療体制の構築に関する研究班(2011/1/12、東京)
岐阜県における災害時難病患者支援に関する報告
犬塚 貴、田中優司、林 祐一、木村暁夫、保住 功、堀田みゆき

平成22年度厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業
プリオン病のサーベイランスと感染予防に関する調査研究班 (2011/1/17、東京)
岐阜県におけるプリオン病の実態
犬塚 貴、林 祐一、吉倉延亮、原田斉子、山田 恵、香村彰宏、櫻井岳郎、木村暁夫、田中優司、保住 功

平成22年度厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業
スモンに関する研究班(2011/2/2、東京)
医療系教育機関におけるスモンの認識に関する現状と課題
犬塚 貴、田中優司、林 祐一、木村暁夫、保住 功、堀田みゆき

平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業
ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳 歯状核石灰化症)の診断方法の確立と治療法の開発研究班 (2012/2/4、岐阜)
家族性に脳内石灰化を示したFahr病の1例
小林清樹、内海久美子、館農 勝、森井秀俊、安村修一、保住 功、林 祐一、齋藤利和

平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業
ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳 歯状核石灰化症)の診断方法の確立と治療法の開発研究班 (2012/2/4、岐阜)
ファール病患者の髄液のプロテオーム解析
橋本和宜、野口貴生、野口尚樹、木村暁生、犬塚 貴、保住 功

平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業
ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳 歯状核石灰化症)の診断方法の確立と治療法の開発研究班 (2012/2/4、岐阜)
総括(ファール病患者の外来受診、IT機器を活用した心のケアシステム構築)
 保住 功

平成24年度厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業
ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳 歯状核石灰化症)の診断方法の確立と治療法の開発研究班 (2013/2/2、岐阜)
中国からのSLC20A2変異についての報告
金子雅幸

平成24年度厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業
ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳 歯状核石灰化症)の診断方法の確立と治療法の開発研究班 (2013/2/2、岐阜)
日本の症例におけるSLC20A2の検索
山田 恵

平成24年度厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業
ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳 歯状核石灰化症)の診断方法の確立と治療法の開発研究班 (2013/2/2、岐阜)
PiT-2(SLC20A2)の機能解析について
位田雅俊

平成24年度厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業
ファール病(特発性両側性大脳基底核・小脳 歯状核石灰化症)の診断方法の確立と治療法の開発研究班 (2013/2/2、岐阜)
総括&総合討論(診断基準、患者・家族の語りによる質的研究)
保住 功


Ⅶ.講演会など
羽島メディカルカンファレンス (2011/4/28、羽島)
特別講演 認知症など神経疾患の診かたと治療  
保住 功

第262回岐阜県病院薬剤師会研修会 (2011/7/16、岐阜)
特別講演 認知症の診断と治療 
保住 功

薬薬連携合同研修会 (2011/8/18、岐阜)
特別講演 認知症治療薬の現状と課題 
保住 功

三公立連携薬剤師生涯学習支援講座 (2011/9/16、岐阜(ネット放映))
特別講演 高齢者の薬物療法
保住 功

平成23年度岐阜薬科大学市民公開講座「健康と病気予防」(2011/10/22、岐阜)
サクセスフル・エイジング
保住 功

第38回富山県臨床神経研究会 (2011/10/28、富山)
特別講演 特発性脳内石灰化症(IBiC)の現状と課題 -ファール病~小阪・柴山病(DNTC、非アルツハイマー型認知症)-
保住 功

西濃神経内科ミーティング (2012/3/15、大垣)
特別講演 「認知症には多様な疾患が存在するが、患者・家族の‘語り’は治療に効果的である」
保住 功

市民公開講座「認知症本人と家族介護者の語り」(2012/3/24、富山)
特別講演 「認知症の診断と治療」
保住 功

薬剤師生涯教育講演会 (2012/6/16、岐阜)
高齢者の薬物療法
保住 功

もとす若手の会 (2012/8/10、本巣)
特別講演 「認知症の診断と治療」
保住 功

認知症治療研修会 (2012/11/10、岐阜)
特別講演 「認知症治療薬の基礎」
金子雅幸

京都大学iPS研究所 (2013/6/3、京都)
「進むFahr病の病態解明」
保住 功

薬剤師生涯教育講座 (2013/10/19、岐阜)
「アルツハイマー病治療薬の現在」
金子雅幸