ホーム  研究内容  研究グループ  活動報告  メール通信  リンク集Fahr_Study.htmlFahr_member.htmlFahr_Activity.htmlFahr_mail.htmlFahr_Link.htmlshapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1shapeimage_1_link_2shapeimage_1_link_3shapeimage_1_link_4shapeimage_1_link_5
 
ファ-ル病(特発性基底核石灰化症)

活動概要

 原因不明の両側性の脳内石灰化をきたす病態は慣例的にファール病と呼称されてきましたが、分子生物学的アプローチもあり、特発性基底核石灰化症(IBGC)という名称で統一されてきました。我々はこの多様性を呈する病態を、次世代シーケンサーを活用したゲノム解析とヒトiPS細胞を活用した手法を用いて解析し、新規治療薬の開発を目指しております。また患者と家族の語りの質的分析に基づいた個別的な患者ケアの確立も目指しています。

連絡先

保住 功

 岐阜大学大学院医学系研究神経内科・老年学分野客員臨床教授

 岐阜薬科大学薬物治療学教授


岐阜薬科大学 薬物治療学

〒501-1196 岐阜県岐阜市大学西1-25-4

TEL & FAX:058-230-8121

E-mail:


受診に関する情報はこちら

Copyright (C) 2014 岐阜薬科大学 薬物治療学 All Rights Reserved.

トピックス

2014.02.26 ファール病のWebサイトを公開しました

2014.02.01 第4回ファール病班会議が開催されました

2014.01.27 山田先生の論文がNeurologyに掲載されました



過去のトピックス

メールを送信