2018 May 21. 当研究室の研究成果がMetallomics誌にアクセプトされました。

“A mitochondria-targeted fluorescent probe for selective detection of mitochondrial labile Fe(II)”

Tasuku Hirayama, Satoki Kadota, Masato Niwa, Hideko Nagasawa

Metallomics, 2018, asap.

ミトコンドリア局在型二価鉄イオン蛍光プローブを開発し、ミトコンドリアにおけるヘム合成阻害により二価鉄イオンが蓄積する様子をライブセル観察することに成功しました!

We developed a new mitochondria-targeted fluorescent probe for detection of Fe(II) ion and visualized accumulation of Fe(II) induced by mitodhondrial heme synthesis.

2018 Apr. 14 サラマンカ大学創立800周年記念事業シンポジウムにて平山准教授が研究について発表しました。

University of Salamanca 800th Anniversary Event
University of Salamanca, Gifu Pharmaceutical University, and Gifu University Joint Academic Symposium
“Cancer Research at the Forefront: Cancer Control”

サラマンカ大学創立800周年記念事業
サラマンカ大学・岐阜薬科大学・岐阜大学 三大学連携学術シンポジウム
「癌研究の最前線〜ガン克服に向けて(対がん)」

Lecture 1: “Development of various fluorescent probes for detection of ferrous ion”
Tasuku Hirayama

2018 Jan. 4 当研究室と京都大学の王丹研究室との共同研究成果の論文がアクセプトされ、ACS Editors’ Choiceに選ばれました!

“Fe(II) ion release during endocytotic uptake of iron visualized by a membrane-anchoring Fe(II) fluorescent probe​” ​

Niwa M, Hirayama T, Oomoto I, Wang DO, Nagasawa H.
ACS Chemical Biology (2018) doi: 10.1021/acschembio.7b00939.
This is work is selected as “ACS Editors’ Choice”.

2017, Nov 25–26 当研究室の研究成果がDalton Trans.に掲載され、Back coverに選ばれました!なお、Back coverは向峯さん(D1)のデザインです。

“Bismuth-rhodamine: a new red light-excitable photosensitizer”

Dalton Trans. 2017, 46, 15991–15995

Back Cover