2019 Jun. 10–12, 日本ケミカルバイオロジー学会第14回年会にて辻助教、向峯さん(D3)、早舩さん(M2)が発表します。

Dr. Tsuji (Assist. Prof.), Ms. Mukaimine (D3), and Ms. Hayafune (M2) will have poster presentations in The 14th annual meeting of Japanese Society of Chemical Biology.

P-089, 「核局在型二価鉄検出プローブの開発研究」
“Development of nucleus-targeted Fe(II)-selective fluorescent probes”
早舩 花奈、平山 祐、辻 美恵子、永澤 秀子
Kana Hayafune, Tasuku Hirayama, Mieko Tsuji, Hideko Nagasawa

P-102, 「非対称性bismuth-rhodamine誘導体の合成とその光物性評価」
“Syntheses and evaluation of asymmetric bismuth-rhodamine derivatives”
向峯あかり、平山祐、辻美恵子、永澤秀子
Akari Mukaimine, Tasuku Hirayama, Mieko Tsuji, Hideko Nagasawa

P-148, 「細胞内酸化ストレス制御を目指した光解除型ケージドTPHP化合物の開発」
“Development of photocaged TPHP compounds for controlling intracellular oxidative stress”
辻美恵子、渡辺航、青木達也、平山祐、永澤秀子
Mieko Tsuji, Wataru Watanabe, Tatsuya Aoki, Tasuku Hirayama, Hideko Nagasawa

2019 Mar 21–23. 日本薬学会第139年会(千葉)にて向峯さん(D2)、早舩さん(M1)、平山准教授、永澤教授が発表します。

Ms. Mukaimine, Ms. Hayafune, A/Prof. Hirayama, and Prof. Nagasawa will have presentations at The 139th Annual Meeting of the Pharmaceutical Society of Japan.

Mar. 21 14:06–14:18
21T-pm04 「核局在型二価鉄検出プローブの開発研究」
早舩花奈、平山祐、辻美恵子、永澤秀子

Mar. 21 15:30–15:42
21M-pm11S 「Bismuth-rhodamine誘導体の合成法の確立と光物性制御に関する研究」
向峯あかり、平山祐、辻美恵子、永澤秀子

Mar. 23 13:30–15:30
一般シンポジウムS56:薬学における生命指向化学〜生体分子を標的として有機化学反応の新展開〜
S56-1 「生体内鉄イオンとの化学反応に基づく蛍光プローブ分子の開発と応用」
平山祐

Mar. 23 13:30–15:30
一般シンポジウムS57:がん微小環境の理解と克服に向けた薬学的アプローチとは?〜HIF-1αの理解と制御に向けて〜
S57-3 「がん微小環境モジュレーターの創出を目指す創薬研究」
永澤秀子

2019 Mar. 16–19. 日本化学会第99春季年会にて平山准教授が発表します。

A/Prof. Hirayama will have presentations at The 99th CSJ Annual Meeting.

Mar. 18 14:30–14:50
3F7-34 Asian International Symposium. Natural Products Chemistry, Chemical Biology, Biofunctional Chemistry and Biothechnology
“Development of fluorescent probes for monitoring labile Fe(II) ion in living cells”

Mar. 19 12:00–12:30
4S2-07 革新的医工連携による次世代の疾病診断・治療技術の創製
「鉄と病態との関連を探る新たな二価鉄蛍光プローブ分子の開発と応用」

2019 Mar. 14, 第92会日本薬理学会年会(大阪国際会議場)にて平山准教授が発表します。

Dr. Hirayama will have a presentation at The 92nd Annual Meeting of the Japanese Pharmacological Society

「鉄イオンを検出する蛍光プローブの開発と応用」
“Development and applications of fluorescent probes for the detection of Fe(II)”

S02 シンポジウム「必須微量金属研究のパラダイム・シフト」

2019. Mar. 4 当研究室と京都大学複合原子力科学研究所増永先生との共同研究成果がChemMedChem誌にアクセプトされました!

Collaboration work with Prof. Masunaga in Kyoto Univ. has been accepted by ChemMedChem!

Design, Synthesis, and Evaluation of Lipopeptide Conjugates of Mercaptoundecahydrododecaborate for Boron Neutron Capture Therapy

Aoi Isono Dr. Mieko Tsuji Dr. Yu Sanada Akari Matsushita Prof. Dr. Shinichiro Masunaga Dr. Tasuku Hirayama Prof. Dr. Hideko Nagasawa

ChemMedChem, 2019, in press, doi:10.1002/cmdc.201800793