2015.10.5 奥田准教授が開発した低酸素近赤外蛍光プローブが日経バイオテクにて紹介されました。

低酸素領域を可視化する近赤外蛍光プローブについて、開発経緯や網膜低酸素イメージングにおける有効性を説明しています。 記事はこちら 岐阜薬科大奥田氏、筑波大学と共同で糖尿病網膜症などの早期発見や治療効果検証に有効な近赤外光