2018 Nov. 9–10. 永澤教授が第16回がんとハイポキシア研究会にて発表します。

Prof. Nagasawa will have presentation at the 16th Annual Meeting of the Japanese Association of Cancer and Hypoxia Research

No. 28
「エキノマイシンの架橋構造に着目した新規抗腫瘍剤/HIF-1阻害剤の開発」
○永澤秀子、小池晃太、海老原昌弘、平山祐、辻美恵子

第16回がんとハイポキシア研究会

2018 Sep. 24–26. 第91会日本生化学大会にて平山准教授が発表します。

Prof. Hirayama will have a presentation at the 91st Annual Meeting of the Japanese Biochemistry Society

Sep. 26th 8:30~
3S09m: シンポジウム「生体金属のMagical Powerとその研究最前線」

「鉄イオンの生細胞イメージングを可能にする蛍光プローブの開発と応用」
“Development and applications of fluorescent probes that enable live cell imaging of Fe ion”

2018 Sep. 7. 当研究室の研究成果がMetallomics誌にアクセプトされました!

Our research results has been just accepted by Metallomics!

“Organelle-specific analysis of labile Fe(II) during ferroptosis by using a cocktail of various colour organelle-targeted fluorescent probes”

Tasuku Hirayama,* Ayaji Miki, Hideko Nagasawa

Metallomics, 2018, doi: 10.1039/C8MT00212F

鉄依存的細胞死であるFerroptosisにおいて起こる細胞小器官レベルの二価鉄イオン濃度変動を、我々の開発した蛍光プローブを用いたイメージングにて検出することに成功しました。

2018. May 28. 北里大学 坂本謙司先生のグループとの共同研究成果に関する論文がアクセプトされました。

“Iron-chelating agents attenuate NMDA-Induced neuronal injury via reduction of oxidative stress in the rat retina”

Kenji Sakamoto,∗, Taishi Suzuki, Kosuke Takahashi, Takumi Koguchi, Tasuku Hirayama, Asami Mori, Tsutomu Nakahara, Hideko Nagasawa, Kunio Ishii

Exp. Eye Res. 2018, 171, 30–36. doi: 10.1016/j.exer.2018.03.008