2019 Jun. 10–12, 日本ケミカルバイオロジー学会第14回年会にて辻助教、向峯さん(D3)、早舩さん(M2)が発表します。

Dr. Tsuji (Assist. Prof.), Ms. Mukaimine (D3), and Ms. Hayafune (M2) will have poster presentations in The 14th annual meeting of Japanese Society of Chemical Biology.

P-089, 「核局在型二価鉄検出プローブの開発研究」
“Development of nucleus-targeted Fe(II)-selective fluorescent probes”
早舩 花奈、平山 祐、辻 美恵子、永澤 秀子
Kana Hayafune, Tasuku Hirayama, Mieko Tsuji, Hideko Nagasawa

P-102, 「非対称性bismuth-rhodamine誘導体の合成とその光物性評価」
“Syntheses and evaluation of asymmetric bismuth-rhodamine derivatives”
向峯あかり、平山祐、辻美恵子、永澤秀子
Akari Mukaimine, Tasuku Hirayama, Mieko Tsuji, Hideko Nagasawa

P-148, 「細胞内酸化ストレス制御を目指した光解除型ケージドTPHP化合物の開発」
“Development of photocaged TPHP compounds for controlling intracellular oxidative stress”
辻美恵子、渡辺航、青木達也、平山祐、永澤秀子
Mieko Tsuji, Wataru Watanabe, Tatsuya Aoki, Tasuku Hirayama, Hideko Nagasawa

2019 Mar 21–23. 日本薬学会第139年会(千葉)にて向峯さん(D2)、早舩さん(M1)、平山准教授、永澤教授が発表します。

Ms. Mukaimine, Ms. Hayafune, A/Prof. Hirayama, and Prof. Nagasawa will have presentations at The 139th Annual Meeting of the Pharmaceutical Society of Japan.

Mar. 21 14:06–14:18
21T-pm04 「核局在型二価鉄検出プローブの開発研究」
早舩花奈、平山祐、辻美恵子、永澤秀子

Mar. 21 15:30–15:42
21M-pm11S 「Bismuth-rhodamine誘導体の合成法の確立と光物性制御に関する研究」
向峯あかり、平山祐、辻美恵子、永澤秀子

Mar. 23 13:30–15:30
一般シンポジウムS56:薬学における生命指向化学〜生体分子を標的として有機化学反応の新展開〜
S56-1 「生体内鉄イオンとの化学反応に基づく蛍光プローブ分子の開発と応用」
平山祐

Mar. 23 13:30–15:30
一般シンポジウムS57:がん微小環境の理解と克服に向けた薬学的アプローチとは?〜HIF-1αの理解と制御に向けて〜
S57-3 「がん微小環境モジュレーターの創出を目指す創薬研究」
永澤秀子

2019 Mar. 16–19. 日本化学会第99春季年会にて平山准教授が発表します。

A/Prof. Hirayama will have presentations at The 99th CSJ Annual Meeting.

Mar. 18 14:30–14:50
3F7-34 Asian International Symposium. Natural Products Chemistry, Chemical Biology, Biofunctional Chemistry and Biothechnology
“Development of fluorescent probes for monitoring labile Fe(II) ion in living cells”

Mar. 19 12:00–12:30
4S2-07 革新的医工連携による次世代の疾病診断・治療技術の創製
「鉄と病態との関連を探る新たな二価鉄蛍光プローブ分子の開発と応用」

2019 Mar. 14, 第92会日本薬理学会年会(大阪国際会議場)にて平山准教授が発表します。

Dr. Hirayama will have a presentation at The 92nd Annual Meeting of the Japanese Pharmacological Society

「鉄イオンを検出する蛍光プローブの開発と応用」
“Development and applications of fluorescent probes for the detection of Fe(II)”

S02 シンポジウム「必須微量金属研究のパラダイム・シフト」