プログラム(PDF)のダウンロードはこちら

一日目:7月10日(木)

11:00
受付(軽食配布)
11:30
開会/諸案内
11:45


依頼講演1(座長:森 裕二、名城大学)
加来 智弘(武田薬品工業)
「新規前立腺癌治療薬・TAK-700(Orteronel)の創製」
12:30


依頼講演2(座長:樋口恒彦、名古屋市立大学)
小竹 良彦(エーザイ)
「抗腫瘍性天然物プラジエノライドのケミカルバイオロジーと創薬」
13:15


依頼講演3(座長:高須清誠、京都大学)
安達 邦知(田辺三菱製薬)
「日本発世界初の新規経口多発性硬化症治療薬イムセラの創製」
14:00
休憩
14:15


依頼講演4(座長:中川秀彦、名古屋市立大学)
夏目 徹(独立行政法人産業技術総合研究所)

「定量プロテオミクスから展開する分子プロファイリング」
15:15


依頼講演5(座長:伊藤彰近、岐阜薬科大学)
石原 一彰(名古屋大学)

「酵素機能を指向する酸塩基複合触媒の設計」
16:15
コーヒーブレイク
16:25
ポスター発表
17:40



依頼講演6(座長:大高 章、徳島大学)
藤多 哲朗(京都大学名誉教授)

「創薬の楽しみ:冬虫夏草から免疫抑制(調節)薬 FTY720 (Fingolimod) の
開発物語 序論」
18:50
懇親会


二日目:7月10日(木)

9:00



依頼講演7(座長:眞鍋 敬、静岡県立大学)
菊地 哲朗(大塚製薬株式会社)
「大塚製薬こだわりの創薬研究の取り組みーアリピプラゾールの開発経緯と薬理作用―」
9:45


依頼講演8(座長:林 良雄、東京薬科大学)
佐藤 元秀(日本たばこ産業株式会社)
「HIV-1インテグラーゼ阻害薬「エルビテグラビル」の創薬研究」
10:30
休憩
10:40


依頼講演9(座長:北出幸夫、岐阜大学)
三好 荘介(アステラス製薬株式会社)
「PETイメージングによる医薬品開発」

11:25


依頼講演10(座長:菅 敏幸、静岡県立大学)
浅井 章良(静岡県立大学)
「静岡県におけるアカデミア創薬の実践」
12:40





ランチョンセミナー(提供:テバ製薬)
聞き手:井手口 直子(帝京平成大学)
話し手:桜井なおみ(キャンサー・ソリューションズ)
「〜患者さんの声から学ぶ Unmet Medical Needs〜」

このセミナーはラジオ日経が毎月2回お届けする薬剤師向けの番組” 井手口 直子の「メディカル・カフェ」"で8月に放送する予定です
13:40
表彰式/次回 創薬懇話会2015開催案内/閉会式
14:05
岐阜駅行きバス出発

創薬懇話会2014実行委員会

501-1196
岐阜県岐阜市大学西1−25−4
岐阜薬科大学 薬化学研究室
創薬懇話会2014 in 岐阜  奥田健介
Tel&Fax 058-230-8112
E-mail: yakka@gifu-pu.ac.jp