Presentations 2015 

日本生薬学会 第62年会 (岐阜) 9/11-12 (5演題)

2P-68

  •  カヤツリグサ科植物の成分研究 (4)  ヒトモトススキ の成分研究(第二報)

阿部尚仁1, 田中稔幸2, 邑田裕子3, 田中光彦4, 大山雅義11岐阜薬大・生薬, 2岐阜薬大・薬資, 3摂南大薬, 4近畿植物同好会)

2P-69

  • ツツジ科アメリカイワナンテンの成分研究 (第2報)

栗本沙也加1, 佐合ひかる1, 阿部尚仁1, 田中稔幸2, 邑田裕子3, 大山雅義11岐阜薬大・生薬, 2岐阜薬大・薬資, 3摂南大薬)

DSC033502P-70

  • アッツザクラ (Rhodohypoxis baurii) の成分研究 (2)

久根美優1, 阿部尚仁1, 田中稔幸2, 大山雅義11岐阜薬大・生薬, 2岐阜薬大・薬資)

DSC033542P-71

  • バナナ葉部に含まれるフェニルフェナレノン誘導体に関する研究

尹由梨1, 藤井直生1, 阿部尚仁1, 田中稔幸2, 大山雅義11岐阜薬大・生薬, 2岐阜薬大・薬資)

DSC033512P-72

  • ルリゴクラクチョウカ (Strelitzia nicolai) の成分研究 (2)

林千加1, 高井梨那1, 阿部尚仁1, 田中稔幸2, 大山雅義11岐阜薬大・生薬, 2岐阜薬大・薬資)

DSC03353

 


 

 Inaugural Symposium of the Phytochemical Society of Asia 2015  (Tokushima) 8/29-9/2

P1-04

  • Phytochemical Investigation of Cladium mariscus subsp. mariscus

Naohito Abe1, Toshiyuki Tanaka2, Hiroko Murata3, Mitsuhiko Tanaka4, Masayoshi Oyama1

1Laboratory of Pharmacognosy, Department of Biomolecules, Gifu Pharmaceutical University, 2Laboratory of Medicinal Resources, Gifu Pharmaceutical University, 3Faculty of Pharmaceutical Sciences, Setsunan University, 4Kinki Botany Association

 


 

日本薬学会 第135年会 (神戸) 3/25-28 (3演題)

27PB-pm172S

  • インドネシア産クスノキ科植物 Cryptocarya ferrea の成分研究(第一報)

◯ 高井梨那1, 阿部尚仁1, 田中稔幸2, 邑田仁3, Joko Ridho WITONO4, DarnaediDEDY4, 大山雅義11岐阜薬大・生薬, 2岐阜薬大・薬資, 3東大院・理, 4ボゴール植物園)

DSCN0016_01

27PB-pm173S

  • ツツジ科アメリカイワナンテンの成分研究(第1報)

栗本沙也加1, 佐合ひかる1, 阿部尚仁1, 田中稔幸2, 邑田裕子3, 大山雅義11岐阜薬大・生薬, 2岐阜薬大・薬資, 3摂南大薬)

DSCN0015_01

27PB-pm174S

  • カヤツリグサ科植物の成分研究 (2) メリケンガヤツリ (Cyperus eragrostis) の成分研究

高橋香菜1, 阿部尚仁1, 田中稔幸2, 邑田裕子3, 田中光彦4, 大山雅義11岐阜薬大・生薬, 2岐阜薬大・薬資, 3摂南大薬, 4近畿植物同好会)

DSCN0014_01

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください