岐阜薬科大学 生体機能解析学大講座

総説・その他

2003年以前

  1. Hara H., Sukamoto T. and Kogure K.
    Mechanism and Pathogenesis of Ischemia-induced neuronal damage.
    Progress in Neurobiology, 40, 645-670, 1992.
  2. Hara H., Kato H., Sukamoto T., Tsukamoto G. and Kogure K.
    Pharmacological prevention of ischemia-induced brain damage.
    Drugs of Today, 30, 123-144, 1994.
  3. Hara H., Morita T., Sukamoto T. and Cutrer M.F.
    Lomerizine (KB-2796), a new antimigraine drug.
    CNS Drug Reviews, 1, 204-226, 1995.
  4. Shimazawa M., Hara H. and Umemura K.
    The role for leukocytes and its adhesion molecules in restenosis.
    Current Topics in Pharmacol., 4, 307-315, 1998.
  5. Hara H.
    The role of apoptosis in Ischemia-induced neuronal damage: Possibility of caspase inhibitors.
    Folia Pharmacol. Japon, 113, 95-109, 1999.
  6. Ueda T., Momose K., Ogawa T., Suzuki Y., Seki T., Tanihara H., Hara H., Yoshikawa K. and Uchida E.
    Managing glaucoma: basic and clinical aspects of intraocular pressure control and neuroprotection.
    Jpn. J. Ocular Pharmacol., 17, 15-40, 2003.

2004年

  1. Hara H., Toriu N. and Shimazawa M.
    Clinical potential of lomerizine, a Ca2+ channel blocker as an anti-glaucoma drug: effects on ocular circulation and retinal neuronal damage.
    Cardiovascular Drug Reviews, 22, 199-214, 2004.

2005年

  1. Hara H., Ichikawa M., Oku H., Shimazawa M. and Araie M.
    Bunazosin, a selective α1-adrenoceptor antagonist, as an anti-glaucoma drug: effects on ocular circulation and retinal neuronal damage.
    Cardiovascular Drug Reviews, 23, 59-72, 2005.

2006年

  1. Ishida N., Odani-Kawabata N., Shimazaki A. and Hara H.
    Prostanoids in the therapy of glaucoma.
    Cardiovascular Drug Reviews, 24, 1-10, 2006.
  2. 原 英彰
    研究を行う上での心構えと論文作成のノウハウ
    アドスリー(東京)、Biophilia, Vol.2, 75-77, 2006.
  3. 工藤喬、今泉和則、 原英彰、武田雅俊、【アルツハイマー病診断・治療の新しい展開】 治療薬開発 小胞体ストレスのシャペロン誘導
    Pharma Medica 24(7), 59-62, 2006

2007年

  1. Hara H., Morimoto N., Inokuchi Y., Nakajima Y., Mishima S. and Shimazawa M.
    Neuroprotective effects of Brazilian green propolis against neuronal damage.
    The 23th annual meeting of Medical and Pharmaceutical Society for “WAKAN-YAKU”, 34-46, 2007
  2. 原英彰、嶋澤雅光、井口勇太、伊藤保志、村田博史、中島佳美、相原一、三浦正幸、新家眞
    網膜神経細胞死における小胞体ストレスの関与
    眼薬理,21,47-49,2007.
  3. Ito Y., Akao Y., Shimazawa M., Seki N., Nozawa Y. and Hara H.
    Lig-8, a highly bioactive lignophenol derivative from bamboo lignin, exhibits multifaceted neuroprotective activity.
    CNS Drug Reviews, vol. 13, No. 3,296-307, 2007.
  4. Shimazawa M., Inokuchi Y., Ito Y. and Hara H.
    Experimental techniques for animal models of retinal diseases in mice.
    Folia Pharmacol. Jpn. 129, 445-450, 2007.
  5. Chikaraishi Y., Shimazawa M. and Hara H.
    Evaluation system to search for inhibitory effect of retinal neovascularization in vitro and in vivo.
    Folia Pharmacol. Jpn. 129, 451-456, 2007.
  6. 工藤喬、今泉和則、原英彰
    分子シャペロン誘導剤の神経変性疾患治療への応用
    日本神経精神薬理学雑誌(Jpn. J. Neuropsychopharmacol.)27、63-67、2007.
  7. 原英彰
    脳虚血及び網膜障害による神経細胞死と小胞体ストレス
    Pharma Medica 25, 143-144, 2007.
  8. 関範雄、原英彰
    環境・資源循環型リグニン素材の開発 健康系リグニン素材
    平成18年度岐阜県生活技術研究所研究報告 No.9、2007.
  9. 原英彰、嶋澤雅光
    緑内障早期診断のための基礎技術の開発
    医科学応用研究財団研究報告
  10. Imaizumi K., Hara H., Ito Y., Takuma K., Nunomura A.
    The current studies of neuronal death and neurodegenerative diseases.
    Folia Pharmacol. Jpn. 130, 479-484, 2007.
    今泉和則、原英彰、伊藤芳久、田熊一敞、布村明彦
    神経細胞死と神経変性疾患の最先端研究
    日薬理誌、130、479-484、2007.

2008年

  1. Kotani Y., Shimazawa M., Yoshimura S., Iwama T. and Hara H.
    The experimental and clinical pharmacology of propofol, an anesthetic agent with neuroprotective properties.
    CNS Neuroscience & Therapeutics, vol. 14, No. 2, 95-106, 2008.
  2. 嶋澤雅光、原英彰
    網膜血管新生におけるVEGFの役割
    眼薬理、22、5-14、2008

2009年

  1. 原英彰、松永望
    アイケアサプリメントとしてのビルベリーエキス
    オレオサイエンス、9、283-291、2009
  2. 嶋澤雅光、原英彰
    網膜疾患治療の現状とアミロイドβの関与
    日薬理誌、134、309-314、2009
  3. 原英彰、小川健二郎
    眼に有効な健康食品
    健康食品管理士認定協会会報、4(4)、6-13、2009

2010年

  1. 相原一、村田博史、佐伯忠賜朗、太田貴史、靏我英和、藤代貴志、大橋正明、中川卓、陳逸寧、新卓也、澤村裕正、山岸麗子、富所敦男、新家眞、河崎洋志、間淵文彦、杉本栄一郎、原田高幸、寺田純雄、原英彰、成宮周、Jonathan G. Crowston, Antje Bernd, James D. Lindsey, Robert N. Weinreb
    眼疾患と動物モデル 緑内障研究へのマウスの応用―眼圧および網膜神経節細胞障害機序の解明を目指して―
    日本眼科学会雑誌、114(3)、217-247、2010
  2. 中村信介、嶋澤雅光、原英彰
    網膜血管新生とその治療薬
    日薬理誌、135、149-152、2010
  3. 大八木篤、原英彰
    統合失調症とヘパリン結合性上皮増殖因子(HB-EGF)―前脳選択的欠損マウスの表現型解析から―
    分子精神医学、10(2)、142-143、2010
  4. Ito Y., Shimazawa M. and Hara H.
    An approach for neuroprotective therapies of secondary brain damage after excitotoxic retinal injury in mice.
    CNS Neuroscience & Therapeutics, 16, e169-e179, 2010.
  5. 原英彰、嶋澤雅光、伊藤保志
    緑内障と外側膝状体の障害
    あたらしい眼科、27、1239-1240、2010

2011年

  1. 阿部康二、岡田靖、原英彰
    日本人の脳梗塞治療における抗血小板療法と脳出血 ―CSPS II の結果を受けて―
    J. New Rem. & Clin.(新薬と臨床), 60, 201-209, 2011
  2. 嶋澤雅光、原英彰
    PETを用いた緑内障早期診断法の確立
    PETジャーナル,13, 10-11, 2011.
  3. Shimazawa M. and Hara H.
    Novel Situations of Endothelial Injury in Stroke ― Mechanisms of Stroke and Strategy of Drug Development:
    Protective Effects of Antiplatelet Agents Against Stroke.
    J. Pharmacol. Sci., 116, 30-35, 2011.
  4. Hamanaka J. and Hara H.
    Involvement of Toll-like receptors in ischemia-induced neuronal damage.
    Central Nervous System Agents in Medicinal Chemistry, 11, 107-113, 2011.
  5. 石黒光紀、原英彰
    脳梗塞及び脳出血に対する抗血小板剤シロスタゾールの保護作用
    薬学雑誌、131、513-521、2011.
  6. 新家眞、北澤克明、山本哲也、澤田明、岩瀬愛子、山本精一郎、吉村健一、原英彰、嶋澤雅光、伊藤保志、山嶋哲盛、今村和幸、笹岡正顕、太田貴史、水野憲、川北耕二、大橋靖雄、白土城照、山崎芳夫、松本長太、玉置泰裕、相原 一、富所敦男、永原幸、山上淳吉、古関信之、石井清、高山淳、長谷川智之、間山千尋、内田彩子、山田秀之、大橋正明、Yi-Ning Chen、佐伯忠賜朗、重枝崇史、村田博、Kelvin Lee、鶴我英和、Mao Nakayama、山岸麗子
    緑内障:眼圧非依存障害因子への挑戦 ―ネズミ・サル・そしてヒトへ―
    日本眼科学会雑誌、115、213-237、2011
  7. 中村信介、原英彰
    カリジノゲナーゼの抗VEGF作用
    眼薬理、25、54-57、2011.
  8. 原英彰
    創薬のパラダイムシフト-見方を変えれば世界が変わる-
    日薬理誌、 138、133-134、2011.
  9. 力石裕一、伊豆田洋志、足立哲夫、原英彰
    増殖糖尿病網膜症患者の硝子体中細胞外スーパーオキシドジスムターゼ(EC-SOD)の役割
    岐阜薬科大学紀要、60、31-40、2011

2012年

  1. Oyagi A. and Hara H.
    Essential roles of heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor in the brain.
    CNS Neuroscience & Therapeutics, 18, 803-810, 2012.
  2. 原英彰
    アイケアサプリメントの開発と今後の課題
    FOOD STYLE 21、16、41-45、2012
  3. 田中潤司、下田博司、原英彰
    黒米エキスの眼に対する新規機能性
    FOOD STYLE 21、16、49-53、2012
  4. 小川健二郎、田中潤司、原英彰
    アントシアニン - Anthocyanin -
    眼科、54、873-886、2012
  5. 江頭裕介、原英彰
    脂肪組織由来幹細胞の脳保護効果
    分子脳血管病、11、46-51、2012
  6. 種田靖久、原英彰
    脳虚血後神経細胞障害における小胞体ストレスの役割
    岐阜薬科大学紀要、61、11-18、2012

2013年

  1. Ito Y., Tanaka H. and Hara H.
    The potential roles of metallothionein as a therapeutic target for cerebral ischemia and retinal diseases.
    Current Pharmaceutical Biotechnology, 14, 400-407, 2013.
  2. 大八木篤、原英彰
    前脳選択的HB-EGF 欠損マウスを用いた、中枢神経系の高次脳機能におけるHB-EGF の役割
    岐阜薬科大学紀要、62、12-21、2013
  3. 原英彰 田中彦孝
    筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療と早期診断
    ファルマシア、49、945-949、2013

2014年

  1. Ishisaka M. and Hara H.
    The roles of diacylglycerol kinases in the central nervous system: review of genetic studies in mice.
    Journal of Pharmacological Sciences, 124, 336-343, 2014.
  2. 嶋澤雅光
    緑内障の病態と薬物治療および今後の展望
    ファルマシア、50、207-211、2014
  3. 小川健二郎、原英彰
    網膜障害に対する食品色素成分の有効性
    FFIジャーナル、219、2、114-125、2014
  4. 田中彦孝、鶴間一寛、嶋澤雅光、原英彰
    膜貫通糖タンパク質GPNMBのALS病態に対する神経保護因子としての可能性
    岐阜薬科大学紀要、63、11-21、2014
  5. 中村信介、鶴間一寛、嶋澤雅光、原英彰
    カリジノゲナーゼの血管新生抑制作用
    岐阜薬科大学紀要、63、22-32、2014
  6. 田中彦孝、原英彰
    ALSの克服を目指して―ALSのバイオマーカー―
    日薬理誌、143、313、2014
  7. Ikegame Y., Yamashita K., Nakashima S., Nomura Y., Yonezawa S., Asano Y., Shinoda J., Hara H. and Iwama T.
    Fate of graft cells: what should be clarified for development of mesenchymal stem cell therapy for ischemic stroke?
    Frontiers in Cellular Neuroscience, 8, 322, 2014.
  8. 嶋澤雅光、原英彰
    視覚を用いた脳科学研究  小胞体(ER)ストレスと緑内障
    脳21、17、66-72、2014

2015年

  1. Masuda T., Shimazawa M. and Hara H.
    The kallikrein system in retinal damage/protection.
    European Journal of Pharmacology, 749, 161-163, 2015.
  2. 原英彰
    プロポリスの機能性食品としての有用性と今後の期待
    JPC Bulletin 一般社団法人 日本プロポリス協議会 会報、43、4-15、2015
  3. 原英彰
    新たなる大学連携への挑戦
    ファルマシア、51、329-331
  4. 原英彰
    医療分野で必要とされるマネジメント力
    Chukyo Business Review, 11, 41-51, 2015
  5. 葛西洋芳、原英彰
    緑内障治療薬の探索と薬理学的検討
    岐阜薬科大学紀要、64、21-27、2015
  6. 嶋澤雅光、杉谷創、井上雄有輝、鶴間一寛、原英彰
    光曝露誘発視細胞死に対するシグマ1受容体作動薬塩酸クタメシン(SA4503)の作用
    日眼会誌、119、470、2015 外国誌要覧
    (Effect of a sigma-1 receptor agonist, cutamesine dihydrochloride (SA4503), on photoreceptor cell death against light-induced damage. Exp. Eye Res. 132, 64-72, 2015)
  7. Tsujii S., Ishisaka M., Hara H.
    Modulation of endoplasmic reticulum stress in Parkinson’s disease.
    European Journal of Pharmacology,765, 154-156, 2015.
  8. 嶋澤雅光、原英彰
    網膜・視神経変性の病態とその神経保護治療戦略
    神経眼科、32、240-247、2015
  9. Nagahara Y., Tsuruma K., Shimazawa M. and Hara H.
    The effect of GPNMB on muscular atrophy caused by ALS
    Musculoskelet. Regen, 1(1), 2015.
  10. 井上雄有輝、原英彰
    萎縮型加齢黄斑変性治療薬の開発の現状について
    化学工業、66(12)、1-2、2015

    2016年

  11. Takagi T., Hara H.
    Protective effects of cilostazol against hemorrhagic stroke: current and future perspectives
    J. Pharmacol. Sci., 131(3), 155-161, 2016.
  12. 石坂光絵、原英彰
    ジアシルグリセロールキナーゼβ (DGKβ) 欠損マウスを用いた高次脳機能におけるDGKβ の機能解析
    岐阜薬科大学紀要、65、11-19、2016
  13. 小川健二郎、原英彰
    ビルベリー由来アントシアニンが目に与える機能性―ヒト臨床試験と機能性表示食品―
    岐阜薬科大学紀要、65、20-27、2016
  14. 髙木俊範、原英彰
    脳卒中病態におけるシロスタゾールの可能性―基礎研究からのアプローチ―
    脳循環代謝 27、277-280、2016
  15. 原英彰、久世祥己、増田智美、鶴間一寛、嶋澤雅光
    網膜に関する眼薬理学研究の最前線
    眼薬理,30,12-21,2016.
  16. Nishimura Y., Hara H.
    Integrated Approaches to Drug Discovery for Oxidative Stress-Related Retinal Diseases
    Oxidative Medicine and Cellular Longevity, Volume 2016, Article ID 2370252, 9 pages, 2016.

    2017年

  17. Masuda T., Shimazawa M. and Hara H.
    Retinal diseases associated with oxidative stress and the effects of a free radical scavenger (edaravone)
    Oxidative Medicine and Cellular Longevity, Volume 2017, Article ID 9208489, 14 pages, 2017.
  18. Nishimura Y., Kondo M., Hong S., Matsugi T. and Hara H.
    Oxidative Stress in Retinal Diseases
    Oxidative Medicine and Cellular Longevity, Volume 2017, Article ID 4076518, 2 pages, 2017.
  19. Nishimura Y., Tagawa M., Ito H., Tsuruma K. and Hara H.
    Overcoming obstacles to drug repositioning in Japan
    Frontiers in Pharmacology, 8:729, 2017.
  20. 嶋澤雅光,西中杏里,原英彰
    マウス網膜静脈閉塞症モデルの確立
    日薬理誌、150、1-5、2017

    2018年

  21.  Nakamura S, Shimazawa M, and Hara H.
    Physiological roles of metallothioneins in central nervous system diseases
    Biol. Pharm. Bull., Vol. 41, No. 77, 2018.
  22. Hara H, Kuse Y, Nakamura S, Shimazawa M
    How does LED affect the animal breeding and experiments?
    Japanese Association for Experimental Animal Technologists, Vol.53, No.1, 27-34, 2018
  23. 嶋澤雅光、稲垣賢
    網膜疾患治療薬創薬の戦略
    生体の化学、69(4)、333-338、2018
  24. 嶋澤雅光、原英彰
    緑内障の神経保護治療への研究アプローチ ―緑内障病態における小胞体ストレスの関与―
    〈第37回日本眼薬理学会 プロシーディング〉
    眼薬理、32、43-46、2018
  25. 嶋澤雅光
    緑内障における小胞体ストレス応答機構
    Frontiers in Glaucoma、56、49-54、2018
  26. 嶋澤雅光、原英彰
    霊長類による網膜疾患モデルの確立と創薬戦略
    日薬理誌、152、139-146、2018
  27. Nishimura Y and Hara H
    Editorial: Drug Repositioning: Current Advances and Future Perspective
    Frontiers in Pharmacology, section Experimental Pharmacology and Drug Discovery,in press
  28. 嶋澤雅光、原英彰
    筋萎縮性側索硬化症における小胞体ストレスの関与と治療薬の可能性
    THE BONE、 32(2)、 85-90、 2018
  29. 稲垣賢、川瀬和秀、船戸道徳、関順子、川瀬千鶴、大内一輝、亀山翼、安藤栞、佐藤ありす、両角歩、中村信介、嶋沢雅光、家島大輔、岩田岳、山本哲也、金子英雄、原英彰
    家族性正常眼圧緑内障患者iPS細胞由来網膜神経節細胞に対するチモロールの作用
    日眼会誌、122、9、2018
  30. 森口真結、中村信介、井上雄有輝、西中杏里、中村真帆、嶋沢雅光、原英彰
    ヨウ素酸ナトリウム投与による視細胞およびRPEの不可逆的な変性にマクロファージが寄与する
    日眼会誌、122、11、2018

Page Top