研究概要

研究テーマ Research Interests  

感染制御学研究室では、微生物による感染症の発症機構や宿主の生体防御機構の解析、ワクチンや化学療法薬の開発を行っている。重点テーマは以下の通り。

  1. サイトメガロウイルス(CMV)は、妊婦に感染し胎盤を介して胎児に感染(先天性感染)する。我国では出生児300人に1人に感染が見られ、感染児の3割程度が発達遅滞や神経学的障害を発症する。同胞兄弟の唾液・尿等を介して妊婦に感染するためワクチン開発が必須であり、小動物で唯一CMVの経胎盤感染と病態解析が可能なモルモットモデル (図1)を用いて、ワクチンの開発研究を行っている。さらに、遺伝子組換え技術を駆使して各種の変異ウイルスを作製し、感染の分子機序、胎盤における感染病理、神経病原性の発症機序、宿主免疫からの回避機構などを解析している。
  2. 新規抗ウイルス薬の探索とその作用機序の解明に加え、細菌やウイルス感染症に伴う炎症を制御することが期待される機能性食品成分などの効能評価を行っている。
  3. 従来の注射型ワクチンでは病原体の侵入門戸に当る粘膜面での感染防御に制約があり、このため粘膜ワクチンの開発が進められている。そのための基盤的技術として、乳酸菌を送達体のベースにした新たな「飲むワクチン」(経口ワクチン)の可能性を小動物モデルで検討している(図2は、好酸球がDNAワクチン送達標的であることを解明したもの)。

We study molecular pathogenesis of infectious diseases, host immune responses against infectious agents, and development of vaccines and antiviral compounds. The main on-going research projects are as follows:

  1. Congenital cytomegalovirus (CMV) infection occurs in 0.3% of all births, and causes birth defects and developmental abnormalities in Japan. Since saliva/urine of siblings is the major source of infection, it is essential to develop vaccines to protect pregnant women from infection. Using guinea pig models (Fig. 1), we evaluate strategies for CMV vaccine development. In addition, we study molecular mechanisms of viral infection, neurological pathogenesis, and viral evasion from host immune responses.
  2. We screen novel antiviral compounds that can be alternatives of the licensed drugs and analyze their inhibitory mechanisms. We also evaluate efficacy of ingredients of Foods with Function Claims against inflammation induced by bacterial or viral infections.

3. We develop oral vaccine strategies based on lactic acid bacteria as carriers for antigens and DNA vaccines in small animal models (Fig. 2 shows that eosinophils are the main targets for oral DNA vaccine delivery using lactic acid bacteria).

研究課題 Research Publications               

  1. サイトメガロウイルスの感染・発症機序、感染防御、ワクチン開発に関する研究
    Pathobiological and immunological studies on cytomegalovirus infection and vaccine development.
  1. 新規抗ウイルス薬の探索と作用機序に関する研究
    Screening of novel antiviral compounds and analyses of their inhibitory mechanisms.
  1. 乳酸菌を送達体とする経口ワクチンの開発に関する研究
    Studies on oral vaccine strategies based on lactic acid bacteria in small animal models.