研究概要

研究テーマ Research Subjects  

感染制御学研究室では、微生物による感染症の発症機構や宿主の生体防御機構の解析、ワクチンや化学療法薬の開発を行っている。重点テーマは以下の通り。

1) 妊婦に感染したサイトメガロウイルス(CMV)は胎児に感染し、発達遅滞や神経学的障害などの先天性CMV感染症を起こす。出生児の0.3%に感染が見られ、3割程度が症候性である。同胞兄弟の唾液・尿等を介して妊婦に感染するためワクチン開発が必須である。このため、小動物で唯一経胎盤感染と病態解析が可能なモルモット (図1)を用いて、ワクチンの開発研究を行っている。また、ワクチン候補抗原を免疫した動物血清やヒト血清中のCMVに対する中和(感染防御)抗体の迅速簡便測定法などの診断・検査法の開発も行っている。さらに、アシクロビルやガンシクロビルなどに代わる新規抗ヘルペス薬の探索とその作用機序の解明を行っている。

2) 胎盤は一過性に形成される組織であり、胎児を攻撃しないために特殊な免疫応答により感染防御が図られている一方、CMVは、その宿主免疫を回避する機能を用いて感染を成立させていると考えられている。蛍光タンパク質を発現する組換えCMV改変系により様々な変異ウイルスを作製し(図2)、母子感染に関わる宿主免疫及びCMVの免疫回避機構の詳細について解析を行っている。

3) 従来の注射型ワクチンに代わる経口粘膜ワクチンの基盤的技術として、乳酸菌を送達体のベースにしたワクチンの可能性を小動物モデルで検討している。

 

We study infectious diseases, immune responses against infectious agents, vaccines and anti-microbial compounds. The main on-going research projects are as follows:

1) Congenital cytomegalovirus (CMV) infection occurs in 0.3% of all births, and causes birth defects and developmental abnormalities.  Since saliva/urine of siblings is the major source of infection, it is essential to develop vaccines to protect pregnant women from infection.  Using guinea pig models (Fig. 1), we scrutinize pathogenesis in the placenta and fetuses for vaccine development.  In addition, we develop rapid and convenient diagnostic assays for quantification of neutralizing antibodies against CMV in sera from animals immunized with vaccine antigen candidates and in human sera.  We also screen novel compounds that can be alternatives of acyclovir and ganciclovir and analyze their inhibitory mechanisms.

2) The placenta is a unique tissue developed transiently during pregnancy, in which NK cells instead of T cells seem to play the major role in control of infection due to avoid attacking the fetus. It is likely that some functions of CMV for immune evasion allow establishment of infection.  We analyze the host immune mechanisms and viral immune evasion mechanisms in the context of congenital infection, by using various fluorescent protein-expressing recombinant CMV mutants (Fig. 2).

3) We develop oral vaccine strategies based on Lactococcus in small animal models.