書籍・総説・その他

22.Inoue N, Abe M, Kobayashi R, Yamada S. Chapter 13. Vaccine development for cytomegalovirus.  In: (Eds) Kawaguchi Y, Mori Y, Kimura H. Adv Exp Med Biol 1045 “Human herpesviruses”, Springer

21.古谷野伸、井上直樹:サイトメガロウイルス感染症(特集:古くて新しい日和見感染症)、臨床と微生物 44:63-8,2017

20.井上直樹、安井瑠香、馬島龍一、山田晃平:新しい抗ヘルペスウイルス薬、臨床とウイルス 43:285-95,2015

19.井上直樹:研究者の役割としての検査法・薬剤・ワクチンなどの開発、小児保健研究 74:822-4,2015

18.Yamada S, Taniguchi R, Kosugi I, Inoue N. Cytomegalovirus, pp.273-312. In: (Eds) Singh SK & Ruzek D. “Neuroviral Infection” Taylor & Francis CRC Press, 2013.

17.井上直樹、谷口留美、古谷野伸:「サイトメガロウイルス、Epstein-Barrウイルス、ヒトヘルペスウイルス-6, -7, 8」 特集:抗ウイルス療法の現状と今後の展望  臨床と微生物 40:36-42, 2013.

16.Sugiyama T, Takahashi K, Mori H. Royal jelly acid, 10-hydroxy-trans-2-decenoic
acid, as a modulator of the innate immune responses. Endocr Metab Immune Disord
Drug Targets. 12(4):368-76,2012 Dec.: www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23061418

15.井上直樹、橋本楓、福地早希: 「新規抗ヘルペスウイルス薬開発の現状」特集 抗ウイルス薬-最新の動向- 日本臨床 70:642-648, 2012.

14.Inoue N. Chapter 84 Human herpesvirus 5 (cytomegalovirus), pp. 949-962. In: (Ed) Liu D, “Molecular detection of human viral pathogens” Taylor & Francis CRC Press, 2011.

13.井上直樹 4-3章 先天性サイトメガロウイルス感染児の診断と疫学, 「母子感染」川名尚編、金原出版、

12.山田秀人、谷村憲司、森岡一朗、森實真由美、園山綾子、平久進也、蛯名康彦、井上直樹、古谷野伸、峰松俊夫: 「周産期感染におけるカウンセリング-トキソプラズマとサイトメガロウイルス」産婦人科の実際 60:1309-21, 2011.

11.山田秀人、森岡一朗、森實真由美、園山綾子、谷村憲司、松尾希世美、松尾雅文、峰松俊夫、古谷野伸、井上直樹: 「先天性サイトメガロウイルス感染症の胎児・新生児治療」 産婦人科治療 102:131-138, 2011.

10.山田秀人、森岡一朗、森實真由美、園山綾子、谷村憲司、松尾希世美、松尾雅文、峰松俊夫、井上直樹、古谷野伸: 「サイトメガロウイルス」 特集:母児感染が問題となる感染症 周産期医学41:181-188, 2011.

9.古谷野伸、井上直樹、長森恒久、藤枝憲二: 「先天性サイトメガロウイルス感染マススクリーニング体制の構築」マススクリーニング学会誌

8.山田秀人、森實真由美、園山綾子、森岡一朗、松尾雅文、東寛、峰松俊夫、井上直樹、古谷野伸: 「妊婦のサイトメガロウイルス感染」 周産期医学40:259-263, 2010.

7.金井亨輔、山田壮一、井上直樹: 「HHV-3(VZV)」特集:ヘルペスウイルス ウイルス66:197-208、

6.井上直樹: 「サイトメガロウイルスの新生児マススクリーニング・レトロスペクティブ診断・遺伝子型解析」 日本周産期・新生児学会雑誌44:112-115, 2008.

5.古谷野伸、井上直樹、長森恒久、藤枝憲二: 「先天性サイトメガロウイルス感染の臨床像―症候性および無症候性の比較」ウイルス感染症セミナー10:1-4, 2008.

4.Krug LT, Teo CG, Tanaka-Taya K, Inoue N. Chapter 6 Newly identified human herpesviruses. pp.197-276. In: (Eds) Fong IW, Alibek K. “Emerging Infectious Diseases of the 21st Century” Springer, NY.

3.井上直樹、野澤直樹: 「HCMVのゲノム構造と遺伝子機能」日本臨床64巻増刊号3:377-385, 2006.

2.野澤直樹、井上直樹: 「CMVの先天性感染機構」日本臨床64巻増刊号3:446-450, 2006.

1.Inoue N, Dambaugh TR, Pellett PE. Molecular biology of human herpesviruses 6A and 6B. Infect Agent Dis 2:343-360, 1994.

 

 

 


Copyright© 2014 Laboratory of Microbiology and Immunology,Gifu Pharmaceutical University.
All rights reserved.
岐阜薬科大学 生命薬学大講座 感染制御学研究室
〒501-1196 岐阜市大学西1-25-4 TEL 058-230-8100 (代表)