令和元年度 顕彰式(村山記念奨学金)

5回生の長島和希さんが村山記念奨学金対象学生に選ばれ、顕彰式が行われました。ぜひ、学業・研究に役立ててください。おめでとうございます。

 

村山記念奨学金とは・・・学生の更なる学習・研究意欲の向上、活力の醸成、もって本学のより一層の活性化を図るため、学業成績優秀者を顕彰する本学独自の奨学金。給付額は年間25万円を2年間(返還不要)。

顕彰式の様子はこちら→

五月祭2019 

令和元年、はじめての五月祭に参加しました。

雲一つない晴天に恵まれ、就活組も合流してソフトボールやテニス、バレーボールなどで身体を動かし楽しみました。結果は・・・(参加することに意義がある!/byクーベルタン)

続きはこちら→

2018年 学長杯!

12月15日、学長杯争奪駅伝大会が行われ、女子チームが準優勝しました!本来は4人1チームのはずが人数不足で3人しかおらず、一走と四走は同じ人が走りました。みなさん、お疲れさまでした!

→勇姿をもっと見たい方はこちら

薬大祭 2018

10月18日~20日、薬大祭が行われました。

秋晴れのさわやかな天気に恵まれた18、19日は球技大会。バスケット、バレー、テニス、ソフトボールなど様々な競技に参加。今週配属されたばかりのフレッシュな3回生も参加してくれて、感染制御学Team一丸となって戦いました!

勇姿はこちら→

 

H30年度 国際交流事業で中国の大学に派遣されました

9月16日(日)~22日(土)、4回生の長島和希さんが国際交流事業の派遣学生に選抜され、中国薬科大学・浙江大学へ研修に行きました。

『中国の二つの大学のスケールの大きさに驚き、現地の学生の語学力の高さを痛感しました。今後は、勉学や研究だけでなく世界の人と満足にコミュニケーションが取れるように語学力をつけ、視点を広げ、世界で通用するような人材になりたいと思います。』(長島さん)

広大な敷地の浙江大学

英語でのプレゼンは緊張しました

中国薬科大学の校内見学

中央手前の中国の学生さんは英語はもちろんのこと、日本語もペラペラでした

中国の薬局。漢方が多数

中国薬科大学の学生寮

 

オープンキャンパス2018

8月6日・7日、オープンキャンパスが行われました。

当研究室では、自分の身体に存在する常在細菌を採取して染色し、顕微鏡で見てもらいました(口の中から採取)。口腔内の細胞とそこに住む細菌、形などの違いにも気付き、最後に写真撮影にチャレンジ。将来、薬学部を目指すきっかけになってくれるといいですね。

オープンキャンパス2018

ボーリング大会2018

院生会主催のボーリング大会が行われました。数少ない練習の成果を見事に発揮し、新メンバーの活躍やチームワーク力で栄光の準優勝!おめでとう!!

 

続きはこちら→

五月祭2018

5月9日、五月祭が行われました。

前夜に降った雨の影響で、今年も室内競技のみの開催(五月祭は3年連続雨…)となり、屋内でバレーボールに参加しました。就活、実習などでメンバー不揃いがちの中、4回生を中心に頑張ってくれました!腰塚先生も初参加です。

五月祭の様子はこちら→

 

 

大運動会!

12月13日、院生会主催の大運動会が行われました。

ちょっと寒い日でしたが、借り物競争、大縄跳び、綱引き等々大いに盛り上がり…可愛くて実用的な賞品を獲得!さすがです!

もっと見たい方はこちら→

薬大祭2017

10月19日~21日、薬大祭が行われました。
球技大会はバレーボールとバスケットボール。
また、模擬店も出店。メニューはゼリー(コロニー風?)と飲み物。あっという間に完売です!

→続きはこちら

 

 

 

H29年度国際交流事業で中国の大学に派遣されました

9月12日(火)~18日(月)、5回生の竹田美瑛さんがH29年度国際交流事業で中国薬科大学・浙江大学薬学部に派遣されて学生達と国際交流をし、多くの貴重な体験をしました。

『訪問した2つの大学はどちらも岐阜薬科大学と比較にならないほど広く、中国の経済力や教育への熱意を感じました。また、学生方は英語が堪能なだけでなく日本語まで話せる方もいて、自分の英語力の欠如や英語でのコミュニケーションの重要さを痛感しました。今後はグローバルに活躍できるよう積極的に取り組んでいきたいです』(竹田さん)

中国薬科大学の学生と。学内の競技場のようなグランドにて

浙江大学の先生・学生たちとの交流

浙江大学内の博物館

才能開花教育が開催されました

9月2日(土)、才能開花教育『薬学 ~薬はこうしてできあがる~』が行われました。薬学に興味やあこがれを持つ岐阜市内の中学生80名を対象に、植物からの薬の成分の抽出や薬の製剤方法など、薬ができるまでの過程に関わる様々な実験を各研究室で体験してもらいました。

当研究室では、自分に住んでいる細菌を顕微鏡を使って観察してもらいました。普段、学校の授業では習うことのない「薬学」。輝いた目をした中学生たちにさらに学ぶ意欲を高めてもらえたら嬉しいですね。