研修旅行2019 in Kyoto&Nagahama

8月22日~23日、研修旅行に行きました。月桂冠の酒造見学や伏見稲荷、東山エリア散策をし、長浜の黒壁スクエアに寄りました。お天気が心配されましたが、思ったより大丈夫で予定通り楽しめました!
(今年の宴会芸はすっごく面白かった!!と大好評)

続きはこちら→

オープンキャンパス2019

8月2日(金)、5(月)の2日間にわたりオープンキャンパスを開催し、猛暑の中たくさんの高校生が訪れてくれました。感染制御学研究室では、「自分の身体に住んでいる細菌を見てみよう!」を実施体験。そのほかミニ講義やキャンパスツアーもあり、岐阜薬科大学の魅力を感じてもらえていれば嬉しいです。

研究室体験の様子はこちら→

 

 

ボーリング大会2019

7月3日(水)、ボーリング大会が開催されました。今年の感染制御学チームはブラック軍団、やるときはやる!好結果となりました(本調子でない人もいたようですが…)。

続きはこちら→

 

 

『岐阜薬科大学サイエンスショー』開催!

6月29日(土)、岐阜市科学館にてスーパー理科室「岐阜薬科大学サイエンスショー」を開催しました!ショーの講師を務めたのは、M1の奥村さん、古賀さん、徳納さん。

テーマは「身近なバイキンを見てみよう」。1日3回のショーにはたくさんのおともだちが参加してくれ、口の中に住むバイキンを顕微鏡で見てもらいました。

「おもしろーい!」「うわー」「きもちわるーい」…子どもたちからいろいろな声が飛び交い、ゲストサイエンスショーは大盛況。講師のみなさん、お疲れさまでした。

サイエンスショーの様子はこちら→

 

令和元年度 顕彰式(村山記念奨学金)

5回生の長島和希さんが村山記念奨学金対象学生に選ばれ、顕彰式が行われました。ぜひ、学業・研究に役立ててください。おめでとうございます。

 

村山記念奨学金とは・・・学生の更なる学習・研究意欲の向上、活力の醸成、もって本学のより一層の活性化を図るため、学業成績優秀者を顕彰する本学独自の奨学金。給付額は年間25万円を2年間(返還不要)。

顕彰式の様子はこちら→

論文が発表されました

福島医大錫谷教授のグループが主となって長年取り組んできたサイトメガロウイルスの血清学に関する共同研究の論文が公表されました。

Ikuta K, Koshizuka T, Kanno R, Inoue N, Kubo T, Koyano S, Suzutani T.
Evaluation of the indirect and IgM-capture anti-human cytomegalovirus (CMV) IgM ELISA methods as confirmed by CMV IgG avidity.
Microbiol Immunol. 2019 Apr 23. doi: 10.1111/1348-0421.12683.

五月祭2019 

令和元年、はじめての五月祭に参加しました。

雲一つない晴天に恵まれ、就活組も合流してソフトボールやテニス、バレーボールなどで身体を動かし楽しみました。結果は・・・(参加することに意義がある!/byクーベルタン)

続きはこちら→

髙橋圭太助教がまとめた論文が受理されました

6回生の花村さんをはじめ、何人かの卒業生が関わった研究を高橋助教がまとめた下記の論文が、Journal of Microbiological Methodsに受理されました。

Keita Takahashi, Yuki Hanamura, Nagisa Tokunoh, Kohei Kassai, Masaru Matsunishi, Shiori Watanabe, Tsuyoshi Sugiyama and Naoki Inoue. 
Protective effects of oral immunization with formalin-inactivated whole-cell Citrobacter rodentium on Citrobacter rodentium infection in mice. Journal of Microbiological Methods, 159 (2019) 62–68 ,2019 Apr
doi:10.1016/j.mimet.2019.02.016 .