腰塚准教授の論文が受理されました

ヒトサイトメガロウイルス(HCMV)が持つ遺伝子産物が宿主細胞の転写調節を制御する可能性を示した論文です。今後はHCMVが感染しうる多様な細胞において同様の現象が起こるかどうかを調べていきたいと考えています。

Koshizuka T, Inoue N.
Activation of c-Jun by human cytomegalovirus UL42 through JNK activation.
PLoS One. 2020 May 5;15(5):e0232635. doi: 10.1371/journal.pone.0232635.