6回生 竹田さんを筆頭著者とした論文が受理されました

6年生竹田美瑛さん、卒業生(平成28年度修士修了生)渡辺真次さんをはじめとした研究室メンバーと国立感染症研究所 片野先生のグループとの共同研究の成果がOpen accessのPLoS Pathogens誌に受理されました。

Miei Takeda, Shinji Watanabe, Harutaka Katano, Kazuma Noguchi, Yuko Sato, Sayaka Kojima, Takuya Miura, Ryuichi Majima, Souichi Yamada, and Naoki Inoue. 
Roles of GP33, a guinea pig cytomegalovirus-encoded G protein-coupled receptor homolog, in cellular signaling, viral growth and inflammation in vitro and in vivo.  PLoS Pathogens14(12): e1007487. https://doi.org/10.1371/journal.ppat.1007487