髙橋圭太助教の論文が受理されました

腸管内の外来抗原は特殊な上皮細胞であるM細胞を介して免疫誘導組織(パイエル板)に取込まれ、腸管免疫を誘導します。本論文は、乳酸菌の分泌する抗原の「パイエル板への移行性」を向上させる工夫をすることで、乳酸菌による免疫誘導を増強できることを示したものです。

Keita Takahashi, Ayumu Yano, Shiori Watanabe, Philippe Langella, Luis G. Bermúdez-Humarán, Naoki Inoue.
M-cell targeting strategy enhances systemic and mucosal immune responses induced by oral administration of nuclease-producing L. lactis.Applied Microbiology and Biotechnology, in press.doi: 10.1007/s00253-018-9427-1