腰塚哲朗准教授の論文が受理されました

遺伝子組換え技術によりマーカー遺伝子を挿入した組換えサイトメガロウイルスを用いた化合物スクリーニング法に関する下記の論文がMicrobiology and Immunology誌に受理されました。これにより多様な活性を持つ化合物の探索を容易に行うことができます。

Koshizuka T, Sato Y, Kobiyama S, Oshima M, Suzutani T.
A two-step culture method utilizing secreted luciferase recombinant virus for the detection of anti-cytomegalovirus compounds. Micorbiol. Immunol 2018 Oct;62(10):651-658,In Press.
doi: 10.1111/1348-0421.12645

原著・論文発表