卒業生 三浦拓也さんを筆頭著者とした論文が受理されました

2017年3月に修士課程を修了された三浦拓也さんを筆頭著者とした論文が受理されました。

Takuya Miura, Reina Makino, Kouhei Yamada, Miku Matsuura, Misaki Okumura, Souichi Yamada, Shinji Watanabe, Naoki Inoue.  Differences in the effects of mutations in GP131, a guinea pig cytomegalovirus homologue of pentameric complex component UL130, on macrophage and epithelial cell infection.  J Gen Virol,in press.  doi:10.1099/jgv.0.001137

論文・原著発表