卒業生 矢野歩さんを筆頭著者とした論文が受理されました

平成28年度3月に修士課程を修了した矢野歩君を筆頭著者とした乳酸菌グループ(高橋助教)の初めての論文が受理されました。

Yano A, Takahashi K, Mori Y, Watanabe S, Hanamura Y, Sugiyama T, Inoue N. Peyer’s patches as a portal for DNA delivery by Lactococcus lactis in vivo. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2018;41(2):190-197. doi: 10.1248/bpb.b17-00657.

論文・原著発表→