井上教授の論文が受理されました

AMED母子感染研究班(代表:藤井知行東大教授)による先天性サイトメガロウイルス感染の新生児核酸検査に関する多施設共同研究の成果を、井上教授が責任著者としてThe Pediatric Infectious Disease Journalに投稿していた下記の論文が受理されました。

Fujii T, Oka A, Morioka I, Moriuchi H, Koyano S, Yamada H, Saito S, Sameshima H, Nagamatsu K, Tsuchida S, Inoue N for the Japanese Congenital Cytomegalovirus Study Group.
Newborn congenital cytomegalovirus screening based on clinical manifestations and evaluation of DNA-based assays for in vitro diagnostics.
Ped Infec Dis J.  2017 Oct;36(10):942-946. doi: 10.1097/INF.0000000000001630.

論文・原著発表