本文へスキップ

岐阜薬科大学実践社会薬学研究室は薬学研究と教育を通して医療の発展に貢献します。

         

研究紹介RESEARCH

研究内容

 実践社会薬学研究室は、岐阜県内外の病院、薬局と密接に連携して、臨場感溢れる実践教育と臨床研究を行っています。患者さんを中心とした医療の中での薬剤師の使命が 理解できる実践型薬剤師を養成します。また、臨床実習の教育手法および評価方法に関する研究を行い、長期実務実習の質の向上を目指します。

 臨床研究では、薬剤師が臨床現場で直面している課題を題材とした研究を行い、得られた成果を臨床にフィードバックすることを目指しています。
 「薬剤師業務の質の向上と効率化に関する研究」では、日常業務の安全性向上、薬剤師職能の高度化、業務の効率化を目指した臨床研究とシステム開発を行い、本学附属薬局あるいは連携病院での実践を図っています。

 近年、ゲノム薬理学など生命科学の急速な進歩に伴い、分子標的薬などの新たな医薬品が創製されています。これらの高度な薬物療法を患者毎に最適化するためには、これらの医薬品の効果や副作用についての個人差の解明が急務です。当研究室では、関連病院との協力のもと、薬剤師主導型の臨床研究を展開し、血中薬物濃度や患者ゲノム情報を解析し、あらたな薬物療法エビデンスの構築を目指しています。


 「後発医薬品の普及に関する研究」では、保険薬局で患者さんが安心して後発医薬品を選択できるように、後発 医薬品の付加価値について研究し、啓蒙を行っています。「服用しやすい新規剤形の開発に関する研究」では、薬剤を含有させた可食性フィルムを用いて、嚥下 困難な高齢者でも服用し易い新規剤形の開発を行っています。
 この他、本学附属薬局内の育薬創薬研究センターを活用して、臨床現場で直面している課題を収集し、地域の薬剤師と連携して問題解決のための研究を展開しています。

 また、高齢者人口の増加に伴い、在宅における薬物療法は医療において大きなウエイトを占めてきています。この在宅での薬物療法を安全かつ効率的に推進するためには、薬剤師の役割が重要です。当研究室では、在宅医療における薬物療法の最適化に関する研究を推進しています。



研究テーマ

「がん薬物療法の副作用の軽減に関する研究」

「薬剤師の専門性を生かした薬物療法の適正化に関する研究」

「後発医薬品の評価および使用促進に関する研究」

「コンピューターシステムを活用した薬剤業務支援システムの開発」

「在宅医療で期待される薬剤師の職能に関する研究」

「医薬品の販売・流通の適正化に関する研究」

「薬物動態と遺伝子情報に基づく個別化薬物療法を目指した臨床薬理研究」







バナースペース

岐阜薬科大学 実践社会薬学研究室

Laboratory of Pharmacy Practice and Social Science, Gifu Pharmaceutical University

〒501-1196 岐阜市大学西1丁目25-4
TEL 058-230-8100(代表)
FAX 058-230-8105(代表)