本文へスキップ

岐阜薬科大学実践社会薬学研究室は薬学研究と教育を通して医療の発展に貢献します。

         

日本臨床薬理学会の認定薬剤師研修施設に認定

日本臨床薬理学会の認定薬剤師制度による県内唯一の研修施設として認定されました。

日本臨床薬理学会の認定薬剤師制度は、我が国における認定薬剤師制度のなかでも最も歴史があり、臨床薬理学の専門家としての高度な知識と錬磨された技能を備える薬剤師を養成し、国民がより有効でかつ安全な薬物治療の恩恵を受けられるために貢献し、併せて臨床薬理学の普及向上を図るために制定されたものです。

2015年1月以降に研修施設である本学に、大学院生、教員、客員研究員などで2年以上在籍し、指導薬剤師による指導・推薦をうけ、所定の基準に到達することで日本臨床薬理学会の認定薬剤師試験の受験資格を得ることができます。

研修施設: 岐阜薬科大学
指導薬剤師: 実践社会薬学研究室・林秀樹准教授

制度の詳細は学会のホームページをご覧ください。
日本臨床薬理学会 認定薬剤師制度




バナースペース

岐阜薬科大学 実践社会薬学研究室

Laboratory of Pharmacy Practice and Social Science, Gifu Pharmaceutical University

〒501-1196 岐阜市大学西1丁目25-4
TEL 058-230-8100(代表)
FAX 058-230-8105(代表)