本文へスキップ

岐阜薬科大学実践社会薬学研究室は薬学研究と教育を通して医療の発展に貢献します。

         

ご挨拶MESSAGE


主任教授 博士(薬学) 杉山 正

CEO

実践社会薬学研究室のホームページへようこそ。

 実践社会薬学研究室 主任教授の杉山です。当教室は、2007年4月に開講された新しい研究室で、岐阜大学医学部附属病院薬剤部や岐阜薬科大学附属薬局と密接に連携して、臨場感溢れる実践教育と臨床研究を行っています。 教員が病院や薬局に常駐して、患者さんを中心とした医療の中での薬剤師の使命が理解できる実践型薬剤師を養成します。また、臨床実習の教育手法および評価方法に関する研究を行い、 薬学6年制に伴い導入される長期実務実習の質の向上を目指します。臨床研究では、薬剤師が臨床現場で直面している課題を題材とした研究を行い、得られた成果を臨床にフィードバックすることを目指しています。
 また、当研究室では、共同で臨床研究を実施していただける薬剤師や医療従事者の方を募集しております。今後、新たに展開する共同研究では、これまでに当研究室で培ったノウハウをご提供し、新しいエビデンスの構築を目指します。当研究室では、社会人大学院生として在職中の医療従事者の方の博士号の取得や、各種の認定・専門薬剤師取得のためのサポートも行います。
 どうぞよろしくお願いいたします。 
                                         杉山 正


バナースペース

岐阜薬科大学 実践社会薬学研究室

Laboratory of Pharmacy Practice and Social Science, Gifu Pharmaceutical University

〒501-1196 岐阜市大学西1丁目25-4
TEL 058-230-8100(代表)
FAX 058-230-8105(代表)