岐阜薬科大学
医薬品情報学
MORE

OVERVIEW

Better health through better drug information.

使命

本研究室の使命は、基礎研究および臨床研究を通じて、医薬品適正使用に必要とされる新しい“知識”を創出することにある。我々は、個々の“データ”を収集・解析・評価することで“情報”に加工し、その中から医療に役立つ普遍的な“知識”を見つけだし、その“知識”を社会に発信する。我々は、基礎および臨床を俯瞰したデータマネージメントを遂行できる人材を継続して社会に輩出する。

研究テーマ

我々は下記のDry研究およびWet研究を行っている。 
1. レギュラトリーサイエンスおよびトランスレーショナルリサーチに関する研究:大規模臨床副作用データベースを用いた医薬品の副作用情報の収集、解析、加工、および得られたエビデンスの臨床での活用.
2. リピドミクス手法を用いたスフィンゴリン脂質代謝物の新規疾患バイオマーカーの探索.
3. LC-MSを利用した生体マトリックス中薬物濃度の高感度分析法およびその臨床応用.

教育

From the “information”, we find the universal “knowledge”, which is useful in medicine, and transmit it to the world. We produce quality graduates/researchers who have a comprehensive, panoramic view in the data management process.

研究テーマ

Better health through better drug information.

Informatics, インフォマティス

We develop the collected data into information through evaluation and analysis.

Lipidomics, リピドミクス

New biomarker for atopic dermatitis, leukemia, and anti-cancer drug induced neurite toxicity focused on sphingolipid metabolism. Development of LC-MS technique for therapeutic drug monitoring.

教育

We focused on a project for the developing highly skilled professionals based on the field of regulatory science.

ARCHIVES

Better health through better drug information.

Original Article, 原著論文
Review, 総説
Publications 1, プロシーディング
Publications 2, 著書
Publications 3, 報告,寄稿など
Patent, 特許
Presentations, 学会発表
Symposium, 主催シンポジウム・研究会
Lecture, Seminor,講義・セミナー
Funding Information, 外部資金

Original Article, 原著論文

2017

85 百瀬和浩、竹中登一、中村光浩、原英彰
薬史学雑誌, 2017, 52, 印刷中.
日本におけるアカデミア発の創薬支援に関する経緯 - 1990~2017にかけての創薬支援 -
84 鈴木悠起也、岸達生、中村光浩、山田博章
医薬品情報学, 2017, 19, 印刷中.
医薬品添付文書の重大な副作用の追記に影響を及ぼす要因の解析
83 Matsui T, Umetsu R, Kato Y, Hane Y, Sasaoka S, Motooka Y, Hatahira H, Abe J, Fukuda A, Naganuma M, Kinosada Y, Nakamura M.
Int J Med Sci, 2017, 14, 102-109.
Age-related trends in injection site reaction incidence induced by the tumor necrosis factor-α (TNF-α) inhibitors etanercept and adalimumab: the Food and Drug Administration adverse event reporting system, 2004–2015

2016

82 Sasaoka S, Matsui T, Hane Y, Abe J, Ueda N, Motooka Y, Hatahira H, Fukuda A, Naganuma M, Hasegawa S, Kinosada Y, Nakamura M.
PLoS One, 2016, 11, e0164309.
Time-to-onset analysis of drug-induced long QT syndrome based on a spontaneous reporting system for adverse drug events
81 羽根由基, 梅津亮冴, 阿部純子, 上田夏実, 加藤大和, 松井利亘, 元岡佑美, 笹岡沙也加, 畠平春奈, 福田昌穂, 長沼美沙, 長谷川栞, 紀ノ定保臣, 中村光浩.
医薬品情報学, 2016, 18, 201-208.
有害事象自発報告データベースを用いた抗悪性腫瘍薬投与による皮膚障害の評価
80 井口和弘, 大久保沙知, 岩本理央, 堺千紘, 横山聡, 伊野陽子, 山下修司, 野口義紘, 松永俊之, 中村光浩, 杉山正, 寺町ひとみ.
日本地域薬局薬学会誌, 2016, 4, 1-8.
実務実習生の実習調剤時における数量間違い対策導入効果
79 井口和弘, 堺千紘, 伊野陽子, 山下修司, 野口義紘, 松永俊之, 中村光浩, 杉山正, 寺町ひとみ.
薬局薬学, 2016, 8, 149-154.
岐阜薬科大学附属薬局における薬局間分割販売業務の状況調査
78 Abe J, Umetsu R, Mataki K, Kato Y, Ueda N, Nakayama Y, Hane H, Matsui T, Hatahira H, Sasaoka S, Motooka Y, Hara H, Kato Z, Kinosada Y, Inagaki N, Nakamura M.
J Pharm Health Care Sci, 2016, 2, 14.
Analysis of Stevens-Johnson syndrome and toxic epidermal necrolysis using the Japanese Adverse Drug Event Report database
77 Kato Y, Umetsu R, Hosoya N, Ueda N, Abe J, Nakayama Y, Motooka Y, Kinosada Y, Oyama M, Nakamura M.
Traditional & Kampo Medicine, 2016, 3, 63-70.
Analysis of licorice-induced pseudoaldosteronism in the Japanese Adverse Drug Event Report database
76 元岡佑美, 梅津亮冴, 阿部純子, 上田夏実, 加藤大和, 羽根由基, 松井利亘, 笹岡沙也加, 畠平春奈, 紀ノ定保臣, 中村光浩.
医療薬学, 2016, 42, 416-428.
有害事象自発報告データベースに基づく経口血糖降下薬による低血糖症発現リスクに関する研究
75 上田夏実, 加藤大和, 阿部純子, 中山蓉子, 松井利亘, 羽根由基, 笹岡沙也加, 元岡佑美, 畠平春奈, 加藤善一郞, 紀ノ定保臣, 中村光浩.
医薬品情報学, 2016, 18, 38-45.
医薬品副作用データベース(JADER)を用いたノイラミニダーゼ阻害剤と精神神経症状の関連性の検討
74 Naoki Mizutani, Yukari Omori, Yoshiyuki Kawamoto, Sayaka Sobue, Masatoshi Ichihara, Motoshi Suzuki, Mamoru Kyogashima, Mitsuhiro Nakamura, Keiko Tamiya-Koizumi, Yoshinori Nozawa, Takashi Murate
Biochem Biophys Res Commun, 2016, 470, 851-856.
Resveratrol-induced transcriptional up-regulation of ASMase (SMPD1) of human leukemia and cancer cells.
73 Inaba R, Hioki A, Kondo Y, Nakamura H, Nakamura M
Environ Health Prev Med, 2016, 21, 105-110.
Suspended Particle and Drug Ingredient Concentrations in Hospital Dispensaries and Implications for Pharmacists’ Working Environments.
72 加藤大和, 松井利亘, 羽根由基, 阿部純子, 上田夏実, 笹岡沙也加, 元岡佑美, 畠平春奈, 梅津亮冴, 中村光浩
レギュラトリーサイエンス学会誌, 6, 171-183.
日本の新医薬品薬価算定状況の解析
71 畠平春奈, 松井利亘, 加藤大和, 上田夏実, 阿部純子, 笹岡沙也加, 元岡佑美, 羽根由基, 紀ノ定保臣, 後藤千寿, 中村光浩
医療薬学, 2016, 42, 98-106.
有害事象自発報告データベースに基づくスタチン系薬剤による耐糖能異常新規発症リスクに関する研究
70 Cao K, Kato S, Komizu Y, Tanaka K, Arima C, Hosono Y, Chee TM, Yanagisawa K, Usami N, Taniguchi T, Yokoi K, Mizutani Y, Igarashi Y, Inokuchi J, Iwaki S, Fujii S, Nakamura S, Ueoka R, Tamiya-Koizumi K, Murate T, Kyogashima M, Nakamura M, Takahashi T, Suzuki M
J Clin Invest, 2016, 126, 254-265.
Targeting CERS6-dependent Metastasis-prone Phenotype in Lung Cancer Cells
69 Kanoh H, Banno Y, Nakamura M, Seishima M
J Contact Dermatitis, 2016, 74, 191-192.
Contact allergy to liquorice flavonoids: Analysis using liquid chromatography-mass spectrometry
68 笹岡沙也加, 松井利亘, 阿部純子, 梅津亮冴, 加藤大和, 上田夏実, 羽根由基, 元岡佑美, 畠平春奈, 紀ノ定保臣, 中村光浩
薬学雑誌, 2016, 136, 507-515.
有害事象自発報告データベース(JADERおよびFAERS)を用いた抗がん剤と手足症候群の検討

2015

67 Nakamura M, Umetsu R, Abe J, Matsui T, Ueda N, Kato Y, Sasaoka S, Tahara K, Takeuchi H, Kinosada Y.
J Pharm Health Care Sci, 2015, 1, 34.
Analysis of the time-to-onset of osteonecrosis of jaw with bisphosphonate treatment using the data from a spontaneous reporting system of adverse drug events
66 井深宏和, 横山美幸, 谷肇, 高島英滋, 吉田達彦, 金森豊, 川瀬晶子, 近藤剛弘, 加藤徳光, 遠藤英一, 日比野靖, 杉野正次郎, 山内茂義, 伊藤正隆, 中村光浩, 山崎太
日本薬剤師会雑誌, 2015, 67, 1629-1633.
岐阜県における処方せんの疑義照会に関する調査報告
65 井口和弘, 岩本理央, 堺千紘, 山下修司, 野口義紘, 松永俊之, 中村光浩, 杉山正, 寺町ひとみ
薬局薬学, 2015, 7, 105-111.
家庭用血圧計による血圧測定値に与えるカフの位置の影響
64 Umetsu R, Abe J, Ueda N, Kato Y, Matsui T, Nakayama Y, Kinosada Y, Nakamura M.
Biol Pharm Bull, 2015, 38, 1689-1699.
Association between selective serotonin reuptake inhibitor treatment and suicidality: Analysis of US Food and Drug Administration Adverse Event Reporting System data
63 松井利亘, 梅津亮冴, 加藤大和, 上田夏実, 阿部純子, 中山蓉子, 羽根由基, 紀ノ定保臣, 中村光浩.
医薬品情報学, 2015, 17, 145-154.
FAERSおよびJADERを用いた間質性肺炎に関する医薬品のシグナル検出
62 Ueda N, Umetsu R, Abe J, Kato Y, Nakayama Y, Kato Z, Kinosada Y, Nakamura M.
Biol Pharm Bull, 2015, 38, 1638-1644.
Analysis of neuropsychiatric adverse events in patients treated with oseltamivir in spontaneous adverse event reports.
61 羽根由基, 梅津亮冴, 上田夏実, 加藤大和, 中山蓉子, 松井利亘, 阿部純子, 紀ノ定保臣, 中村光浩.
医療薬学, 2015, 41, 556-565.
レニン-アンギオテンシン系阻害薬と血管浮腫との関連性の解析
60 Mizutani N, Inoue M, Omori Y, Ito H, Tamiya-Koizumi K, Takagi A, Kojima T, Nakamura M, Iwaki S, Nakatochi M, Suzuki M, Nozawa Y, Murate T.
J Biochem, 2015, 158, 309-319.
Increased Acid Ceramidase Expression depends on Upregulation of Androgen-dependent Deubiquitinases, USP2, in a Human Prostate Cancer Cell Line, LNCaP.
59 梅津亮冴, 阿部純子, 上田夏実, 加藤大和, 中山蓉子, 紀ノ定保臣, 中村光浩.
薬学雑誌, 2015, 135, 991-1000.
日本国内の有害事象自発報告データベースを用いた一般用医薬品の有害事象発生傾向の調査
58 Kato Y, Umetsu R, Abe J, Ueda N, Nakayama Y, Kinosada Y, Nakamura M.
J Pharm Health Care Sci, 2015, 1, 15.
Hyperglycemic adverse events following antipsychotic drug administration in spontaneous adverse event reports.
57 Abe J, Umetsu R, Kato Y, Ueda N, Nakayama Y, Suzuki Y, Suzuki T, Nagasawa H, Kinosada Y, Nakamura M.
Int J Med Sci, 2015, 12, 312-321.
Evaluation of Dabigatran- and Warfarin-Associated Hemorrhagic Events Using the FDA-Adverse Event Reporting System Database Stratified by Age.
56 Mizutani N, Omori Y, Tanaka K, Ito H, Takagi A, Kojima T, Nakatochi M, Ogiso H, Kawamoto Y, Nakamura M, Suzuki M, Kyogashima M, Koizumi K, Nozawa Y, Murate T.
J Cell Biochem, 2015, 116, 2227-2238.
Increased SPHK2 transcription of human colon cancer cells in serum-depleted culture: the involvement of CREB transcription factor.
55 Suzuki Y, Suzuki H, Umetsu R, Uranishi H, Abe J, Nishibata Y, Sekiya Y, Miyamura N, Hara H, Tsuchiya T, Kinosada Y, Nakamura M.
Biol Pharm Bull, 2015, 38, 680-686.
Analysis of the interaction between clopidogrel, aspirin and proton pump inhibitors using the FDA Adverse Event Reporting System database.
54 Abe J, Mataki K, Umetsu R, Ueda N, Kato Y, Nakayama Y, Kinosada Y, Hara H, Inagaki N, Nakamura M.
Allergol Int, 2015, 64, 277-279.
Stevens-Johnson syndrome and toxic epidermal necrolysis: The Food and Drug Administration adverse event reporting system, 2004–2013.
53 山下修司, 野口義紘, 窪田傑文, 井口和弘, 青木慎也, 多根井重晴, 中村光浩, 寺町ひとみ, 杉山正.
医療薬学, 2015, 41, 198-204.
LED照明下および蛍光灯照明下における各種医薬品の色調変化.
52 Inaba R, Hioki A, Kondo Y, Nakamura H, Nakamura M.
Industrial Health, 2015, 53, 100-108.
Prevalence of subjective symptoms among hospital pharmacists and association with drug compounding practices.

2014

51 井奈波良一, 日置敦巳, 近藤剛弘, 中村弘揮, 中村光浩
日職災医誌, 2014, 62, 322-327.
病院薬剤師の職業性ストレス.
50 井口和弘, 山下修司, 伊藤絵美, 野口義紘, 窪田傑文, 中村光浩, 寺町ひとみ, 杉山正.
薬局薬学, 2014, 6, 150-156.
岐阜薬科大学附属薬局における実務実習生の実習調剤ミスの分析.
49 Iguchi K, Hashimoto M, Kubota M, Yamashita S, Nakamura M, Usui S, Sugiyama T, Hirano K.
Oncology Letters, 2014, 7, 1665-1668.
Effects of 14 frequently used drugs on prostate-specific antigen expression in prostate cancer.
48 Ueno T, Asahina Y, Tanaka A, Yamada H, Nakamura M, Uyama Y.
Clin Pharmacol Ther, 2014, 95, 533-541.
Significant differences in drug-lag in clinical development among various strategies used for regulatory submissions in Japan.
47 Iwata C, Chikara A, Nakamura M, Morita H.
Anesthesia and Analgesia, 2014, 118, 125-131.
Hypergravity exposure for 14 days increases the effects of propofol in rats.
46 梅津亮冴, 西端友里, 阿部純子, 鈴木悠起也, 原英彰, 永澤秀子, 紀ノ定保臣, 中村光浩.
薬学雑誌, 2014, 134, 299-304.
日本国内の有害事象自発報告データベース(JADER)を用いたデータマイニングによる経口血糖降下薬と低血糖症との関連性の評価.
45 Tawada C, Kanoh H, Nakamura M, Fujisawa T, Banno Y, Seishima M.
J Invest Dermatol, 2014, 134, 712-718.
Interferon-γ Decreases Ceramides with Long-Chain Fatty Acids: Possible Involvement in Atopic Dermatitis and Psoriasis.

2013

44 Suzuki Y, Nakano Y, Mishiro K, Takagi T, Tsuruma K, Nakamura M, Yoshimura S, Shimazawa M, Hara H.
Scientific Reports, 2013, 3, 3177-3181.
Involvement of Mincle and Syk in the changes to innate immunity after ischemic stroke.
43 Mizutani N, Kobayashi M, Sobue S, Ichihara M, Ito H, Tanaka K, Iwaki S, Fujii S, Ito Y, Tamiya-Koizumi K, Takagi A, Kojima T, Naoe T, Suzuki M, Nakamura M, Banno Y, Nozawa Y, Murate T.
Biochim Biophys Acta, 2013, 1833, 1006-1016.
Sphingosine kinase 1 expression is downregulated during differentiation of Friend cells due to decreased c-MYB.
42 Kawahara S, Otsuji Y, Nakamura M, Matsunaga T, Kanoh H, Seishima M, Banno Y, Hara A.
Anti-Cancer Drug, 2013, 24, 473-483.
Sphingosine kinase 1 plays a role in the upregulation of CD44 expression through extracellular signal-regulated kinase signaling in human colon cancer cells.

2012

41 Tanaka K, Tamiya-Koizumi K, Hagiwara K, Ito H, Takagi A, Kojima T, Suzuki M, Iwaki S, Fujii S, Nakamura M, Banno Y, Kannagi R, Tsurumi T, Kyogashima M, Murate T.
J Biochem, 2012, 151, 611-620.
Role of down-regulated neutral ceramidase during all-trans retinoic acid induced neuronal differentiation in SH-SY5Y neuroblastoma cells.
40 Ito H, Tanaka K, Hagiwara K, Kobayashi M, Hoshikawa A, Mizutani N, Takagi A, Kojima T, Sobue S, Ichihara M, Suzuki M, Tamiya-Koizumi K, Nakamura M, Banno Y, Nozawa Y, Murate T.
J Biochem, 2012, 151, 599-610.
Transcriptional Regulation of Neutral Sphingomyelinase 2 in All-Trans Retinoic Acid-treated Human Breast Cancer Cell Line, MCF-7.

2011

39 Takeshita M, Banno Y, Nakamura M, Otsuka M, Teramachi H, Tsuchiya T, Itoh Y.
Chem Res Toxicol, 2011, 24, 1845-1852.
The pivotal role of intracellular calcium in oxaliplatin-induced inhibition of neurite outgrowth but not cell death in differentiated PC12 cells.
38 Uranishi H, Nakamura M, Nakamura H, Ikeda Y, Otsuka M, Kato Z, Tsuchiya T.
J Chromatogr B, 2011, 879, 1029-1032.
Direct-injection HPLC method of measuring micafungin in human plasma using a novel hydrophobic/hydrophilic hybrid ODS column.
37 Ito H, Yoshida K, Murakami M, Hagiwara K, Sasaki N, Kobayashi M, Takagi A, Kojima T, Sobue S, Suzuki M, Tamiya-Koizumi K, Nakamura M, Banno Y, Nozawa Y, Murate T.
Biochim Biophys Acta, 2011, 1811, 119-128.
Heterogeneous sphingosine-1-phosphate lyase gene expression and its regulatory mechanism in human lung cancer cell lines.

2010

36 中村光浩, 寺町ひとみ, 足立哲夫, 土屋照雄.
医療薬学, 2010, 36, 25-30.
テキストマイニングによる薬学生実務実習レポートの分析.

2009

35 佐々英也, 冨田敦和, 中村光浩, 沖健次, 前田正雄.
TDM研究, 2009, 26, 125-131.
オーダリングシステムと連携したTDM管理システムの開発とその評価.
34 中村光浩, 堀内正, 寺町ひとみ, 葛谷有美, 窪田傑文, 高島英滋, 土屋照雄.
医薬品情報学, 2009, 10, 304-308.
OTC医薬品における添付文書情報の実態調査―かぜ薬および解熱鎮痛薬について.
33 Kato Z, Nakamura M, Yamagishi Y, Teramoto T, Kondo N.
Pediatric Reports, 2009, 1, 30-31.
Pediatric thioridazine poisoning as a result of a pharmacy compounding error.
32 Kato Z, Yamagishi A, Nakamura M, Kondo N.
World J Pediatr, 2009, 5, 316-318.
Theophylline-associated status epilepticus in an infant:pharmacokinetics and the risk of suppository use.
31 Okayasu S, Nakamura M, Sugiyama T, Chigusa K, Sakurai K, Matsuura K, Yamamoto M, Kinosada Y, Itoh Y.
Chemotherapy, 2009, 55, 234-240.
Development of computer-assisted biohazard safety cabinet for preparation and verification of injectable anticancer agents.
30 Nemoto S, Nakamura M, Osawa Y, Kono S, Itoh Y, Okano Y, Murate T, Hara A, Ueda H, Nozawa Y, Banno Y.
J Biol Chem, 2009, 284, 10422-10432.
Sphingosine kinase isoforms regulate oxaliplatin sensitivity of human colon cancer cells through ceramide accumulation and AKT activation.
29 Nakamura M, Ohmori T, Itoh Y, Terashita M, Hirano K.
Biomed Chromatogr, 2009, 23, 357-364.
Simultaneous determination of benzodiazepines and their metabolites in human serum by liquid chromatography-tandem mass spectrometry using a high resolution octadecyl silica column compatible with aqueous compounds.

2008

28 寺町ひとみ, 中村光浩, 高島英滋, 窪田傑文, 足立哲夫, 土屋照雄.
医療薬学, 2008, 34, 374-380.
4回生における病院実務実習の満足度調査から見えてきた改善点.
27 Sobue S, Nemoto S, Murakami M, Ito H, Kimura A, Gao S, Furuhata A, Takagi A, Kojima T, Nakamura M, Ito Y, Suzuki M, Banno Y, Nozawa Y, Murate T.
Int J Hematol, 2008, 87, 266-275.
Implications of sphingosine kinase 1 expression level for the cellular sphingolipid rheostat: relevance as a marker for daunorubicin sensitivity of leukemia cells.
26 Ohmori T, Nakamura M, Tada S, Sugiyama T, Itoh Y, Udagawa Y, Hirano K.
J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci, 2008, 861, 95-100.
A highly sensitive assay for ritodrine in human serum by hydrophilic interaction chromatography-tandem mass spectrometry.
25 Matsuura K, Ohmori T, Nakamura M, Itoh Y, Hirano K.
Biomed Chromatogr, 2008, 22, 387-393.
A simple and rapid determination of valproic acid in human plasma using a non-porous silica column and liquid chromatography with tandem mass spectrometric detection.

2007

24 中村光浩, 松浦克彦, 土屋照雄, 杉山正.
TDM研究, 2007, 24, 104-112.
ペーパレス電子カルテに対応したTDMシステムの開発.
23 岡安伸二, 中村光浩, 千種康一, 櫻井 潔, 杉山正.
医療薬学, 2007, 33, 191-199.
新設計クリーンベンチ・安全キャビネットと注射オーダ情報を利用した注射剤調製鑑査システムの開発.
22 中村光浩, 深川加奈, 岩田千香, 村岡明美, 間宮礼子, 杉山正.
医薬品情報学, 2007, 8, 315-319.
注射薬抗癌剤調整支援プログラムの開発とその評価.
21 Kato Z, Nakamura M, Funato M, Kuwabara H, Kondo N.
Pediatr Emerg Care, 2007, 23, 472-473.
Accidental etizolam ingestion in a child.

2006

20 中村光浩, 今西義紀, 深和加奈, 平出耕石, 杉山正, 片桐義博.
TDM研究, 2006, 23, 233-237.
FPIA法を基準とした全血中シクロスポリン濃度の比較.

- 2005

19 Hirade K, Tanabe K, Niwa M. Ishisaki A, Nakajima K, Nakamura M, Sugiyama T, Katagiri Y, Kato K, Kozawa O.
J Cell Biochem, 2005, 94, 573-584.
Adenylyl cyclase-cAMP system inhibits thrombin-induced HSP27 in vascular smooth muscle cells.
18 中村光浩, 深和加奈, 説田路子, 杉山正, 片桐義博
医薬品情報学, 2005, 24, 111-116.
携帯情報端末(PDA)による薬剤管理指導支援プログラムの開発とその評価.
17 Nakamura M, Hirade K, Sugiyama T, Katagiri Y.
TDM研究, 2004, 21, 53-60.
High-performance liquid chromatographic assay of clobazam and N-desmethylclobazam with column-extraction in human plasma, using high throughput octadecyl silica column.
16 Nakamura M, Fukawa K, Sugiyama T, Katagiri Y.
Biol Pharm Bull, 2004, 27, 893-895.
High-Performance Liquid Chromatographic Assay of Clonazepam in Human Plasma, Using a Non-porous Silica Column.
15 Nakamura M, Hirade K, Sugiyama T, Katagiri Y.
J Chromatogr B, 2001, 755, 337-341.
High-performance liquid chromatographic assay of zonisamide in human plasma using a non-porous silica column.
14 杉山正, 中村光浩, 平出耕石, 片桐義博.
臨床医薬, 2000, 16, 777-781.
pH依存崩壊型製剤の臨床的意義は? -イコサペント酸エチル製剤の崩壊試験から-
13 Nakamura M, Nakashima S, Katagiri Y. Nozawa Y.
J Leukoc Biol, 1998, 63, 781-789.
Involvement of tyrosine phosphorylation in inhibirion of fMLP-induced PLD activation by N-acetyl-L-cysteine in differentiated HL60 cells.
12 杉山正, 山添喜久雄, 中村光浩, 堀内正, 片桐義博.
病院薬学, 1997, 23, 539-547.
含嗽用アロプリノール液に使用する保存剤の検討.
11 Nakamura M, Nakashima S, Katagiri Y, Nozawa Y.
Biochem Pharmacol, 1997, 53, 1929-1936.
Effect of wortmannin and 2-(4-morpholinyl)-8-phenyl-4H-1-benzopyran-4-one (LY294002) on N-formyl-methionyl-leucyl-phenylalanine-induced phospholipase D activation in differentiated HL60 cells: Possible involvement of phosphatidylinositol 3-kinase in phospholipase D activation.
10 中村光浩, 堀内正, 杉山正, 片桐義博.
TDM研究, 1996, 13, 262-267.
データベースソフトを用いたパーソナルコンピュータによるTDM管理システムの構築.
9 堀内正, 中村光浩, 杉山正, 片桐義博.
TDM研究, 1996, 13, 193-197.
オーダリングデータのTDMへの利用.
8 Nakamura S, Kondo M, Goto K, Nakamura M, Tsuda Y, Shishido K.
Heterocycles, 1996, 43, 2747-2755.
Structure elucidation and synthesis of a metabolite of antiinflammatory drug DUP 697.
7 安田公夫, 堀内正, 中村光浩,森充弘, 丹羽雅之, 野崎正勝, 鶴見介登, 片桐義博.
TDM研究, 1995, 12, 69-73.
医学部学生に対するTDM実習についての検討.
6 松浦克彦, 堀内正, 杉山正, 下田浩欣, 中村光浩, 片桐義博.
臨床医薬, 1995, 11, 1099-1106.
塩酸アゼラスチン製剤の品質比較試験.
5 Yoshimi N, Ino N, Suzuki M, Tanaka T, Nakashima S, Nakamura M, Nozawa Y, Mori H.
Cancer Lett, 1995, 97, 75-82.
The mRNA overexpression of inflammatory enzymes, phospholipase A2 and cyclooxygenase, in the large bowel mucosa and neoplasms of F344 rats treated with naturally occuring carcinogen, 1-hydroxyanthraquinone.
4 Nakashima S, Mizutani T, Nakamura Y, Takemura OS, Nakamura M, Miyata K, Katagiri Y, Nozawa Y.
Comp Biochem Physiol, 1995, 2, 137-143.
Effect of selective phosphodiesterase type IV inhibitor, rolipram, on signal transducing phospholipases in neutrophil : Inhibition of phospholipase A2, D but not C.
3 Nakashima S, Chatani Y, Nakamura M, Miyoshi N, Kohno M, Nozawa Y..
Biochem Biophys Res Commum, 1994, 198, 497-503.
Tyrosine phosphorylation and activation of mitogen-actiated protein kinase by thrombin in human platelets, Possible involvement in late arachidonic acid release.
2 Hara A, Mouri K, Nakagawa M, Nakamura M, Nakayama T, Matsuura K, Sawada S
J Biochem, 1989, 106, 126-132.
Monkey liver indanol dehydrogenase. purification, properties, and kinetic mechanism.
1 Hara A, Kariya K, Nakamura M, Nakayama T, Sawada H.
Arch Biochem Biophys, 1986, 249, 225-236.
Isolation of multiple forms of indanol dehyrogenase associated with 17-hydroxysteroid dehydrogenase activity from male rabbit liver.

REVIEW, 総説

2016

4 中村光浩, 池田浩治
薬学雑誌, 2016, 136, 523-525.
医薬品・医療機器グローバル開発におけるレギュラトリーサイエンスの将来像.
3 中村光浩
薬学雑誌, 2016, 136, 549-556.
市販後副作用報告データの解析.

2011

2 Nakamura M
Biomed Chromatogr, 2011, 25, 1283-1307.
Analyses of benzodiazepines and their metabolites in various biological matrices by LC-MS(/MS).

2010

1 堀内正, 中村光浩, 土屋照雄
薬学雑誌 , 2010, 130, 1623-1627.
薬剤師のスキルを利用したOTC医薬品の提供.

Publications 1, プロシーディングなど

25 髙橋由起子, 宮川瑞穂, 臼井かおり, 伊藤美智子, 笹岡沙也加, 中村光浩, 西本裕.
第17回日本医療情報学会看護学術大会論文集, 2016, PC-3-2, 143-146
テキストマイニングによるドレーン固定疑似体験後の学びのレポート分析
24 中村光浩, 鈴木俊之, 鈴木穂奈美, 平出耕石, 西端友里, 梅津亮冴, 上田夏実, 加藤大和, 中山蓉子, 加藤武司
ぎふ病薬, 2016, 60, 14-17.
8-キノリノール法による輸液,注射液および造影剤中の微量アルミニウム濃度の測定
23 中村光浩, 鈴木穂奈美, 西端友里, 浦西洋彰, 大森智史, 早野加奈, 土屋照雄
ぎふ病薬, 2016, 59, 15-17.
塩基配列特異的熱溶出クロマトグラフ法によるCYP2C9のSNP解析法の検討
22 中村光浩, 近藤剛弘, 西脇理英, 鈴木穂奈美, 西端友里, 寺町ひとみ, 堀内正, 土屋照雄.
ぎふ病薬, 2014, 56, 15-17.
新OTC医薬品販売制度に関する消費者意識調査.
21 大森智史, 河合麻未, 中村光浩, 谷口和美, 井口和博, 伊藤善規, 臼井茂之, 平野和行.
ぎふ病薬, 2014, 56, 8-14.
抗てんかん薬のHPLC分析に適した生体試料前処理法および分析カラムの検討.
20 中村光浩, 近藤剛弘, 鈴木穂奈美, 西端友里, 浦西洋彰, 西脇理英, 寺町ひとみ, 堀内正, 土屋照雄.
ぎふ病薬, 2014, 55, 10-14.
登録販売者制度に対する薬剤師および製薬企業の意識調査.
19 Takashi Murate, Kayo Yoshida, Hiromi Ito, Masashi Murakami, Kazumi Hagiwara, Yoko Tagawa, Noriko Sasaki, Akira Takagi, Tetsuhito Kojima, Sayaka Sobue, Motoshi Suzuki, Keiko Tamiya-Koizumi, Mitsuhiro Nakamura, Yoshiko Banno, Yoshinori Nozawa
Chem Phys Lipids, 2010, 163 (Suppl), S53.
Heterogeneous sphingosine-1-phosphate lyase gene expression and its regulatory mechanism in human lung cancer cell lines
18 Ito H, Murakami M, Hagiwara K, Sasaki N, Kobayashi M, Hoshikawa A, Takagi A, Kojima T, Banno Y, Tamiya-Koizumi K, Nakamura M, Nozawa Y, Murate T
Chem Phys Lipids, 2010, 163 (Suppl), S52.
The regulatory mechanism of NSMase2 gene expression by ATRA in MCF7 cells
17 Satomi Kawahara, Mitsuhiro Nakamura, Takashi Murate, Akira Hara, Yoshinori Nozawa, Yoshiko Banno
Chem Phys Lipids, 2010, 163 (Suppl), S50.
Sphingosine Kinase Regulate Oxaliplatin Sensitivity of Human Colon Cancer Cells through Ceramide Accumulation and CD44 expression
16 中村光浩, 山添喜久雄, 矢嶋隆宏, 杉山正
ぎふ病薬, 2006, 43, 14-16.
軟膏剤の主薬均一性に及ぼす練合時間の影響.
15 中村光浩、深和加奈、今西義紀、杉山正、片桐義博
TDM研究, 2005, 22, 111-112.
高極性対応カラムを用いたHPLCによる血清中リバビリン濃度測定法の開発.
14 中村光浩、深和加奈、松浦克彦、後藤千寿、杉山正、片桐義博
TDM研究, 2004, 21, 167-168.
ベンゾジアゼピン系薬物分析へのLC/MSの応用例.
13 中村光浩、平出耕石、今西義紀、杉山正、片桐義博
TDM研究, 2004, 21, 201-202.
シクロスポリン血中濃度測定等の比較-Dimension RxL、TDx、EMIT、RIA、HPLCを対象として-.
12 中村光浩、深和加奈、説田路子、杉山正、片桐義博
医療情報学, 2003, 23(Suppl.), 906-907.
携帯情報端末(PDA)による医薬品情報閲覧プログラムの開発.
11 中村光浩、深和加奈、説田路子、杉山正、片桐義博
医療情報学, 2003, 23(Suppl.), 297-298.
PDAによる薬剤管理指導支援プログラムの開発とその評価.
10 中村光浩、深和加奈、杉山正、片桐義博
医療情報学, 2002, 22(Suppl.), 415-416.
抗悪性腫瘍剤調製支援プログラムの開発とその評価.
9 中村光浩、杉山正、片桐義博
医療情報学, 2001, 21(Suppl.), 279-280.
動的WWWページおよび携帯情報端末による医薬品添付文書DBの有効利用とその評価.
8 今西義博, 中村光浩, 平出耕石, 杉山正, 片桐義博.
ぎふ病薬, 2004, 38, 37-38.
岐阜大学におけるTDMによる処方提案に関する調査.
7 中村光浩、平出耕石、杉山正、片桐義博
TDM研究, 2003, 20, 167-168.
ハイスループットLCを用いた血中クロバザム濃度測定.
6 中村光浩、平出耕石、杉山正、片桐義博
TDM研究, 2002, 19, 179-180.
非多孔性シリカカラムを用いた血中クロナゼパム濃度測定法.
5 中村光浩、平出耕石、杉山正、片桐義博
TDM研究, 2001, 18, 109-110.
非多孔性ODSカラムを用いた血中ゾニサミド濃度測定法の検討.
4 中村光浩、杉山正、梅本敬夫、紀ノ定保臣、片桐義博
医療情報学, 2000, 20(Suppl.2), 326-327.
院内製剤管理システムの構築.
3 中村光浩.
ぎふ病薬, 1999, 29, 777-781.
Regulatory mechanisms of phospholipase D in human promyelocytic leukemic HL60 cells
2 堀内正、中村光浩、杉山正、片桐義博
TDM研究, 1996, 13, 113-114.
岐阜大学医学部附属病院におけるTDM.
1 堀内正、中村光浩、杉山正、片桐義博
TDM研究, 1995, 12, 249-250.
血中ゾニサミド濃度に及ぼす年齢および他剤併用の影響に関する検討.

Publications 2, 著書

8 橋詰勉, 栄田敏之(編集)(分担執筆)
廣川書店, 2017, pp109-121, pp.214-221.
医薬品情報学
7 病院・薬局実務実習東海地区調製機構監修 実務実習テキスト作成委員会(分担執筆)
じほう, 2015, pp194-200, p269.
モデル・コアカリキュラムに沿ったわかりやすい病院実務実習テキスト 第4版 (薬物モニタリング)
6 折井孝男 編 (分担執筆)
南山堂, 2014.
図解 医薬品情報学 改訂3版
5 病院・薬局実務実習東海地区調製機構監修 実務実習テキスト作成委員会(分担執筆)
じほう, 2013, pp194-200、pp264-265.
モデル・コアカリキュラムに沿ったわかりやすい病院実務実習テキスト 第3版 (薬物モニタリング)
4 病院・薬局実務実習東海地区調製機構監修 実務実習テキスト作成委員会(分担執筆)
じほう, 2011, pp206-213、pp278-282.
モデル・コアカリキュラムに沿ったわかりやすい病院実務実習テキスト 第2版 (薬物モニタリング)
3 大石順二, 神田武利, 長谷川秀夫, 中村光浩ら(分担執筆)
情報機構(株), 2010, pp27-41
<実務担当者のアンケートを集めた>分析法バリデーションQ&A集
2 柴崎正勝, 赤池昭紀, 橋田充 監修 (分担執筆)
廣川書店, 2009, pp101-115, pp202-209
医薬品情報学
1 病院・薬局実務実習東海地区調製機構監修 実務実習テキスト作成委員会(分担執筆)
じほう, 2009, pp202-209, pp272-274.
モデル・コアカリキュラムに沿ったわかりやすい病院実務実習テキスト (薬物モニタリング)

Publications 3, 報告, 寄稿など

16 中村光浩
情報計算化学生物学会誌, 2016, 4(4), 17.
個別化医療研究会 [個別化医療のための情報活用] 開催報告
15 中村光浩
Di Gifu 岐阜県薬剤師会ぎふ薬事情報センター委員会 医薬情報グループ編, 2016, 98.
医師や患者さんとの対応方法-非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬-
14 中村光浩
情報計算化学生物学会誌, 2015, 3(4), 10.
個別化医療研究会 フォーカストセッション 開催報告
13 中村光浩
情報計算化学生物学会誌, 2015, 3(3), 24-25.
個別化医療研究会 キックオフミーティング 開催報告
12 中村光浩
薬事日報, 2015, 3月20日.
医薬品・医療機器グローバル開発におけるレギュラトリーサイエンスの将来像
11 中村光浩
Di Gifu 岐阜県薬剤師会ぎふ薬事情報センター委員会 医薬情報グループ編, 2013, 87.
医師や患者さんとの対応方法 – 体重と血清クレアチニンと用量 –
10 事前教育実施部会 バイタルサイン分科会(分担執筆)
文部科学省「戦略的大学連携支援事業」6年制薬学教育を主軸とする薬系・医系・看護系大学による広域総合教育連携、2013
バイタルサインと薬学
9 中村光浩
財団法人一般用医薬品セルフメディケ-ション振興財団, 2013
平成24年度研究助成金報告書 「登録販売者に求められる社会的ニーズについての調査研究」
8 勝野眞吾, 中村光浩(分担執筆)
2011
ベトナム高校生の喫煙、飲酒、薬物乱用の実態と生活習慣に関する調査2011
7 中村光浩
科学技術振興機構, 2009
科学技術振興機構シ-ズ発掘試験 平成20年度研究報告書 「脂質メタボロミクスによるがん化学療法バイオマーカーの探索と検証」
6 中村光浩
財団法人一般用医薬品セルフメディケ-ション振興財団, 2009
平成20年度研究助成金報告書「登録販売者の職能向上のための調査研究」
5 中村光浩
Drug Metabolism and Pharmacokinetics, 2009, 24, 24
アドメサークル 日本の薬物動態研究者(24)
4 勝野眞吾, 中村光浩(分担執筆)
2008
韓国高校生の喫煙、飲酒、薬物乱用の実態と生活習慣に関する調査
3 中村光浩
薬事新報, 2005, 2391, 1111
人と人, 忘れてしまいたいけれど、個人的にどうしても忘れられない言葉
2 中村光浩
薬事新報, 2002, 2206, 343
人と人, 患者と出会った薬剤師がTDMについて思うこと
1 中村光浩(分担執筆)
岐阜県病院薬剤師会, 2003.
「TDM便覧」

Patent, 特許

1 千種康一, 片桐義博, 杉山正, 中村光浩, 岡安伸二
特開2006-122816, JP 2006-122816, 2006.
安全キャビネット

Presentations, 学会発表

2017

220 元岡佑美, 山本眞由美, 中村光浩, 堀川幸男, 野々山由紀子, 大庭志野, 永田知里, 武田純.
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017.5.18-20, 名古屋
摂取栄養素の割合と耐糖能の関連について-岐阜市糖尿病実態調査から-
219 Kanoh H, Ishitsuka A, Nakamura M, Inagaki N, Ito H, Banno Y, Seishima M.
Society for Investigative Dermatology, 76th Annual Meeting, 2017.4.26-29, Porland Oregon
IFN-γ may disrupt skin barrier function through reduction of long-chain fatty acid ceramides in mite-induced dermatitis
218 笹岡沙也加、松井利亘、羽根由基、阿部純子、上田 夏実、元岡佑美、畠平春奈、福田昌穂、長沼美紗、長谷川栞、紀ノ定保臣、中村光浩.
日本薬学会第137年会, 2017.3.24-27, 仙台
有害事象自発報告データベースを用いた薬剤性 QT 延長症候群の有害事象 - 時間解析
217 阿部純子、梅津亮冴、上田夏実、加藤大和、松井利亘、中山蓉子、紀ノ定保臣、中村光浩.
日本薬学会第137年会, 2017.3.24-27, 仙台
有害事象自発報告データベース (FAERS) を用いた SSRI と自殺行動との関連性についての解析
216 長谷川栞、笹岡沙也加、松井利亘、羽根由基、元岡佑美、畠平春奈、長沼美紗、福田昌穂、加納宏行、加藤善一郎、清島真理子、中村光浩.
日本薬学会第137年会, 2017.3.24-27, 仙台
液体クロマトグラフィー質量分析における両イオン交換型マルチモードODSカラムの有用性

2016

215 Kanoh H, Asako Ishitsuka, Etsuko Fujine, Shuhei Matsuhaba, Mitsuhiro Nakamura, Naoki Inagaki, Yoshiko Banno, Mariko Seishima.
日本研究皮膚科学会, 2016.12.9-11, 仙台
Reduction of long-chain fatty acid ceramides in dermatitis caused by repeated exposure to house-dust mite in NC/Nga mice
214 中村光浩、笹岡沙也加、元岡佑美、畠平春奈、長谷川栞、長沼美紗、福田昌穂、大森智史、井口和弘、吉田達彦.
第49回東海薬剤師学術大会, 2016.11.27, 岐阜
添付文書における抗がん剤投与量調整に関する調査
213 上田夏美, 長谷川栞, 加藤大和, 阿部純子, 松井利亘, 羽根由基, 笹岡沙也加, 元岡佑美, 畠平春奈, 紀ノ定保臣, 加藤善一郞, 中村光浩.
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2016, 2016.10.30, 岐阜
有害事象自発報告データベース(JADER)によるインフルエンザ治療薬と精神神経症状の関連についての検討
212 畠平春奈, 松井利亘, 羽根由基, 笹岡沙也加, 元岡佑美, 長沼美紗, 長谷川栞, 福田昌穂, 紀ノ定保臣, 中村光浩.
第26回日本医療薬学会年会, 2016.9.17-19, 京都
有害事象自発報告データベース(FAERS 及び JADER)を用いた薬剤誘発性歯肉増殖症の解析
211 長沼美紗、羽根由基、松井利亘、笹岡沙也加、元岡佑美、畠平春奈、長谷川栞、福田昌穂、紀ノ定保臣、中村光浩.
第26回日本医療薬学会年会, 2016.9.17-19, 京都
FDA-AERSを用いたZolpidemの有害事象の検討
210 笹岡沙也加, 梅津亮冴, 阿部純子, 松井利亘, 上田夏実, 加藤大和, 田原耕平, 竹内洋文, 紀ノ定保臣, 中村光浩.
第26回日本医療薬学会年会, 2016.9.17-19, 京都
有害事象自発報告データベース(JADER)を用いたビスホスホネート系薬剤による顎骨壊死の発現時期プロファイルの検討
209 福田昌穂, 松井利亘, 羽根由基, 笹岡沙也加, 元岡佑美, 畠平春奈, 長谷川栞, 長沼美紗, 高橋由起子, 紀ノ定保臣, 中村光浩.
第26回日本医療薬学会年会, 2016.9.17-19, 京都
FDA-AERSを用いた抗エストロゲン薬およびアロマターゼ阻害薬による有害事象解析
208 長谷川栞, 笹岡沙也加, 羽根由基, 松井利亘, 元岡佑美, 畠平春奈, 福田昌穂, 長沼美紗, 高橋由起子, 紀ノ定保臣, 中村光浩.
第26回日本医療薬学会年会, 2016.9.17-19, 京都
JADERを用いたエストロゲン・プロゲスチン配合錠と血栓症の有害事象の解析
207 元岡佑美, 梅津亮冴, 阿部純子, 上田夏実, 加藤大和, 羽根由基, 松井利亘, 笹岡沙也加, 畠平春奈, 紀ノ定保臣、中村光浩.
第26回日本医療薬学会年会, 2016.9.17-19, 京都
有害事象自発報告データベース (FAERS、JADER) を用いた経口血糖降下薬の低血糖症発現リスクに関する解析
206 水谷陽子, 阿部純子, 中村光浩, 石塚麻子, 藤澤智美.
平成27年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」平成27年度採択 連携型共同研究成果報告会, 2016.7.28, 岐阜
掌蹠角化症における角層バリア機能異常の解明
205 髙橋由起子, 宮川瑞穂, 臼井かおり, 伊藤美智子, 笹岡沙也加, 中村光浩, 西本裕.
第17回日本医療情報学会看護学術大会, 2016.7.8-9, 神戸
テキストマイニングによるドレーン固定疑似体験後の学びのレポート分析
204 加藤大和, 松井利亘, 羽根由基, 阿部純子, 笹岡沙也加, 元岡佑美, 畠平春奈, 中村光浩
日本薬学会第136年会, 2016.3.27, 横浜
日本の新医薬品薬価算定状況の解析

2015

203 羽根由基, 上田夏実, 加藤大和, 中山蓉子, 松井利亘, 阿部純子, 紀ノ定保臣, 中村光浩
第48回東海薬剤師学術大会, 2015.11.30, 三重
レニン-アンギオテンシン系阻害薬と血管浮腫との有害事象-時間解析
202 野口義紘, 山下修司, 堺千紘, 横山聡, 伊野陽子, 井口和弘, 舘知也, 林秀樹, 中村光浩, 杉山正, 寺町ひとみ
第48回東海薬剤師学術大会, 2015.11.30, 三重
岐阜薬科大学附属薬局における薬局実務実習の実施状況について
201 阿部純子、梅津亮冴、又木香那子、加藤大和、上田夏実、中山蓉子、松井利亘、池田浩治、原英彰、紀ノ定保臣、稲垣直樹、中村光浩
日本医療薬学会第25回年会, 2015.11.21-23, 横浜
有害事象自発報告データベースを用いた重症薬疹の発症報告に関する解析
200 山下修司、井口和弘、野口義紘、堺千紘、伊野陽子、中村光浩、寺町ひとみ、杉山正
日本医療薬学会第25回年会, 2015.11.21-23, 横浜
各種照明下における医薬品の色調変化の検討-PTPによる影響-
199 笹岡沙也加、松井利亘、阿部純子、梅津亮冴、加藤大和、 上田夏実、羽根由基、元岡佑美、畠平春奈、紀ノ定保臣、中村光浩
日本病院薬剤師会東海ブロック 日本薬学会東海支部 合同学術大会2015, 2015.11.1, 名古屋
有害事象自発報告データベース(JADER)を用いた抗癌剤と手足症候群の関連性の検討
198 畠平春奈、松井利亘、阿部純子、加藤大和、上田夏実、羽根由基、元岡佑美、笹岡沙也加、後藤千寿、紀ノ定保臣、中村光浩
日本病院薬剤師会東海ブロック 日本薬学会東海支部 合同学術大会2015, 2015.11.1, 名古屋
FAERSおよびJADERを用いたHMG-CoA還元酵素阻害薬による糖尿病新規発症リスクの解析
197 元岡佑美、松井利亘、阿部純子、加藤大和、上田夏実、羽根由基、笹岡沙也加、畠平春奈、紀ノ定保臣、中村光浩
日本病院薬剤師会東海ブロック 日本薬学会東海支部 合同学術大会2015, 2015.11.1, 名古屋
有害事象自発報告データベース(JADER)を用いた経口血糖降下薬の低血糖症に関する解析
196 松井利亘、加藤大和、上田夏実、阿部純子、中山蓉子、羽根由基、紀ノ定保臣、中村光浩
第1回次世代を担う若手のためのレギュラトリーサイエンスフォーラム, 2015.9.12, 船橋
有害事象自発報告データベース(JADER)を用いた間質性肺炎に関する医薬品の有害事象-時間解析
195 元岡佑美、加藤大和、細谷直生、上田夏実、阿部純子、中山蓉子、紀ノ定保臣、大山雅義、中村光浩
日本生薬学会第62回年会, 2015.9.11-12, 岐阜
JADERを用いた甘草含有漢方薬の副作用に関する解析
194 加藤大和、水谷直貴、上田夏実、松井利亘、笹岡沙也加、畠平春奈、元岡祐美、小泉恵子、坂野喜子、加納宏行、清島真理子、村手隆、中村光浩
第42回BMSコンファレンス, 2015.7.6-8, 岐阜
スフィンゴ脂質代謝物のLC-MS測定法の検討と応用
193 鈴木悠起也、岸達生、山田博章、中村光浩
第1回日本医薬品安全性学会学術大会, 2015.7.4-5, 福山
添付文書における重大な副作用の追記に影響を及ぼす要因について
192 加藤大和、梅津亮冴、細谷直生、上田夏実、阿部純子、中山蓉子、紀ノ定保臣、大山雅義、中村光浩
第23回クリニカルファーマシーシンポジウム 医療薬学フォーラム2015, 2015.7.4-5, 名古屋
JADERを用いた甘草含有漢方薬の副作用に関する解析
191 野口義紘、山下修司、堺千紘、井口和弘、舘知也、林秀樹、中村光浩、杉山正、寺町ひとみ
第23回クリニカルファーマシーシンポジウム 医療薬学フォーラム2015, 2015.7.4-5, 名古屋
岐阜薬科大学附属薬局の薬学生実務実習施設としての取り組み
190 阿部純子、梅津亮冴、加藤大和、上田夏実、中山蓉子、紀ノ定保臣、中村光浩
日本薬学会第135年会, 2015.3.25-28, 神戸
FAERSによる抗凝固薬の有害事象解析

2014

189 山下修司、井口和弘、窪田傑文、野口義鉱、堺千鉱、中村光浩、杉山正、寺町ひとみ
第47回東海薬剤師学術大会, 2014.11.30, 静岡
各種LED証明下における医薬品の色調変化に関する検討
188 上田夏実、山本眞由美、中村光浩、大庭志野、永田千里、武田純
第88回日本糖尿病学会中部地方会, 2014.10.23, 名古屋
一般市民におけるアルコール摂取量と糖代謝の関係-岐阜市糖尿病実態調査から-
187 中山蓉子、山本眞由美、中村光浩、大庭志野、永田千里、武田純
第88回日本糖尿病学会中部地方会, 2014.10.23, 名古屋
一般市民における特定保健用食品の使用状況とその関連要因-岐阜市糖尿病実態調査から-
186 井口和弘、岩本理央、山下修司、伊藤絵美、野口義紘、窪田傑文、中村光浩、杉山正、寺町ひとみ
第47回日本薬剤師学術大会, 2014.10.12-13, 山形
自動血圧計の測定値に使用方法が与える影響の程度
185 鈴木俊之、梅津亮冴、加藤大和、中山蓉子、上田夏実、阿部純子、土屋照雄、中村光浩
日本医療薬学会第24回年会, 2014.9.27-29, 名古屋
新医薬品販売制度に対する意識変化
184 中村光浩、梅津亮冴、鈴木俊之、加藤大和、上田夏実、中山蓉子、羽根由基、松井利亘、阿部純子
日本医療薬学会第24回年会, 2014.9.27-29, 名古屋
テキストマイニングによる医学薬学領域の医学英語ライブラリーの構築
183 上田夏実、梅津亮冴、鈴木俊之、中山蓉子、加藤大和、阿部純子、紀ノ定保臣、中村光浩
日本医療薬学会第24回年会, 2014.9.27-29, 名古屋
C型肝炎治療における有害事象報告の調査
182 中山蓉子、梅津亮冴、鈴木俊之、上田夏実、加藤大和、阿部純子、中村光浩、紀ノ定保臣
日本医療薬学会第24回年会, 2014.9.27-29, 名古屋
FAERSデータベースを用いた腎性尿崩症の関連性の解析
181 羽根由基、梅津亮冴、鈴木俊之、上田夏実、加藤大和、中山蓉子、松井利亘、阿部純子、紀ノ定保臣、中村光浩
日本医療薬学会第24回年会, 2014.9.27-29, 名古屋
ACE阻害薬およびARBにおける血管浮腫の関連性の解析
180 梅津亮冴、鈴木俊之、阿部純子、中山蓉子、上田夏実、加藤大和、紀ノ定保臣、中村光浩
日本医療薬学会第24回年会, 2014.9.27-29, 名古屋
JADERを用いた一般用医薬品の有害事象発生傾向の調査
179 阿部純子、梅津亮冴、鈴木俊之、上田夏実、加藤大和、中山蓉子、紀ノ定保臣、中村光浩
日本医療薬学会第24回年会, 2014.9.27-29, 名古屋
ダビガトランの注意喚起情報が有害事象データベースに及ぼす影響
178 松井利亘、梅津亮冴、鈴木俊之、上田夏実、加藤大和、中山蓉子、羽根由基、阿部純子、紀ノ定保臣、中村光浩
日本医療薬学会第24回年会, 2014.9.27-29, 名古屋
米国大規模データベースにおける間質性肺炎と医薬品の関連性についての解析
177 加藤大和、梅津亮冴、鈴木俊之、上田夏実、中山蓉子、阿部純子、紀ノ定保臣、中村光浩
日本医療薬学会第24回年会, 2014.9.27-29, 名古屋
有害事象自発報告データベースを用いた抗精神病薬の高血糖発症の解析
176 又木香那子、梅津亮冴、鈴木俊之、阿部純子、上田夏実、中山蓉子、加藤大和、原英彰、紀ノ定保臣、中村光浩
日本医療薬学会第24回年会, 2014.9.27-29, 名古屋
有害事象自発報告データベース(FAERS)を用いたスティーブンス・ジョンソン症候群および中毒性表皮壊死症の発症報告に関する解析
175 加藤大和、梅津亮冴、阿部純子、上田夏実、鈴木俊之、中山蓉子、松井利亘、羽根由基、中村光浩
第4回レギュラトリーサイエンス学会学術大会, 2014.9.5-6, 東京
中央社会保険医療協議会資料を用いた新医薬品の算定薬価および薬効分類に関する解析
174 梅津亮冴、阿部純子、上田夏実、加藤大和、中山蓉子、中村光浩
第4回レギュラトリーサイエンス学会学術大会, 2014.9.5-6, 東京
FDA-AERSスモールセットを用いたシグナル検出:SSRIと自殺行動の関連性の解析
173 大森由佳里、水谷直貴、杉本元、小泉恵子、高木明、小嶋哲人、中村光浩、野澤義則、村手隆
第15回Pharmaco-Hematologyシンポジウム, 2014.5.23-24, 名古屋
レスベラトロールによるASMase発現増加に伴う細胞傷害性
172 水谷直貴、大森由佳里、杉本元、小泉恵子、高木明、小嶋哲人、中村光浩、野澤義則、村手隆
第15回Pharmaco-Hematologyシンポジウム, 2014.5.23-24, 名古屋
レスベラトロールによるASMase発現増加に伴う細胞傷害性
171 井口和弘、山下修司、伊藤絵美、野口義紘、窪田傑文、中村光浩、寺町ひとみ、杉山正
日本薬学会第134年会, 2014.3.27-30, 熊本
岐阜薬科大学附属薬局における実務実習生の実習調剤ミスの分析
170 西端友里、水谷直貴、西田弥生、梅津亮冴、加藤大和、鈴木俊之、上田夏実、中山蓉子、太和田知里、加納宏行、坂野喜子、清島真理子、村手隆、中村光浩
日本薬学会第134年会, 2014.3.27-30, 熊本
UPLC Q-Tof/MSによる新規セラミド分析系の開発
169 中山蓉子、梅津亮冴、西端友里、上田夏実、鈴木俊之、加藤大和、中村光浩、紀ノ定保臣
日本薬学会第134年会, 2014.3.27-30, 熊本
大規模有害事象データベースによるメトホルミンの有害事象解析
168 鈴木悠起也、阿部純子、梅津亮冴、西端友里、鈴木俊之、上田夏実、中山蓉子、加藤大和、永澤秀子、原英彰、紀ノ定保臣、中村光浩
日本薬学会第134年会, 2014.3.27-30, 熊本
JADERデータベースを用いた抗凝固薬における出血性合併症の解析
167 上田夏実、鈴木俊之、西端友里、加藤大和、梅津亮冴、中山蓉子、中村光浩
日本薬学会第134年会, 2014.3.27-30, 熊本
新医薬品販売制度に関する意識調査 -薬剤師、登録販売者および製薬企業を対照として-

2013

166 Nakamura M
Sanbio Inc., 2013.12.14-19, San Francisco
165 加藤善一郎、川本典生、大西秀典、山本崇裕、堀友博、笹井英雄、中村光浩、深尾俊幸
第70回岐阜臨床神経集談会, 2013.12.5, 岐阜
抗インフルエンザ剤に関連した低体温について
164 水谷直貴、井上みなみ、西田弥生、大森由佳里、鈴木元、小泉恵子、高木明、小嶋哲人、岩城壮一郎、藤井聡、中村光浩、野澤義則、村手隆
第36回日本分子生物学会年会, 2013.12.3-6, 神戸
ストレス刺激下でのスフィンゴシンキナーゼ2の発現調節機構
163 市川昌規、小川徹、杉野正次郎、高橋美智子、中村光浩、寺町ひとみ、杉山正
第46回東海薬剤師学術大会, 2013.11.24, 岐阜
LED照明下及び蛍光灯照明下における各種医薬品の色調変化
162 山下修司、野口義鉱、窪田傑文、青木慎也、多根井重晴、井口和弘、中村光浩、西野裕之、堀内正
第46回東海薬剤師学術大会, 2013.11.24, 岐阜
実習と教育講演の組み合わせが好評な漢方研修会-岐阜県薬剤師会-
161 中村弘揮、中村光浩、日比野靖、渡辺義孝、小川宗和、近藤剛弘
第46回東海薬剤師学術大会, 2013.11.24, 岐阜
ロキソプロフェンナトリウム錠の分割誤差と溶出性について
160 Mitsuhiro Nakamura, Yuri Nishibata, Ryogo Umetsu, Chisato Tawada, Hiriyuki Kanoh, Naoki Mizutani, Yayoi Nishida, Keiko Tamiya-Koizumi, Yoshiko Banno, Mariko Seishima, Takashi Murate
7th International Ceramide Conferences, 2013.10.20-24, Montauk, NY
Simultaneous determination of ceramides by UPLC QTof MS using Kinetex Core-Shell Column
159 Naoki Mizutani, Minami Inoue, Yayoi Nishida, Yukari Omori, Motoshi Suzuki, Keiko Koizumi, Akira Takagi, Tetsuhito Kojima, Souichiro Iwaki, Satoshi Fujii, Mitsuhiro Nakamura, Yoshiko Banno, Yoshinori Nozawa, Takashi Murate
7th International Ceramide Conferences, 2013.10.20-24, Montauk, NY
Regulatory mechanism of SPHK2 expression in colon cancer cell line
158 Yukari Omori, Naoki Mizutani, Minami Inoue, Yayoi Nishida, Motoshi Suzuki, Keiko Koizumi, Akira Takagi, Tetsuhito Kojima, Souichiro Iwaki, Satoshi Fujii, Mitsuhiro Nakamura, Yoshinori Nozawa, Takashi Murate
7th International Ceramide Conferences, 2013.10.20-24, Montauk, NY
The mechanism of cytotoxicity by resveratrol against human leukemia cell lines
157 Kanoh H, Tawada C, Nakamrua M, Fujisawa T, Banno Y, Seishima M
22nd Congress of the European Academy of Dermatology and Venereology, 2013.10.2-6, Istanbul
Decrease in ceramides with long-chain fatty acids in atopic dermatitis and psoriasis possibly by interferon-gamma
156 加藤大和、鈴木俊之、上田夏実、中山蓉子、西端友里、梅津亮冴、土屋照雄、中村光浩
日本医療薬学会第23回年会, 2013.9.21-22, 仙台
新医薬品販売制度に関する製薬企業の意識調査
155 西端友里、梅津亮冴、鈴木俊之、上田夏実、中山蓉子、加藤大和、鈴木悠起也、田中宏幸、原英彰、紀ノ定保臣、中村光浩
日本医療薬学会第23回年会, 2013.9.21-22, 仙台
FAERSデータベースを用いた喘息治療薬服用症例におけるChurg-Strauss症候群発症リスクの解析
154 中山蓉子、西端友里、梅津亮冴、鈴木俊之、上田夏実、加藤大和、阿部純子、田中宏幸、永澤秀子、紀ノ定保臣、中村光浩
日本医療薬学会第23回年会, 2013.9.21-22, 仙台
FAERSを用いたロイコトリエン受容体拮抗薬の有害事象解析
153 梅津亮冴、西端友里、鈴木俊之、加藤大和、上田夏実、中山蓉子、中村光浩、宮村信輝、関谷泰明、紀ノ定保臣
日本医療薬学会第23回年会, 2013.9.21-22, 仙台
有害事象自発報告データベースを用いた白金系製剤による有害事象の解析
152 上田夏実、鈴木俊之、加藤大和、中山蓉子、西端友里、梅津亮冴、土屋照雄、中村光浩
日本医療薬学会第23回年会, 2013.9.21-22, 仙台
新医薬品販売制度に関する登録販売者への調査
151 鈴木俊之、中山蓉子、上田夏実、加藤大和、西端友里、梅津亮冴、土屋照雄、中村光浩
日本医療薬学会第23回年会, 2013.9.21-22, 仙台
薬局薬剤師を対象とする新医薬品販売制度および登録販売者配置に関するアンケート調査
150 大森由佳里、水谷直貴、井上みなみ、西田弥生、鈴木元、小泉恵子、高木明、小嶋哲人、岩城壮一郎、藤井聡、中村光浩、野澤義則、村手隆
第86回日本生化学会大会, 2013.9.11-13, 横浜
レスベラトロールによる白血病細胞株への細胞障害性機序の解析
149 井上みなみ、水谷直貴、西田弥生、小泉恵子、鈴木元、岩城壮一郎、藤井聡、中村光浩、野澤義則、村手隆
第86回日本生化学会大会, 2013.9.11-13, 横浜
前立腺癌細胞株LNCaPの酸性セラミダーゼは脱ユビキチン化酵素USP2により発現調節される
148 西端友里、梅津亮冴、鈴木俊之、鈴木悠起也、上田夏実、中山蓉子、加藤大和、原英彰、紀ノ定保臣、中村光浩
第3回レギュラトリーサイエンス学会学術大会, 2013.9.6-7, 東京
シグナル検出手法を用いた副作用評価におけるJADERおよびFAERSデータベースの比較
147 梅津亮冴、西端友里、鈴木俊之、加藤大和、上田夏実、中山蓉子、紀ノ定保臣、中村光浩
第3回レギュラトリーサイエンス学会学術大会, 2013.9.6-7, 東京
データマイニング手法を用いたEtanerceptと注射部位反応との関連性の解析
146 阿部純子、梅津亮冴、西端友里、紀ノ定保臣、永澤秀子、中村光浩
第3回レギュラトリーサイエンス学会学術大会, 2013.9.6-7, 東京
FAERSデータベースを用いた抗凝固薬における出血性合併症の解析
145 上田夏実、梅津亮冴、西端友里、鈴木俊之、中山蓉子、加藤大和、中村光浩、紀ノ定保臣
第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2013.8.10-11, 名古屋
大規模副作用症例データベースを用いたインフルエンザ治療薬の有害事象の解析
144 梅津亮冴、西端友里、鈴木俊之、上田夏実、中山蓉子、加藤大和、紀ノ定保臣、中村光浩
第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2013.8.10-11, 名古屋
有害事象自発報告データベースを用いた抗悪性腫瘍薬の皮膚障害発生状況の調査
143 梅津亮冴、中村光浩、西端友里、鈴木悠起也、阿部純子、永澤秀子、原英彰、紀ノ定保臣
医療薬学フォーラム2013/第21回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2013.7.20-21, 金沢
米国有害事象自発報告データベース(FAERS)を用いた経口血糖降下薬の低血糖症発症リスクの解析 -経口血糖降下薬併用時と単剤処方時の比較-
142 梅津亮冴、鈴木穂奈美、西端友里、鈴木俊之、関谷泰明、宮村信輝、中村光浩、紀ノ定保臣、土屋照雄
日本薬学会第133年会, 2013.3.27-30, 横浜
有害事象自発報告データベース (AERS)を用いた経口糖尿病薬の低血糖発症リスクの解析
141 西端友里、梅津亮冴、鈴木穂奈美、鈴木俊之、関谷泰明、宮村信輝、中村光浩、紀ノ定保臣、土屋照雄
日本薬学会第133年会, 2013.3.27-30, 横浜
AERSデータベースを用いたスタテン系製剤の横紋筋融解症発症リスクの解析
140 鈴木俊之、鈴木穂奈美、平出耕石、西端友里、梅津亮冴、中村光浩、加藤武司、土屋照雄
日本薬学会第133年会, 2013.3.27-30, 横浜
8-キノリノール法による輸液、注射液および造影剤中の微量アルミニウム濃度

2012

139 中村光浩, 近藤剛弘, 西脇理恵, 鈴木穂奈美, 西畑友里, 鈴木俊之, 梅津亮冴, 土屋照雄
第45回東海薬剤師学術大会, 2012.12.2, 名古屋
登録販売者に関する調査研究
138 楠井達典, 岩田ちひろ, 鈴木穂奈美, 森田啓之, 中村光浩, 土屋照雄
第45回東海薬剤師学術大会, 2012.12.2, 名古屋
新規プロポフォール血中濃度測定法開発とその応用
137 Honami Suzuki, Mayumi Yamamoto, Mitsuhiro Nakamrua, Shino Oba, Chisato Nagata, Jun Takeda
4th Scienticfic Meeting of the Asian Association of the Study of Diabetes, 2012.11.24-27, Kyoto
Factors for glucose metabolism in Japanese subjects
136 澤田佳克、中村光浩、山添喜久雄
第28回岐阜県病院協会医学会, 2012.10.21, 岐阜
バンコマイシン(VCM)TDM解析ソフトの予測精度と血清クレアチニン補正(Scr)に関する検討
135 鈴木穂奈美、山本眞由美、中村光浩、大庭志野、永田知里、武田純
第86回日本糖尿病学会中部地方会, 2012.10.13, 名古屋
一般市民における耐糖能に影響を及ぼす要因解析 -岐阜市糖尿病実態調査から-
134 Chisato Tawada, Hiroyuki Tawada, Yoshiko Banno, Mitsuhiro Nakamrua, Mariko Seishima
42nd Annual ESDR Meeting, 2012.9.19-22, Vienna,Italy
Ceramide profiles in stratum corneum of inflammatory skin diseases analyzed by MALDI-TOF-MS
133 Mitsuhiro Nakamura, Yuri Nishibata, Naoki Mizutani, Hiromi Ito, Mayuko Otsuka, Keiko Koizumi, Teruo Tsuchiya, Takashi Murate, Yoshiko Banno
53rd International Conference on the Bioscince of Lipids, 2012.9.4-8, Banff, Alberta, Canada
Simultaneous determination of sphingolipid metabolites by LC/MS-IT-TOF using Kinetex Core-Shell HPLC column
132 Naoki Mizutani, Minami Inoue, Yayoi Nishida, Keiko Koizumi, Mitsuhiro Nakamura, Yoshiko Banno, Yoshinori Nozawa, Takashi Murate
53rd International Conference on the Bioscince of Lipids, 2012.9.4-8, Banff, Alberta, Canada
c-Myb is the major regulator of sphingosine kinase 1 expression of friend cells: their role in terminal cell division
131 鈴木穂奈美、中村光浩、西端友里、関谷泰明、宮村信輝、紀ノ定保臣、土屋照雄
第2回レギュラトリーサイエンス学会学術大会, 2012.9.2-3, 東京
クロピドグレルとPPI併用に関する注意喚起情報がインターネット空間と有害事象データベース(AERS)に及ぼす影響
130 岩田ちひろ、安部力、中村光浩、森田啓之
第 22 回日本病態生理学会大会, 2012.8.3-5, 大分
過重力環境が麻酔薬の効果に与える影響
129 村手隆、水谷直貴、小泉恵子、田中広治、井上みなみ、西田弥生、中村光浩、坂野喜子、野澤義則
第7回スフィンゴテラピィ研究会, 2012.7.13-14, 石川
c-MYBはフレンド細胞におけるSPHK1発現の主要な調節因子である:白血病細胞の終末分化におけるその役割
128 中村光浩、鈴木穂奈美、浦西洋彰、西端友里、土屋照雄
第15回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2012.7.7-8, 大阪
クロピドグレルとプロトンポンプ阻害薬併用の注意喚起に係る情報の社会的影響
127 Chisato Tawada, Hiroyuki Kanoh, Yoshiko Banno, Mitsuhiro Nakamura, Mariko Seishima
2nd Eastern Asia Dermatology Congress, 2012.6.13-15, China
Analysis of ceramide profiles in stratum corneum of atopic dermatitis and psoriasis by MALDI-TOF-MS
126 橋本真希、井口和弘、窪田傑文、山下修司、中村光浩、臼井茂之、杉山正、平野和行
日本薬学会第132年会, 2012.3.28-31, 札幌
副腎皮質ホルモン剤betamethasoneのPSA産生への影響について
125 多根井重晴、山下修司、後藤絵美、窪田傑文、中村光浩、堀内正、櫻井潔、杉山正
日本薬学会第132年会, 2012.3.28-31, 札幌
調剤過誤防止機能に薬剤師支援機能を付加した調剤支援システムの構築
124 鈴木穂奈美、中村光浩、三好美浩、勝野眞吾
日本薬学会第132年会, 2012.3.28-31, 札幌
韓国高校生における喫煙、飲酒、薬物乱用と人間関係要因の検討
123 西端友里、中村光浩、伊藤裕美、大塚万裕子、小泉恵子、土屋照雄、村手隆、坂野喜子
日本薬学会第132年会, 2012.3.28-31, 札幌
LCMS-IT-TOFによるスフィンゴシン脂質測定系の開発
122 中村光浩、鈴木穂奈美、西端友里、浦西洋彰、阿部修三、土屋照雄
日本薬学会第132年会, 2012.3.28-31, 札幌
塩基配列特異的熱溶出クロマトグラフ法によるCYP2C9のSNP解析

2011

121 大塚万祐子、中村光浩、永田知里、山本眞由美、武田純
日本糖尿病学会第84回中部地方会, 2011.10.22, 名古屋
一般市民における成人後の体重増加と耐糖能との関係-岐阜市糖尿病実態調査から-
120 川合麻未、中村光浩、井口和弘、臼井茂之、門口泰也、土屋照雄、佐治木弘尚、平野和行
第21回日本医療薬学会年会, 2011.10.1-2, 神戸
マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析(MALDI-TOF MS)による血清中クロバザムの測定
119 鈴木穂奈美、中村光浩、浦西洋彰、平出耕石、大塚万裕子、楠井達典、池田由佳里、山口裕之、中村弘揮、加藤武司、土屋照雄
第21回日本医療薬学会年会, 2011.10.1-2, 神戸
蛍光検出/HPLC法による輸液、注射液および造影剤中の微量アルミニウムの測定
118 楠井達典、浦西洋彰、岩田ちひろ、大塚万裕子、鈴木穂奈美、西端友里、安部力、森田啓之、中村光浩、土屋照雄
第21回日本医療薬学会年会, 2011.10.1-2, 神戸
高極性対応オクタデシルシリカカラムを用いたプロポフォール血中濃度測定法プロポフォール
117 伊藤裕美、萩原和美、田中広治、小林美沙、星川あすか、水谷直貴、高木明、小嶋哲人、小泉恵子、中村光浩、坂野喜子、野澤義則、村手隆
第84回日本生化学会大会, 2011.9. 21-24, 京都
The effect on acid sphingomyelinase (ASMase) by resveratrol
116 吉村友子、山下修司、窪田傑文、東明香、後藤絵美、中村光浩、杉山正
日本社会薬学第30年会, 2011.9.3-4, 東京
外来がん化学療法における副作用の発生と対処に関する調査-岐阜薬科大学附属薬局での実態調査-
115 鈴木匡、岡田浩美、土屋照雄、賀川義之、木村和哲、杉山正、並木徳之、平嶋尚英、中村光浩、小菅和仁、前田徹、林秀樹、野口博司、小野秀樹、藤井聡
日本薬学会第131年会, 2011.3.28-31, 静岡
三公立連携薬剤師生涯学習支援講座:3年間の活動とその評価
114 川合麻未、中村光浩、井口和弘、臼井茂之、門口泰也、土屋照雄、佐治木弘尚、平野和行
日本薬学会第131年会, 2011.3.28-31, 静岡
MALDI-TOF MSによる血漿中クロバザムの測定
113 中村光浩、平出耕石、浦西洋彰、井戸靖司、大塚万祐子、鈴木穂奈美、楠木達典、加藤武司、土屋照雄
日本薬学会第131年会, 2011.3.28-31, 静岡
MALDI-TOF/MSを用いた造影剤の直接分析
112 中村光浩、平出耕石、浦西洋彰、井戸靖司、大塚万祐子、鈴木穂奈美、楠木達典、加藤武司、土屋照雄
日本薬学会第131年会, 2011.3.28-31, 静岡
MALDI-TOF/MSを用いた造影剤の直接分析

2010

111 Ke Cao, Keiko Tamiya-Koizumi, Kouji Tanaka, Mamoru Kyogashima, Mitsuhiro Nakamura, Yoshiko Banno, Yuji Komizua, Ryuichi Ueoka, Motoshi Suzuki
The 4th International Symposium on “Molecular Science of Fluctuations toward Biological Funcutions, 2010.11.30-12.1, 滋賀
Alteration of lipid constituent in cancer cell membrane induced by hybrid liposoime
110 浦西洋彰、池田由佳里、大塚万祐子、中村弘揮、中村光浩、土屋照雄
第20回日本医療薬学会年会, 2010.11.13-14, 東京
血漿直接注入対応HPLCカラムを用いたミカファンギン血中濃度測定法
109 中村光浩 、浦西洋彰、池田由佳里、大塚万祐子、中村弘揮、土屋照雄
第43回東海薬剤師学術大会, 2010.11.23, 静岡
新規疎水性/親水性ハイブリッドODS固定相を用いた血漿試料直接注入による血中ミカファンギン濃度測定法
108 田中広治, 萩原和美, 村上真史, 村手隆, 中村光浩, 坂野喜子, 小泉恵子, 神奈木玲児, 京ケ島守
第3回セラミド研究会学術集会, 2010.11.12, 東京
中性セラミダーゼの発現抑制はヒト神経芽細胞腫 SH-SY5Y 細胞に分化を誘導する
107 Kouji Tanaka、Keiko Tamiya-Koizumi、Kazumi Hagiwara、Masashi Murakami、Takashi Murate、Yoshiko Banno、Mitsuhiro Nakamura、Reiji Kannagi、Mamoru Kyogashima
第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会大会, 2010.12.7-10, 神戸
Down regulation of neutral ceramidase induces neural differentiation in human neuroblastoma SH-SY5Y cells
106 Hiromi Ito、Masashi Murakami、Kazumi Hagiwara、Noriko Sasaki、Misa Kobayashi、Asuka Hoshikawa、Takagi Akira、Kojima Tetsuhito、Yoshiko Banno、Keiko Koizumi、Mitsuhiro Nakamura、Yoshinori Nozawa、Takashi Murate
第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会大会, 2010.12.7-10, 神戸
The regulatory mechanism of neutral sphingomyelinase 2 gene expression induced by all trans retinoic acid (ATRA) in MCF7 cells
105 川原さと実、中村光浩、大辻陽子、原明、村手隆、野澤義則、坂野喜子
第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会大会, 2010.12.7-10, 神戸
スフィンゴ脂質代謝による抗癌剤感受性とCD44発現の調節機構
104 大塚万祐子、中村光浩、川原さと実、竹下未希、原明、坂野喜子、土屋照雄
第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会大会, 2010.12.7-10, 神戸
シスプラチンによる神経細胞様PC12細胞の突起退縮に対するデセン酸の効果
103 Takashi Murate, Kayo Yoshida, Hiromi Ito, Masashi Murakami, Kazumi Hagiwara, Yoko Tagawa, Noriko Sasaki, Akira Takagi, Tetsuhito Kojima, Sayaka Sobue, Motoshi Suzuki, Keiko Tamiya-Koizumi, Mitsuhiro Nakamura, Yoshiko Banno, Yoshinori Nozawa
51st International Conference on the Bioscience of Lipids, 2010.9.7-11, Bilbao, Spain
Heterogeneous sphingosine-1-phosphate lyase gene expression and its regulatory mechanism in human lung cancer cell lines
102 Satomi Kawahara, Mitsuhiro Nakamura, Takashi Murate, Akira Hara, Yoshinori Nozawa, Yoshiko Banno
51st International Conference on the Bioscience of Lipids, 2010.9.7-11, Bilbao, Spain
Sphingosine Kinase Regulate Oxaliplatin Sensitivity of Human Colon Cancer Cells through Ceramide Accumulation and CD44 expression
101 Ito H, Murakami M, Hagiwara K, Sasaki N, Kobayashi M, Hoshikawa A, Takagi A, Kojima T, Banno Y, Tamiya-Koizumi K, Nakamura M, Nozawa Y, Murate T
51st International Conference on the Bioscience of Lipids, 2010.9.7-11, Bilbao, Spain
The regulatory mechanism of NSMase2 gene expression by ATRA in MCF7 cells
100 村手隆、吉田佳世、伊藤裕美、村上真史、佐々木法子、小林美沙、星川あすか、高木明、小嶋哲人、小泉恵子、中村光浩、坂野喜子、野澤義則
第5回スフィンゴテラピィ研究会, 2010.7.16-17, 鳥取
各種ヒト肺がん細胞におけるスフィンゴシン1リン酸リアーゼの発現レベルとその調節機序
99 川原さと実、中村光浩、大塚万祐子、原明、村手隆、野澤義則、坂野喜子
第5回スフィンゴテラピィ研究会, 2010.7.16-17, 鳥取
スフィンゴ脂質代謝による抗癌剤耐性の制御機構解明:癌肝細胞との関連性
98 平出耕石、中村光浩、今関孝子、大塚万祐子、浦西洋彰、加藤武司、土屋照雄
医療薬学フォーラム2010 第18回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2010.7.10-11, 広島
院内製剤管理プログラムの開発と評価
97 杉山正、中村光浩、堀内正、鈴木匡、土屋照雄、藤井聡
第27回日本TDM学会・学術大会, 2010.6.26-27, 札幌
三公立連携薬剤師生涯学習支援講座:「TDM」実習コースの試みと評価
96 鈴木匡,岡田浩美,土屋照雄,賀川義之,木村和哲,杉山正,並木徳之,平嶋尚英,中村光浩,小菅和仁,前田徹,林秀樹,野口博司,小野秀樹,藤井聡三
日本薬学会第130年会, 2010.3.28-30, 岡山
公立連携薬剤師生涯学習支援講座:実習プログラムの試みと評価
95 中村光浩,近藤剛弘,西脇理英,堀内正,寺町ひとみ,土屋照雄
日本薬学会第130年会, 2010.3.28-30, 岡山
テキストマイニングによる新医薬品販売制度アンケートの分析

2009

94 川原さと実、河野早紀、竹下未希、中村光浩、岡野幸雄、原明、村手隆、野澤義則、坂野喜子
第82回日本生化学会大会, 2009.10.21-24, 神戸
スフィンゴシンキナーゼによる抗癌剤感受性の制御機構
93 中村光浩、堀内正、寺町ひとみ、土屋照雄
第42回東海薬剤師学術大会, 2009.11.29, 岐阜
薬剤師の新医薬品販売制度に対する意識調査
92 林雅彦、中村光浩、堀内正、寺町ひとみ、高尾雄介、土屋照雄
第19回日本医療薬学会年会, 2009.10.24-25, 長崎
疎水性/親水性ハイブリッドODSカラムによるイトラコナゾール分析系の開発
91 土屋照雄、近藤剛弘、寺町ひとみ、堀内正、中村光浩
第19回日本医療薬学会年会, 2009.10.24-25, 長崎
登録販売者制度に関する製薬企業への調査研究
90 近藤剛弘、中村光浩、堀内正、寺町ひとみ、土屋照雄
第19回日本医療薬学会年会, 2009.10.24-25, 長崎
登録販売者制度に関する消費者意識調査
89 中村光浩、堀内正、寺町ひとみ、土屋照雄
第19回日本医療薬学会年会, 2009.10.24-25, 長崎
登録販売者制度に関する薬剤師の意識調査
88 河野早紀、竹下未希、根本聡、中村光浩、伊藤善規、土屋照雄、村手隆、野澤義則、坂野喜子
第3回スフィンゴテラピィ研究会, 2009.7.18-19, 鳥取
大腸癌細胞のスフィンゴ脂質代謝による抗癌剤感受性の制御機構
87 岡安伸二、松浦克彦、中村光浩、紀ノ定保臣、山本眞由美、伊藤善規
医療薬学フォーラム2009/第17回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2009.7.11-12, 京都
抗がん剤無菌調製におけるRSSコードを利用した薬剤認証機能の有用性の評価
86 中村光浩,近藤剛弘,西脇理英,堀内正,寺町ひとみ,土屋照雄
医療薬学フォーラム2009/第17回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2009.7.11-12, 京都
登録販売者制度実施に向けての意識調査
85 近藤剛弘,西脇理英,堀内正,寺町ひとみ,中村光浩,土屋照雄
第12回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2009.7.18-19, 福岡
登録販売者制度に関する消費者意識調査
84 谷口和美、中村光浩、大森智史、門口泰也、井口和弘、伊藤善規、臼井茂之、佐治木弘尚、平野和行
第26回日本TDM学会・学術大会, 2009.6.13-14, 新潟
LC-MS/MSを用いたクロバザムおよびN-デスメチルクロバザムのハイスループット分析系の開発
83 藤井聡、木村和哲、飯沼宗和、土屋照雄、杉山正、賀川義之、並木徳之、平嶋尚英、中村光浩、小菅和仁、栗本英治、林秀樹、小野秀樹、野口博司、水上元
日本薬学会第129年会, 2009.3.26-28, 京都
三公立連携薬剤師生涯学習支援講座の平成20年度活動報告
82 河野早紀、竹下未希、中村光浩、根本聡、坂野喜子、土屋照雄、伊藤善規
日本薬学会第129年会, 2009.3.26-28, 京都
大腸がんのスフィンゴ脂質による抗がん剤感受性の調節機構
81 谷口和美、中村光浩、大森智史、門口泰也、前川智弘、井口和弘、伊藤善規、臼井茂之、佐治木弘尚、平野和行
日本薬学会第129年会, 2009.3.26-28, 京都
A rapid and sensitive high throughput analysis for clobazam and its metabolite N-desmethylclobazam using liquid chromatography with tandem mass spectrometric detection

2008

80 中村光浩,寺町ひとみ,足立哲夫,土屋照雄
第18回日本医療薬学会年会, 2008.9.20-21, 札幌
テキストマイニングによる薬学生実務実習レポートの分析
79 中村光浩、根本聡、原明、土屋照雄、坂野喜子
第2回高次機能性食品(蜂産品)研究講演会, 2008.8.9, 岐阜
抗がん剤による末梢神経障害に及ぼすデセン酸の影響
78 河野早紀、竹下未希、根本聡、中村光浩、伊藤善規、土屋照雄、村手隆、野澤義則、坂野喜子
第3回スフィンゴテラピィ研究会, 2008.7.18-19, 鳥取
大腸癌細胞のスフィンゴ脂質代謝による抗癌剤感受性の制御機構
77 中村光浩、堀内正、寺町ひとみ、窪田傑文、高島英滋、葛谷有美、土屋照雄
第11回日本医薬品情報学会, 2008.7.5-6, 東京
一般用医薬品における添付文書情報の実態調査-かぜ薬(内用)について-
76 根本聡、中村光浩、村手隆、岡野幸雄、原明、野澤義則、坂野喜子
第50回日本脂質生化学会, 2008.6.5-6, 徳島
スフィンゴ脂質代謝による抗癌剤感受性の制御機構
75 寺町ひとみ、堀内正、窪田傑文、葛谷有美、鈴木麻里、中村光浩、土屋照雄
日本薬学会第128年会, 2008.3.26-28, 横浜
岐阜薬科大学における長期実務実習への取組み-学生主体による実務実習支援システムの開発-
74 堀内正、寺町ひとみ、窪田傑文、高島英滋、鈴木麻里、中村光浩、土屋照雄
日本薬学会第128年会, 2008.3.26-28, 横浜
岐阜薬科大学における長期実務実習への取組み―附属薬局における実務実習支援システムおよび実習テキストによる効果―
73 葛谷有美、寺町ひとみ、中村光浩、小林健司、坂井田正光、土屋照雄
日本薬学会第128年会, 2008.3.26-28, 横浜
岐阜薬科大学における長期実務実習への取り組み―岐阜市民病院における学生主体による実務実習の構築―
72 中村光浩、堀内正、寺町ひとみ、窪田傑文、高島英滋、鈴木麻里、土屋照雄
日本薬学会第128年会, 2008.3.26-28, 横浜
一般用医薬品における添付文書情報の実態調査 ― 解熱鎮痛薬について ―
71 中村光浩,根本聡,伊藤善規,原明,坂野喜子
日本薬学会第128年会, 2008.3.26-28, 横浜
LC-MS/MSを用いたスフィンゴ脂質代謝産物同時定量法の開発

2007

70 岡安伸二, 松浦克彦, 飯原大稔, 石原正志, 中村光浩, 杉山正, 伊藤善規
第17回日本医療薬学会年会, 2007.9.29-30, 前橋
電子カルテの処方オーダ情報を利用した注射剤調製鑑査システムの評価-正確性と効率化について-
69 寺町ひとみ,酒井英二,中村光浩,堀内 正,窪田傑文,高島英滋,鈴木麻里,足立哲夫,土屋照雄
医療薬学フォーラム2007/第15回クリニカルファーマシーシンポジウムイン山形, 2007.7.14-15, 山形
早期体験学習における病院・薬局見学および教育フォーラムへのポスター発表による効果
68 根本聡, 中村光浩, 伊藤善規, 祖父江沙矢加, 村手隆, 原明, 野澤義則, 坂野喜子
第2回 スフィンゴテラピィ研究会, 2007.5.,鳥取
LC-MS/MSを用いたスフィンゴ脂質代謝産物の簡易定量法の試み
67 岡安伸二, 中村光浩, 杉山正, 伊藤善規
第127回日本薬学会年会, 2007.3.28-30, 富山
新設計クリーンベンチ・安全キャビネットと注射剤調製鑑査システムの評価
66 中村光浩, 寺町ひとみ, 堀内正, 窪田傑文, 高島英滋, 後藤千寿, 杉山正, 土屋照雄
第127回日本薬学会年会, 2007.3.28-30, 富山
実務実習モデル・コアカリキュラム病院実習方略に準じた実習トライアルの評価

2006

65 大森智史, 中村光浩, 杉山正, 片桐義博, 平野和行
平成18年度日本薬学会東海支部総会・大会, 2006.7.(静岡)
非多孔性ODSカラムを用いた血中バルプロ酸のLC-MS-MSによる定量
64 中村光浩, 松浦克彦, 杉山正
医療薬学フォーラム2006, 2006.7.(大阪)
TDMシステム適正運用のための携帯端末の利用とその問題点
63 中村光浩, 松浦克彦, 杉山正
医療薬学フォーラム2006, 2006.7.(大阪)
TDMシステム適正運用のための携帯端末の利用とその問題点
62 中村光浩, 松浦克彦, 土屋照雄, 杉山正
第23回TDM学会・学術大会, 2006.7.東京
電子カルテに対応したTDMシステムの活用とその問題点
61 中村光浩, 酒井由紀子, 深和加奈, 杉山正, 土屋照雄
第16回日本医療薬学会年会, 2006.9.金沢
蛍光検出/HPLC法による脂肪乳剤注射液中の微量アルミニウム測定
60 Nakamura M, Kubota M, Takashima E, Sugiyama T, Tsuchiya T
第21回日本薬物動態学会年会, 2006.11.東京
DETERMINATION OF ZONISAMIDE AND ITS METABOLITE, 2-SULPHAMOYLACETYLPHENOL, IN HUMAN LIVER CYTOSOL AND MICROSOMES USING LC-MS/MS
59 Ohmori T, Nakamura M, Sugiyama T, Hirano K
第21回日本薬物動態学会年会, 2006.11.東京
LIQUID CHROMATOGRAPHY-TANDEM MASS SPECTROMETRY (LC-MS/MS) FOR DETERMINATION OF BENZODIAZEPINES IN HUMAN PLASMA USING AN ODS COLUMN COMPATIBLE FOR HYDROPHILIC COMPOUNDS
58 大森智史, 中村光浩, 杉山正, 平野和行
平成18年度日本薬学会東海支部例会, 2006.12.名古屋
水系順相シリカカラムを用いた血中リトドリンのLC-MS/MSによる定量

2005

57 平出耕石, 田辺久美子, 丹羽雅之, 石崎明, 中島恵一, 中村光浩, 杉山正, 片桐義博, 加藤兼房, 小澤修
第78回日本薬理学会年会, 2005.3.横浜
血管平滑筋細胞におけるHSP27誘導のアデニル酸シクラーゼ-cAMP系による抑制作用
56 中村光浩, 深和加奈, 矢澤到, 酒井由紀子, 後藤千寿, 杉山正
日本薬学会第125年会, 2005.3.東京
蛍光検出/HPLC法による微量アルミニウム測定のハイスループット化と注射薬品質管理への応用
55 岡安伸二, 中村光浩, 杉山正, 千種康一, 櫻井潔, 片桐義博
日本薬学会第125年会, 2005.3.東京
処方情報を利用した注射剤調製監査システムの開発
54 中村光浩, 平出耕石, 小森善文, 杉山正, 片桐義博
第22回日本TDM学会・学術大会, 2005.5.沖縄
電子カルテに対応したTDMシステムの開発

2004

53 中村光浩, 深和加奈, 今西義紀, 杉山正, 片桐義博
第21回日本TDM学会・学術大会, 2004.6.吹田
高極性対応カラムを用いたHPLCによる血清中リバビリン濃度測定法の開発
52 中村光浩, 深和加奈, 説田路子, 杉山正, 片桐義博
国立大学附属病院医療情報システムシンポジウム, 2004.1.三重
携帯情報端末(PDA)による薬剤部業務支援プログラムの開発例 - 医薬品情報閲覧プログラム・薬剤管理指導支援プログラム
51 中村光浩, 深和加奈, 説田路子, 安田浩二, 杉山正, 片桐義博
医療薬学フォーラム2004/第12回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2004.7.札幌
外来におけるチェックシートを用いた注射薬抗癌剤調製業務の改善
50 中村光浩, 深和加奈, 後藤千寿, 杉山正, 片桐義博
第14回日本医療薬学会年会, 2004.10.千葉
蛍光検出/HPLC法による輸液・注射液中微量アルミニウムの測定
49 中村光浩, 今西義紀, 深和加奈, 杉山正, 片桐義博
第124年会日本薬学会, 2004.3.大阪
ペン入力を用いたTDM情報管理システムの開発
48 中村光浩, 深和加奈, 説田路子, 杉山正, 片桐義博
第8回医療情報学会春季学術大会, 2004.6.広島
携帯情報端末(PDA)による薬剤管理指導支援プログラムの開発とその評価

2003

47 中村光浩、深和加奈、説田路子、杉山正、片桐義博
第23回医療情報学連合大会, 2003
携帯情報端末(PDA)による医薬品情報閲覧プログラムの開発
46 中村光浩、深和加奈、説田路子、杉山正、片桐義博
第23回医療情報学連合大会, 2003
PDAによる薬剤管理指導支援プログラムの開発とその評価
45 中村光浩、今西義紀、深和加奈、説田路子、杉山正、片桐義博
第18回日本薬物動態学会年会, 2003
シクロスポリン血中濃度測定法の比較および精度管理
44 今西義紀、中村光浩、平出耕石、杉山正、片桐義博
岐阜県医学会協会, 2003
岐阜大学におけるTDMによる処方提案に関する調査
43 中村光浩、深和加奈、説田路子、村岡明美、間宮礼子、杉山正、片桐義博
第13回医療薬学会年会, 2003
注射薬抗癌剤調製・点滴業務への薬剤師の関与に対する看護師の評価
42 中村光浩、杉山正、梅田逸雄、後藤千寿、田口みちよ、寺町ひとみ、中尾俊也、松浦克彦、高橋悟、土屋照雄、山崎太
第13回医療薬学会年会, 2003
岐阜県内の病院におけるTDM実施の問題点
41 杉山正、中村光浩、梅田逸雄、後藤千寿、田口みちよ、寺町ひとみ、中尾俊也、松浦克彦、高橋悟、土屋照雄、山崎太
第13回医療薬学会年会, 2003
岐阜県内の病院におけるTDM実施の現状
40 中村光浩、安田浩二、高木直子、田中大稔、杉山正、片桐義博
医療薬学フォーラム, 2003
MRによる添付文書改定情報提供に関する調査
39 中村光浩、平出耕石、今西義紀、杉山正、片桐義博
医療薬学フォーラム, 2003
10%フェノバルビタール散の分包紙への付着が認められた症例
38 中村光浩、深和加奈、松浦克彦、後藤千寿、杉山正、片桐義博
第20回TDM学会, 2003
ベンゾジアゼピン系薬物分析へのLC/MSの応用例
37 中村光浩、平出耕石、今西義紀、杉山正、片桐義博
第20回TDM学会, 2003
シクロスポリン血中濃度測定等の比較-Dimension RxL、TDx、EMIT、RIA、HPLCを対象として-
36 中村光浩、深和加奈、杉山正、片桐義博
日本薬学会第123会年会, 2003
LC/MSによるベンゾジアゼピン系薬物のハイスループット分析
35 中村光浩、深和加奈、朝倉美由紀、杉山正、片桐義博
平成14年国立大学附属病院医療情報システムシンポジウム, 2003
小児科病棟における抗悪性腫瘍剤調製支援プログラムの利用

2002

34 中村光浩、林秀樹、杉山正、片桐義博
平成14年度日本薬学会東海支部例会, 2002
血清試料直接注入による抗てんかん薬のLC分析
33 中村光浩、深和加奈、杉山正、片桐義博
第17回日本薬物動態学会年会, 2002
LC/MSによるクロナゼパム定量法の確立
32 中村光浩、平出耕石、深和加奈、杉山正、片桐義博
第15回東海薬物治療研究会, 2002
ハイスループットLCの血中ゾニサミド濃度測定への応用
31 中村光浩、深和加奈、杉山正、片桐義博
第22回医療情報学連合大会, 2002
抗悪性腫瘍剤調製支援プログラムの開発とその評価
30 中村光浩、平出耕石、杉山正、片桐義博
第19回日本TDM学会, 2002
ハイスループットLCを用いた血中クロバザム濃度測定
29 中村光浩、平出耕石、深和加奈、杉山正、片桐義博
日本薬学会第122回年会, 2002
ゾニサミド血中濃度に対する他の抗てんかん薬併用の影響
28 中村光浩
第30回DIのための情報基礎講座, 2002, 東京
Palm/PDF/WWW版院内医薬品集の作成

2001

27 中村光浩、平出耕石、杉山正、片桐義博
第18回日本TDM学会学術大会, 2001
非多孔性シリカカラムを用いた血中クロナゼパム濃度測定法
26 中村光浩、片桐義博、中島茂
日本薬学会第121回年会, 2001
ウサギ好中球におけるCa2+要求性アラキドン酸遊離
25 中村光浩、杉山正、片桐義博
平成13年度日本薬学会東海支部例会, 2001
ハイスループットHPLCによる抗てんかん薬の血中濃度同時定量の高速化
24 中村光浩、安田浩二、杉山正、片桐義博
第20回医療情報学連合大会, 2001
動的WWWページおよび携帯情報端末による医薬品添付文書DBの有効利用とその評価
23 中村光浩、杉山正、片桐義博
第16回日本薬物動態学会年会, 2001
ハイスループットODSカラムの抗てんかん薬血中濃度測定への応用

2000

22 中村光浩、平出耕石、杉山正、片桐義博
第17回岐阜県病院協会医学会, 2000
フェニトイン薬物動態パラメータの加齢による変化の検討
21 平出耕石、中村光浩、杉山正、片桐義博
第8回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2000
EPA製剤の崩壊試験
20 中村光浩、平出耕石、杉山正、片桐義博
第17回日本TDM学会, 2000
非多孔性ODSカラムを用いた血中ゾニサミド濃度測定法の検討
19 中村光浩、平出耕石、杉山正、片桐義博
第17回日本TDM学会, 2000
日本薬学会第120年会
18 中村光浩、杉山正、梅本敬夫、紀ノ定保臣、片桐義博
第20回医療情報学連合大会, 2000
院内製剤管理システムの構築
17 中村光浩、高田美和子、山崎直也、杉山正、片桐義博
第10回日本病院薬学会年会, 2000
院内製剤における点眼剤の品質管理について
16 中村光浩、後藤千寿、杉山正、片桐義博
平成11年度国立大学附属病院医療情報システムシンポジウム, 2000
薬剤業務へのイントラネットの利用例

1999

15 杉山正、堀内正、平出耕石、中村光浩、片桐義博
第9回日本病院薬学年会, 1999
メトトレキサート大量療法において体内動態解析が有用であった症例
14 中村光浩、中島茂、片桐義博、野澤義則
日本薬学会第119年会, 1999
分化HL60細胞のホスホリパーゼD活性化に対するN-アセチル L-システインの抑制効果

1999

13 中村光浩、後藤千寿、杉山正、片桐義博、山添喜久雄
日本薬学会第118年会, 1998
院内製剤記録のデータベース化による管理システムの構築
12 中村光浩、中島茂、片桐義博、野澤義則
平成10年度日本薬学会東海支部例会, 1998
分化HL60細胞のPhospholipase D活性化に対するWortmanninおよびLY294002の抑制効果

1998

11 中村光浩、中島茂、片桐義博、野澤義則
第71回日本生化学会大会, 1998
PI3-キナーゼ、チロシンリン酸化を介する分化HL60細胞のホスホリパーゼD活性化
10 中村光浩、安田浩二、杉山正、片桐義博
平成9年度国立大学病院医療情報システムシンポジウム, 1998
病院医薬品集の電子文書化とその利用

1997

9 中村光浩、後藤千寿、矢嶋隆宏、杉山正、片桐義博
第14回岐阜県病院協会医学会, 1997
HTMLを利用した院内製剤情報の提供

1996

8 中村光浩、山添喜久雄、矢嶋隆宏、堀内正、杉山正、片桐義博
第13回岐阜県病院協会医学会, 1996
軟膏の練合条件に関する検討
7 山添喜久雄、中村光浩、堀内正、杉山正、片桐義博
第6回年日本病院薬学会年会, 1996
口内炎治療用の含嗽用アロプリノール液に用いる保存剤の検討 (第2報)
6 山添喜久雄、中村光浩、堀内正、杉山正、片桐義博
日本薬学会第116会年会, 1996
口内炎治療用の含嗽用アロプリノール液に用いる保存剤の検討
5 中村光浩
第9回ZENECA病院薬学セミナー, 1996
薬物相互作用情報検索について

1995

4 Nakamura M, Horiuchi T, Mori M、Katagiri Y
4th Pan Pacific Asian Congress on Clinical Pharmacy, 1995, Indonesia
Development of a new management system for therapeutic drug monitoring services
3 中村光浩、堀内正、柴山朋子、杉山正、片桐義博
第5回日本病院薬学会年会, 1995
高齢者におけるジギタリス製剤の血中濃度に関する検討

1994

2 中村光浩、堀内正、森充弘、片桐義博
日本薬学会第114回年会, 1995
TDM業務および情報の管理システム
1 中島茂、茶谷祐司、中村光浩、三吉尚美、河野通明、野澤義則
第8回東海凝固線溶セミナー, 1994
ヒト血小板のトロンビン刺激によるMAPキナーゼの活性化

Symposium, 主催シンポジウム・研究会

8 中村光浩(オーガナイザー), 永澤秀子(オーガナイザー)
主催:情報計算化学生物(CBI)学会, 2016.11.25, 岐阜
第4回個別化医療研究会 (講師:内田信也, 松丸直樹, 鈴木昭之, 中村亮介)
7 中村光浩(モデレーター)
CBI学会2016年大会: フォーカストセッション FS-15, 2016.10.25-27, 東京
個別化医療のための情報活用 (講師:鈴木昭之, 植沢芳広, 中村光浩)
6 中村光浩、広川貴次、片倉晋一、高岡雄司、中嶋久士、福澤薫、沖山佳生(モデレーター)
CBI学会2016年大会: フォーカストセッション FS-02, 2016.10.25-27, 東京
インシリコ創薬分野
5 中村光浩(モデレーター)
CBI学会2015年大会: フォーカストセッション, 2015.10.27-29, 東京
個別化医療と医療情報 (講師:劉世玉, 高井貴子, 鈴木昭之, 中村光浩)
4 中村光浩(オーガナイザー), 永澤秀子(オーガナイザー)
主催:情報計算化学生物(CBI)学会, 2015.5.15, 岐阜
個別化医療研究会: キックオフミーティング (講師:赤尾幸博, 岩本卓也, 南雲明, 坂本雄)
3 中村光浩(オーガナイザー), 池田浩治(オーガナイザー)
日本薬学会第135年会, 2015.3.25-28, 神戸
医薬品・医療機器グローバル開発におけるレギュラトリーサイエンスの将来像 (シンポジスト: 池田浩治, 土井功夫, 小林和道, 鈴木昭之, 塚本桂, 中村光浩, 小出彰弘)
2 中村光浩(オーガナイザー), 大津史子(オーガナイザー)
日本医療薬学会第24回年会, 2014.9.27-29, 名古屋
ビッグデータと疫学が切り拓く新しいエビデンス (シンポジスト: 川上浩司、頭金正博、坂田洋、中村光浩、山本弘史)
1 中村光浩
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術会議2012, 2012.11.18, 岐阜
薬局・大学チームによる実践的薬学研究例

Lecture, Seminor, シンポジウム、セミナー講演

33 笹岡沙也加
第8回育薬・創薬研究センター教育フォーラム, 2017.2.18, 岐阜
Real-Worldビッグデータを用いた医薬品有害事象解析
32 中村光浩
CBI学会2016年大会: フォーカストセッション, 2016.10.25-27, 東京
臨床現場からみた個別化医療の実際
31 中村光浩
平成28年度羽島薬剤師会薬剤師研修会, 2016.7.8, 岐阜
薬局薬剤師のための"学び直し"薬物動態
30 阿部純子
第7回育薬・創薬研究センター教育フォーラム, 2016.2.6, 岐阜
大規模副作用自発報告データの活用事例
29 中村光浩
日本薬学会東海支部 特別講演会、鈴鹿医療科学大学, 2016.1.18, 鈴鹿
レギュラトリーサイエンスと医療情報ビッグデータの活用
28 中村光浩
第2回医薬獣連携研究会, 2016.1.12, 岐阜
有害事象ビッグデータと個別化医療の実際
27 中村光浩
岐阜薬科大学市民公開講座, 2015.10.31, 岐阜
お薬を知ろう -医療用医薬品・ジェネリック医薬品・OTC 医薬品-
26 中村光浩
CBI学会2015年大会: フォーカストセッション, 2015.10.27-29, 東京
ビッグデータと個別化医療の実際
25 中村光浩
静岡県立静岡東高等学校, 2015.9.25, 静岡
大学模擬講義: プロトンポンプ阻害薬と薬物代謝酵素
24 中村光浩
日本医療薬学会第24回年会シンポジウム [ビッグデータと疫学が切り拓く新しいエビデンス], 2014.9.27-29, 名古屋
大規模副作用自発報告データベースの活用例(FAERS事例)
23 中村光浩
岐阜大学教育推進・学生支援機構 イノベーション創出若手人材養成センター, 2013.3.19, 岐阜
第4回成果発表会 「指導挙員からの報告」
22 鈴木悠起也
岐阜大学教育推進・学生支援機構 イノベーション創出若手人材養成センター, 2013.3.19, 岐阜
第4回成果発表会 「学外研修の報告」
21 中村光浩
(一社)岐阜県薬剤師会, 2015.2.15, 岐阜
在宅医療分野に関する薬局機能の強化, 健康情報拠点推進事業「在宅調剤実務研修」
20 中村光浩
保存期慢性腎不全研究会, 2011, 岐阜
腎不全時の処方調節と留意点 日常使うこの薬eGFRが60以下になったらどうするの?
19 中村光浩
岐阜薬科大学薬剤師生涯教育講座, 2010.12.19, 岐阜
統計の誤用、悪用、適正使用 –MRとディスカッションするために-
18 中村光浩
東海がんプロフェッショナル養成プラン平成22年度第1回合同セミナー, 2010, 名古屋
抗がん剤の薬物動態
17 中村光浩
保存期慢性腎不全研究会, 2010, 名古屋
日常処方薬の腎不全時の処方調節について~この薬、腎不全になったらどうするの?
16 中村光浩
三公立社会人の学び直しニーズ対応教育推進事業, 2010.9.4, 静岡
実習 TDM
15 中村光浩
岐阜中日文化センター健康科学セミナー, 2010.2.27, 岐阜
生活習慣病とお薬-降圧薬を中心に-
14 中村光浩
情報機構(株), 2010.1.29, 東京
LC-MS/MS基礎からの実践スキルアップ
13 中村光浩
三公立社会人の学び直しニーズ対応教育推進事業, 2009.9.4, 名古屋
実習 TDM
11 中村光浩
がん専門薬剤師研修, 2008, 岐阜
抗がん剤の薬物動態
10 中村光浩
第3回 育薬・創薬研究センター教育フォーラム, 2008.12.20, 岐阜
育薬・創薬研究センターの活用について
9 中村光浩
第3回 育薬・創薬研究センター 研究セミナー, 2008.10.17, 岐阜
スフィンゴ脂質代謝による抗がん剤感受性の制御機構
8 中村光浩
岐阜薬科大学提携講座, 2008.6.7, 岐阜
健康科学セミナー
7 中村光浩
第102回 Pharmaceutical Care Forum Mie三重, 2008, 三重
TDM業務の積極的展開に向けて −岐阜県病院薬剤師会のアプローチ−
6 中村光浩
岐阜薬科大学市民公開講座, 2007.10.27, 岐阜
朗らかな人生を科学でサポート-薬の秘密-
5 中村光浩
岐阜薬科大学薬剤師生涯教育講座, 2007.10.13, 岐阜
個別治療とTDMの活用
4 中村光浩
岐阜薬科大学提携講座 健康科学セミナー, 2007.6.9, 名古屋
効く薬、良い薬 –お薬の血中濃度と効き目について-
3 中村光浩
日本病院薬剤師会 がん専門薬剤師研修, 2007.2.7, 岐阜
抗がん剤のPK/PD
2 中村光浩
第1回 育薬・創薬研究セミナー, 2007, 岐阜
1 中村光浩
財団法人日本医薬情報センター, 2002, 東京
第30回 DIのための情報基礎講座, Palm/PDF/WWW版院内医薬品集の作成

Funding, 外部研究資金

科学研究費

Current

2017 - 代表
科研費 基盤研究(C), JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
医薬品有害事象自発報告データのレギュラトリーサイエンスへの応用(研究課題番号:17K08452)
2017 - 分担
科研費 基盤研究(C), JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
アトピー性皮膚炎の皮膚サイトカイン環境の網羅的解析(研究課題番号:17Kxxxxx)
2015 - 分担
科研費 基盤研究(C), JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
急性期看護教育に関するモチベーション強化のためのeラーニングシステムの構築と評価(研究課題番号:15K11580)

Past

2014 - 2016 分担
科研費 基盤研究(C), JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
炎症性皮膚疾患における新しい角層バリア機構の解明とその制御(研究課題番号:26461688)
2012 - 2015 代表
科研費 基盤研究(C), JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
リピドミクスによる新規白血病バイオマーカーの探索と臨床応用(研究課題番号:24590663)
2012 - 2015 分担
科研費 基盤研究(B), JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
医薬品適正使用支援システムの開発と高度医療専門職人材育成への応用 (研究課題番号:24390126)
2012 - 2014 連携
科研費 挑戦的萌芽研究, JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
調剤業務に伴う薬物曝露に起因する健康障害とその対策に関する研究 (研究課題番号:24659319)
2010 - 2013 分担
科研費 基盤研究(C), JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
マイクロドーズ手法のTDMのへの応用 (研究課題番号 22590137)
2009 - 2011 連携
科研費 基盤研究(C), JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
スフィンゴ脂質代謝による抗癌剤耐性の制御機構解明 (研究課題番号 21590061)
2009 - 2011 代表
科研費 基盤研究(C), JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
リピドミクスによる新規アトピー性皮膚炎バイオマーカーの探索と検証 (課題番号 21590599)
2007 - 2008 代表
科研費 若手研究スタートアップ
スフィンゴ脂質代謝に着目した抗がん剤の神経障害メカニズムの解明 (課題番号 19890181)
2006 - 代表
科研費 奨励研究, JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
ヒト肝サイトソルにおける抗てんかん薬ゾニサミドの代謝 (課題番号 18923042)
2004 - 代表
科研費 奨励研究, JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
LC/MSを用いたベンゾジアゼピン系薬物の高速同時定量系の開発 (研究課題番号:16922088)
2003 - 代表
科研費 奨励研究, JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research
LC/MSを用いたベンゾジアゼビン系薬物の高速同時定量系の開発代表 (研究課題番号:15922121)

その他研究費

2015 分担 (阿部純子)
平成27年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」
掌蹠角化症における角層バリア機能異常の解明
2015 分担 (中村光浩)
平成27年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」
掌蹠角化症における角層バリア機能異常の解明
2012 代表
財団法人一般用医薬品セルフメディケーション振興財団 研究助成金
登録販売者に求められる社会的ニーズについての調査研究
2009 代表
財団法人一般用医薬品セルフメディケーション振興財団 研究助成金
登録販売者の職能向上のための調査研究
2008 代表
科学技術振興機構シーズ発掘試験, JST-projected to develop “innovative seeds”
脂質メタボロミクスによるがん化学療法バイオマーカーの探索と検証

About

Better health through better drug information.

  • April 2006

    Our Beginnings

  • June 2007

    Gifu

    Lipidomics

  • September 2007

    Gifu

    岐阜大学病院 屋上 ヘリポート

  • December 2007

    Gifu

    某所 居酒屋

  • December 2007

    Gifu

    建設中 岐阜薬科大学 本部

  • January 2008

    Tokyo

    OSPF

  • August 2008

    Gifu

    岐阜薬科大学附属薬局 玄関前

  • August 2008

    Gifu

    居酒屋 某所

  • January 2009

    Gifu

    岐阜薬科大学 本部 建設中

  • March 2009

    Kyoto

    日本薬学会第129年会

  • March 2009

    Kyoto

    日本薬学会第129年会

  • April 2009

    Gifu

    大講座 スターティングコンパ

  • June 2009

    Niigata

    第26回日本TDM学会・学術大会

  • June 2009

    Niigata

    第26回日本TDM学会・学術大会

  • September 2010

    Bilbao, Spain

    51st International Conference on the Bioscience of Lipids

  • September 2010

    Bilbao, Spain

    51st International Conference on the Bioscience of Lipids

  • September 2010

    Bilbao, Spain

    51st International Conference on the Bioscience of Lipids

  • September 2010

    Bilbao, Spain

    51st International Conference on the Bioscience of Lipids

  • September 2010

    Bilbao, Spain

    51st International Conference on the Bioscience of Lipids

  • September 2010

    Bilbao, Spain

    51st International Conference on the Bioscience of Lipids

  • September 2010

    Bilbao, Spain

    51st International Conference on the Bioscience of Lipids

  • September 2010

    Bilbao, Spain

    51st International Conference on the Bioscience of Lipids

  • September 2010

    Bilbao, Spain

    51st International Conference on the Bioscience of Lipids

  • September 2010

    Bilbao, Spain

    51st International Conference on the Bioscience of Lipids

  • September 2010

    Bilbao, Spain

    51st International Conference on the Bioscience of Lipids

  • August 2011

    Ise

    研究室旅行

  • August 2011

    Ise

    研究室旅行

  • October 2011

    Kobe

    第21回日本医療薬学会年会

  • October 2011

    Nagoya

    日本糖尿病学会第84回中部地方会

  • January 2012

    Gifu

    岐阜薬科大学, Dr. Acosta

  • March 2012

    Sapporo

    日本薬学会第132年会

  • March 2012

    Sapporo

    日本薬学会第132年会

  • March 2012

    Sapporo

    日本薬学会第132年会

  • April 2012

    Gifu

    Welcome Party 2012

  • June 2012

    Gifu

    平凡な日常

  • September 2012

    Banff, Alberta

    53rd International Conference on the Bioscince of Lipids

  • September 2012

    Banff, Alberta

    53rd International Conference on the Bioscince of Lipids

  • September 2012

    Banff, Alberta

    53rd International Conference on the Bioscince of Lipids

  • October 2012

    Nagoya

    第86回日本糖尿病学会中部地方会

  • November 2012

    Kyoto

    4th Scienticfic Meeting of the Asian Association of the Study of Diabetes

  • December 2012

    Nagoya

    第45回東海薬剤師学術大会

  • March 2013

    Gifu

    西田先生退官記念パーティー

  • March 2013

    Yokohama

    日本薬学会第133年会

  • April 2013

    Gifu

    Welcome Party 2013

  • August 2013

    Kanazawa

    医療薬学フォーラム2013/第21回クリニカルファーマシーシンポジウム

  • Augsut 2013

    Nagoya

    第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会

  • Augsut 2013

    Nagoya

    第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会

  • Augsut 2013

    Nagoya

    第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会

  • September 2013

    Tokyo

    第3回レギュラトリーサイエンス学会学術大会

  • September 2013

    Sendai

    日本医療薬学会第23回年会

  • October 2013

    Montauk, NY

    7th International Ceramide Conferences

  • October 2013

    Montauk, NY

    7th International Ceramide Conferences

  • October 2013

    Montauk, NY

    7th International Ceramide Conferences

  • October 2013

    Montauk, NY

    7th International Ceramide Conferences

  • October 2013

    Montauk, NY

    7th International Ceramide Conferences

  • October 2013

    Montauk, NY

    7th International Ceramide Conferences

  • December 2013

    Mountain View, CA

    SanBio, Inc.

  • December 2013

    Mountain View, CA

    SanBio, Inc.

  • December 2013

    Mountain View, CA

    SanBio, Inc.

  • February 2014

    Gifu

    普通の日常

  • March 2014

    Gifu

    Farewell party 2014

  • March 2014

    Gifu

    Farewell party 2014, WINO WAY?

  • March 2014

    Birmingham, AL

    Samford University

  • March 2014

    Birmingham, AL

    Samford University

  • March 2014

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • March 2014

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • March 2014

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • March 2014

    Kumamoto

    日本薬学会第134年会

  • April 2014

    Gifu

    Welcome Party 2014

  • June 2014

    Gifu

    ただの日常

  • September 2014

    Tokyo

    第4回レギュラトリーサイエンス学会学術大会

  • September 2014

    Nagoya

    日本医療薬学会第24回年会

  • October 2014

    Nagoya

    第88回日本糖尿病学会中部地方会

  • October 2014

    Nagoya

    第88回日本糖尿病学会中部地方会

  • March 2015

    Kobe

    日本薬学会第135年会

  • April 2015

    Gifu

    Welcome Party 2015

  • May 2015

    Gifu

    個別化医療研究会 : 主催 CBI学会、後援 日本薬学会東海支部、(一社) 岐阜県薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会

  • May 2015

    Gifu

    個別化医療研究会 : 主催 CBI学会、後援 日本薬学会東海支部、(一社) 岐阜県薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会

  • May 2015

    Gifu

    個別化医療研究会 : 主催 CBI学会、後援 日本薬学会東海支部、(一社) 岐阜県薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会

  • June 2015

    Gifu

    どうということのない日常

  • July 2015

    Nagoya

    第23回クリニカルファーマシーシンポジウム 医療薬学フォーラム

  • July 2015

    Gifu

    The 42th Biological MASS Spectrometry Conference

  • August 2015

    Hamamatsu

    研究室旅行

  • September 2015

    Gifu

    日本生薬学会第62回年会

  • September 2015

    Gifu

    日本生薬学会第62回年会

  • September 2015

    Funabashi

    第1回 次世代を担う若手のためのレギュラトリーサイエンスフォーラム

  • September 2015

    Funabashi

    第1回 次世代を担う若手のためのレギュラトリーサイエンスフォーラム

  • October 2015

    Tokyo

    CBI学会2015年大会: フォーカストセッション「個別化医療と医療情報」

  • October 2015

    Tokyo

    CBI学会2015年大会: フォーカストセッション「個別化医療と医療情報」

  • November 2015

    Nagoya

    日本病院薬剤師会東海ブロック 日本薬学会東海支部 合同学術大会2015

  • November 2015

    Nagoya

    日本病院薬剤師会東海ブロック 日本薬学会東海支部 合同学術大会2015

  • November 2015

    Yokohama

    日本医療薬学会第25回年会

  • November 2015

    Yokohama

    日本医療薬学会第25回年会

  • November 2015

    Yokohama

    日本医療薬学会第25回年会

  • November 2015

    Mie

    第48回東海薬剤師学術大会

  • November 2015

    Mie

    第48回東海薬剤師学術大会

  • February 2016

    Gifu

    平成27年度キャリアパス支援のためのロールモデル講演会

  • March 2016

    Gifu

    平成27年度 卒業式

  • March 2016

    Gifu

    エンディングコンパ

  • March 2016

    Yokohama

    日本薬学会第136回年会

  • March 2016

    Yokohama

    日本薬学会第136回年会

  • April 2016

    Gifu

    研究室配属

  • May 2016

    Gifu

    鵜飼観覧

  • June 2016

    Gifu

    とりとめのない日常

  • August 2016

    Kyoto

    研究室旅行

  • August 2016

    Kyoto

    研究室旅行

  • August 2016

    Kyoto

    研究室旅行

  • August 2016

    Hikone

    研究室旅行

  • August 2016

    Hikone

    研究室旅行

  • August 2016

    Hikone

    研究室旅行

  • September 2016

    Gifu

    NPO J-DO 医薬品と安全に上手に付き合うための教育のための事業/出前実験講座

  • September 2016

    Gifu

    NPO J-DO 医薬品と安全に上手に付き合うための教育のための事業/出前実験講座

  • September 2016

    Kyoto

    日本医療薬学会第26回年会

  • September 2016

    Kyoto

    日本医療薬学会第26回年会

  • September 2016

    Kyoto

    日本医療薬学会第26回年会

  • September 2016

    Kyoto

    日本医療薬学会第26回年会

  • September 2016

    Kyoto

    日本医療薬学会第26回年会

  • September 2016

    Kyoto

    日本医療薬学会第26回年会

  • September 2016

    Kyoto

    日本医療薬学会第26回年会

  • September 2016

    Kyoto

    日本医療薬学会第26回年会

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • September 2016

    Gainesville, FL

    University of Florida

  • October 2016

    Tokyo

    CBI学会2016年大会: フォーカストセッション

  • October 2016

    Tokyo

    CBI学会2016年大会: フォーカストセッション

  • October 2016

    Gifu

    日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2016

  • November 2016

    Gifu

    平成28年度 薬局製剤研修会

  • November 2016

    Gifu

    平成28年度 薬局製剤研修会

  • November 2016

    Gifu

    CBI学会 第4回個別化医療研究会

  • November 2016

    Gifu

    第49回 東海薬剤師学術大会

  • November 2016

    Gifu

    第49回 東海薬剤師学術大会

  • December 2016

    Gifu

    岐阜県薬剤師会 医薬品情報委員会

  • December 2016

    Gifu

    岐阜県薬剤師会 医薬品情報委員会

  • February 2017

    Gifu

    第8回育薬・創薬研究センター教育フォーラム

  • March 2017

    Gifu

    学位授与式

  • March 2017

    Gifu

    学位授与式

  • March 2017

    Sendai

    日本薬学会第137年会

  • March 2017

    Sendai

    日本薬学会第137年会

  • March 2017

    Sendai

    日本薬学会第137年会

  • March 2017

    Sendai

    日本薬学会第137年会

  • April 2017

    Gifu

    研究室配属

  • April 2017

    Uji

    京都薬科大学附属薬用植物園

  • April 2017

    Uji

    京都薬科大学附属薬用植物園

  • April 2017

    Uji

    京都薬科大学附属薬用植物園

  • April 2017

    Uji

    京都薬科大学附属薬用植物園

  • April 2017

    Uji

    京都薬科大学附属薬用植物園

  • April 2017

    Uji

    京都薬科大学附属薬用植物園

  • April 2017

    Uji

    京都薬科大学附属薬用植物園

  • April 2017

    Uji

    京都薬科大学附属薬用植物園

  • April 2017

    Uji

    京都 宇治あたり

  • April 2017

    Uji

    京都 宇治あたり

  • April 2017

    Uji

    京都 宇治あたり

  • April 2017

    Uji

    京都 宇治あたり

  • April 2017

    Uji

    京都 宇治あたり

  • April 2017

    Uji

    京都 宇治あたり

  • April 2017

    Uji

    京都 宇治あたり

  • May 2017

    Nagoya

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会

  • May 2017

    Nagoya

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会

  • May 2017

    Nagoya

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会

  • May 2017

    Kyoto

    岐阜県薬剤師会 薬草観察会

  • Be Part
    Of Our
    Story!

Team

Better health through better drug information.

Mitsuhiro NAKAMURA

Professor

昭和62年 岐阜薬科大学大学院修士課程修了。昭和62年(株)大塚製薬工場(新薬研究所[代謝分析研究室]、開発部)。平成5年より岐阜大学医学部附属病院薬剤部(製剤主任、薬品試験主任)。平成18年より岐阜薬科大学医薬品情報学研究室において、臨床ビッグデータ解析、生体マトリックス中薬物濃度の高感度分析法、メタボロミクスによるバイオマーカーの探索(癌、皮膚バリア機能を対象)をテーマとした研究を行なっている。岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科非常勤講師。岐阜県大学薬剤師協議会会長。

AJ

D4, Adult graduate student

HK

Ph.D, associate

OT

Ph.D, associate

SS

S6

HH

S6

MU

S6


NM

S5

HS

S5

FA

S5


NS

S4


Alumini in the workplace

2012

OM

UH

2013

SH

KT

2014

NY

UT

Ph.D

2015

UR

ST

2016

UN

KY

NY

2017

HY

MT

SY

Ph.D

Carrier Path, 就職先

Anjo Kosei Hospital, Ehime University Hospital, Gifu Prefectural Tajimi Hospital, Heisei Pharmacy, Kyoto City Hospital, Nagoya Tokushukai General Hospital, Nagoya University Hospital, Nara Medical University Hospital, Wakayama Red Cross Hospital
安城更生病院、愛媛大学医学部附属病院、岐阜県立多治見病院、平成調剤薬局、京都市民病院、名古屋徳洲会総合病院、名古屋大学医学部附属病院、奈良県立医科大学附属病院、日本赤十字社和歌山医療センター

Nippon Shinyaku Co., Ltd., Torii Pharmaceutical Co., Ltd.
日本新薬(株)、鳥居薬品(株)

Government Official (second grade), Local Government Official (Gifu), Pharmaceuticals and Medical Devices Agency, Tohoku University Hospital (Clinical Research, Innovation and Education center)
国家公務員 (II種)、地方公務員 (岐阜県)、(独)医薬品医療機器総合機構、東北大学病院臨床研究推進センター

Contact

Better health through better drug information.

Laboratory of Drug Informatics

Gifu Pharmaceutical University

1-25-4 Daigaku-nishi, Gifu 501-1196, Japan

+81-58-230-8100

+81-58-230-8105

e-mail: mnakamura@gifu-pu.ac.jp

http://www.gifu-pu.ac.jp/

医薬品情報学研究室

岐阜薬科大学

501-1196 岐阜県岐阜市大学西1-25-4

Tel: 058-230-8100

Fax: 058-230-8105

e-mail: mnakamura@gifu-pu.ac.jp

http://www.gifu-pu.ac.jp/