岐阜薬科大学 創薬科学大講座 合成薬品製造学研究室

合成薬品製造学教室は、新制岐阜薬科大学が誕生してまもなく開設され60年近くが経ちました。合成薬品製造学教室は発足以来,医薬品合成の基礎的および応用研究を大きな柱にすえており,初代鍛冶健司教授の窒素環化合物の合成研究,二代目正木幸雄教授による入手容易なキラルプールを用いる生物活性天然物の合成反応、そして2007年4月より三代目伊藤彰近教授によりグリーンケミストリーを指向した有機合成反応の開発へと引き継がれております。

One thought on “

Comments are closed.