支援・サービス一覧

支援・サービス一覧

連携型共同研究助成制度

◎「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」平成29年度 連携型共同研究の募集について
 平成27年度に採択された科学技術人材育成費補事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」の事業計画の一環として、この事業は、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」の連携機関および岐阜県内の女性研究者の研究力向上を図り、研究者同士の交流・地域への定着、さらには上位職登用につながるような「地域循環型研究者育成」をめざして実施するものです。 優秀と認められた共同研究に対し、1件あたり100万円程度助成します。  
 
  <応募締切> 平成29年3月21日(火) ※採択の結果は4月以降に通知します。
■応募方法その他詳細に関してはダイバーシティ推進室にお問い合わせください。
またご応募の前に必ず募集要項をよくお読みください。   

・募集要項 PDF版   ・申請書 Word版 PDF版

研究補助員配置制度

◎「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」平成29年度後期 研究補助員配置制度利用希望者の募集について
 平成27年度に採択された科学技術人材育成費補事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」の事業計画の一環として、育児や介護等により研究時間の確保が困難な女性研究者または配偶者が研究者である男性研究者を対象に、研究データ解析、学会発表資料作成、実験補助、文献調査、統計処理等の研究補助業務を行う研究補助員を配置し、研究とライフイベントとの両立を支援する目的で行います。 また、次世代育成のために、研究支援者と被支援者双方のキャリア形成、キャリア復帰等のチャレンジ支援・再チャレンジ支援に寄与することも目的としています。希望者は要項を熟読のうえ、申請してください。

    <応募締切> 平成29年9月8日(金) ※採択の結果は個別に通知します。   

・募集要項 PDF版   ・申請書 Word版 PDF版

メンター制度

女性研究者および研究者を目指す女子学生が生活上、学業上、進路選択上の悩みを抱えた際に、 様々な経験を乗り越えてきた先輩研究者(メンター)に相談できる環境を提供することで、女性研究者の育成、キャリア形成を支援する制度です。
本学のメンター制度では、研究者としてのキャリア形成を中心とし、ワークライフバランス(仕事、家庭生活、地域生活、自己啓発など)全般に関する問題について、メンター(先輩研究者)を紹介し、問題解決をサポートします。
<案内ポスター>

【メンター】 H28年12月現在 (五十音順)
足立 哲夫 副学長
伊野 陽子 ダイバーシティ推進支援教員 講師
井上 直樹 教授
杉浦 春雄 教授
武富 利亜 教授
寺町 ひとみ ダイバーシティ推進室員 教授
永澤 秀子 ダイバーシティ推進室員 教授
原 英彰 ダイバーシティ推進室長、副学長

【利用対象者】 本学の教職員・学生(女性研究者だけでなく、男性教員、大学院生、留学生からの相談も受け付けています)

【利用方法】 ダイバーシティ推進室に連絡。→相談内容、希望メンター名などを伝える。→メンターの選定、紹介、日程調整。→ メンターとの面談。

個別面談、グループ面談も受け付けます。
体調不良や、セクハラ・アカハラ相談等の事例については学内外の適切な相談窓口を紹介します。

【申込み・お問い合わせ】
ダイバーシティ推進室 
Tel:058-237-3931(内線344) Fax:058-237-5979
E-mail:diversity@gifu-pu.ac.jp

英文校閲費用助成

   

◎平成27年度に採択された「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」事業の一環として、女性研究者の研究力向上を目的に、学術雑誌への論文投稿に必要な英文校閲費を助成するものです。
平成29年度も助成を実施します。希望者は要項を熟読のうえ、申請してください。

・募集要項 PDF版   ・申請書 Word版 PDF版



ページトップへ
戻る