学会発表

【2018】

280.戸田有美,野口義紘,勝野隼人,松山卓矢,大坪愛実,上野杏莉,江﨑宏樹,舘知也,寺町ひとみ,日本の有害事象報告データベースを用いたインクレチン関連薬による胃食道逆流症に関する解析,日本薬学会第138年会(金沢)325-28日, 2018.

281.松山卓矢,舘知也,伊野陽子,野口義紘,寺町ひとみ,多職種連携医療実習による薬学生の社会的スキルに対する効果,日本薬学会第138年会(金沢)3 25-28日,2018

282.伊野陽子,舘知也,松山卓矢,野口義紘,寺町ひとみ,多職種連携医療実習による薬学生の多職種連携に関する重要性への意識および学生の到達目標に対する効果,日本薬学会第138年会(金沢)3 25-28日,2018.

283.田口真穂,重山昌人,田村大喜,森和也,村田実希郎,埴岡伸光,山本浩充,寺町ひとみ,処方改良Mohsペーストの放出性及び保存安定性評価,日本薬学会第138年会(金沢)3 25-28日,2018.

284.舘知也,吉田阿希,兼松勇汰,杉田郁人,野口義紘,大澤友裕,安田昌宏,水井貴詞,後藤千寿,寺町ひとみ,がん患者における健康食品およびサプリメントの使用に影響を及ぼす要因の解明, 医療薬学フォーラム2018・第26回クリニカルファーマシーシンポジウム(東京),6月23-24日,2018.

285.野口義紘,杉田郁人,兼松勇汰,吉田阿希,上野杏莉,大坪愛実,勝野隼人,江﨑宏樹,舘知也,寺町ひとみ,経口非ステロイド抗炎症薬の既知の有害事象である消化器障害の安全性シグナル指標を用いたリスク評価について医療薬学フォーラム2018・第26回クリニカルファーマシーシンポジウム(東京),6月23-24日,2018.

286.大坪愛実,舘知也,勝野隼人,上野杏莉,野口義紘,樋島学,青山智,安田昌宏,水井貴詞,後藤千寿,寺町ひとみ,Functional Independence Measure (FIM) に影響を及ぼす薬学的要因に関する研究,第64回日本薬学会東海支部大会(名古屋),6月30日,2018.

287.上野杏莉,野口義紘,勝野隼人,大坪愛実,舘知也,寺町ひとみ, 高齢者における非ベンゾジアゼピン系睡眠薬による有害事象の薬剤疫学的検討,第64回日本薬学会東海支部大会(名古屋),6月30日,2018.

288.勝野隼人,舘知也,青山智,大澤友裕,松山卓矢,古山愛紗,杉岡まゆ子,村山あずさ,大坪愛実,上野杏莉,野口義紘,安田昌宏,水井貴詞,後藤千寿,寺町ひとみ, ポリファーマシーが薬剤有害事象発現に及ぼす影響に関する研究,第64回日本薬学会東海支部大会(名古屋),6月30日,2018.

289.松山卓矢,野口義紘,上野杏莉,大坪愛実,勝野隼人,戸田有美,舘知也,土屋照雄,寺町ひとみ, ベンゾジアゼピン受容体に作用する睡眠薬が眼に与える影響:日本の有害事象自発報告データベースを用いた解析,第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会(鈴鹿),6月30日-7月1日,2018.

290.Chihiro Sakai, Kazuhiro Iguchi, Tomoya Tachi, Yoshihiro Noguchi, Shingo Katsuno, Hitomi Teramachi, Questionnaire Survey of High School Students' Knowledge, Behavior and Attitudes about Medicines in Japan, 15th Asia-Pacific Pharma Congress, (Melbourne, Australia),July 18-20,2018.

291.田中和秀,寺町ひとみ,堀晃代,舘知也,大澤友裕,長屋雄大,牧野哲平,井上誠二,安田昌宏,水井貴詞,中田琢巳,後藤千寿,がん化学療法患者の外来診療における薬剤師カウンセリングの吐き気・嘔吐への影響,第12回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム(札幌),9月15-16日,2018.

292.井口和弘,野口義紘,舘知也,伊野陽子,山下修司,堺千紘,玉木啓文,寺町ひとみ,岐阜薬科大学附属薬局における改訂モデル・コアカリキュラムに基づく実習トライアルの実施と実習スケジュールの標準モデルの作成,第51回日本薬剤師会学術大会(金沢),9月23-24日,2018.

293.森美穂,島内あかり,矢島聖子,西尾裕斗,堺千紘,玉木啓文,伊野陽子,寺町ひとみ,中村光浩,井口和弘,機能性表示食品の外箱表記に関する調査,日本社会薬学会第37年会(船橋),10月7-8日,2018.

294.西尾裕斗,矢島聖子,島内あかり,森美穂,堺千紘,玉木啓文,伊野陽子,寺町ひとみ,中村光浩,井口和弘,公的統計データを用いた薬局薬剤師数の経年変化に関する調査,日本社会薬学会第37年会(船橋),10月7-8日,2018.

295.矢島聖子,西尾裕斗,島内あかり,森美穂,堺千紘,玉木啓文,伊野陽子,寺町ひとみ,中村光浩,井口和弘,公的統計データを用いた薬局の薬剤師数分布に関する現状調査,日本社会薬学会第37年会(船橋),10月7-8日,2018.

296.田中和秀,寺町ひとみ,堀晃代,舘知也,大澤友裕,長屋雄大,牧野哲平,井上誠二,安田昌宏,水井貴詞,中田琢巳,後藤千寿.がん化学療法の副作用に関連した生活の質に対する薬剤師のカウセリングの効果,第 56 回日本癌治療学会学術集会(横浜),10月18-20日,2018.

297.山下修司,井口和弘,野口義紘,堺千紘,玉木啓文,伊野陽子,林秀樹,寺町ひとみ,酒向孫市,杉山正,照明の違いによるパーロデル錠の色調変化~ブロモクリプチンの光分解~,第28回日本医療薬学会年会(神戸),11月23-25日,2018.

298.松山卓矢,舘知也,青山智,大澤友裕,勝野隼人,古山愛紗,杉岡まゆ子,村山あずさ,大坪愛実,上野杏莉,野口義紘,安田昌宏,水井貴詞,後藤千寿,寺町ひとみ,医薬品の副作用が原因で救急外来を受診した患者における副作用の種類および重篤度の評価,第28回日本医療薬学会年会(神戸),11月23-25日,2018.

299.戸田有美,野口義紘,勝野隼人,江﨑宏樹,松山卓矢,上野杏莉,大坪愛実,古山愛紗,杉岡まゆ子,村山あずさ,舘知也,寺町ひとみ,Dipeptidyl Peptidase-4阻害薬と自己免疫疾患の関連性について,第28回日本医療薬学会年会(神戸),11月23-25日,2018.

300.野口義紘,大坪愛実,古山愛紗,上野杏莉,松山卓矢,戸田有美,勝野隼人,杉岡まゆ子,村山あずさ,舘知也,土屋照雄,寺町ひとみ,非ベンゾジアゼピン系睡眠薬およびベンゾジアゼピン系睡眠薬の有害事象発現傾向の比較,第28回日本医療薬学会年会(神戸),11月23-25日,2018.

301.島内あかり,舘知也,伊野陽子,野口義紘,堺千紘,加納亜紀,寺町ひとみ,薬局における医療施設・介護施設等との連携の実施要因の解析,第28回日本医療薬学会年会(神戸),11月23-25日,2018.

302.伊野陽子,舘知也,島内あかり,野口義紘,堺千紘,加納亜紀,寺町ひとみ,薬局における医療施設・介護施設等との連携に関する調査,第28回日本医療薬学会年会(神戸),11月23-25日,2018.

303.野口義紘,井口和弘,舘知也,伊野陽子,山下修司,玉木啓文,寺町ひとみ,岐阜薬科大学附属薬局における改訂モデル・コアカリキュラムに対応した実習トライアル実施報告と実習スケジュールの標準モデルの作成について,第51回東海薬剤師学術大会(静岡),12月2日,2018.